FC2ブログ

=【ご挨拶】= カテゴリの記事一覧:

| |

緊急事態宣言と6年振りの東京生活
2020 / 04 / 08 ( Wed )

夫の帰任に伴い、6年暮らした台北から3月末に本帰国致しました。
20200402ららぽーと

コロナの影響で搭乗予定のフライトが急遽変更になったりとバタバタしましたが、
心配して下さった台湾の皆様、色々と情報をくれた日本の皆様、
本当にありがとうございました。

桜の時期にもぎりぎり間に合い、
20200406桜2

買い出しの合間に春を感じる今日この頃。
20200406桜1

このお方も元気にしております。
20200407ペコ田1

飛行機に乗るのは2回目。6年振りにクレートに収まり、
20200330ペコ田1

空港スタッフの皆様に凝視されながらベルトコンベアーを
スーッと移動していくペコ田さん。
20200330ペコ田2

無事に帰国できて良かったですね。
20200405ペコ田2

さて、人間も犬も平穏に帰国できたのは何よりですが、
ここのところの新型コロナ問題。

自宅マンションの共用施設はロビーのソファーに至るまで使用禁止。
20200406ソファも使用禁止2

日本は台湾のようにマスク供給を管理していないので、
サージカルマスクはまず買えません。
20200406マスク売り切れ

台湾で特製お茶成分入りサージカルマスク(!)をくれたお茶屋さん、
手作りマスクカバーを作ってくれた某奥様、大切に使っております。
どうもありがとうございました。

この新型コロナウイルスという世界的な危機に、
総理大臣・安倍晋三、
20200407緊急事態宣言1

都知事・小池百合子、という最悪の布陣で挑む我が国は
今後どうなってしまうのでしょうか。不安しかないわ。
20200407緊急事態宣言3

昨日やっと緊急事態宣言が出されましたが、
海外メディアからは袋叩き。当たり前ですね。

2014年に台湾に引越した時、これでしばらく安倍晋三の顔を
見なくて済むわ、と思ったら、同年の閣議決定による憲法九条解釈変更、
2015年の安保法強行採決、モリカケ問題等々を経てなぜか現在も続く安倍政権。
水際対策もダイヤモンドプリンセスの件も大失敗でしたが、
どなたが責任を取ったのかしら。
(ということを、昨日の会見で最後に出たイタリア人記者の質問で思い出しました)
本当に現場の医療従事者の方々がお気の毒でならないし、頭の下がる思いです。

宇都宮先生が都知事だったらどんなに良かったか、と想像しますが、
小池百合子はやっぱり総理大臣になりたいのね、と会見を見てつくづく思う。
というか、会見はそれなりにお上手ですが、囲み取材やテレビ出演では
他人事感が溢れ出ていて、見ていて不快にならざるを得ない。
これで再選確実なのですよね?安倍晋三よりはマシなのでしょうが。。。
日本人は従順ですね。

ところで、「自分は感染者かもしれないという意識を」と政府は言いますが、
そのような認識で、かつ、何らかの症状があれば検査を受けておこうとなるのが
人の常かと思います。
20200407緊急事態宣言2

ここ3日ほど夫(リモートワーク)が37度台前半の発熱があり、
会社に伝えたところ「早めにコロナの検査を受けるように」とのこと。
住んでいる区のサイトを見て以下3ヵ所に電話で問い合わせてみました。
勿論、渡航歴がある旨お伝えしています。

・区の保健所→風邪として一般のクリニックを受診して下さい
・都の相談窓口→コロナ関連の医療機関紹介は行っていません
 (区のサイトで”コロナ相談窓口”と記載してあったからお電話したのですが)
・厚労省の相談窓口→お住まいの区の保健所に相談して下さい

埒が明かないので最寄りの大学病院に問い合わせしたところ、
以下のような説明を受けました。

・コロナ検査は実施しているが紹介状が必要
・(Q:一般論で結構なので、どのような症状で紹介状を持って受診する方が多い?)
 →レントゲンで肺炎の所見が認められるケースがほとんど
・紹介状を持って来られても保健所がOKしないとコロナ検査は受けられない

要するに、
一般のクリニックを受診→レントゲンで肺炎の所見→紹介状を書いてもらう→
大規模病院を受診→医師が保健所に検査の許可?をもらう→検査
という流れのようなのですが、これって1ヵ月前と何も変わっていないですよね。

中国のデータは信用できないとよく言われますが、日本も同じく。
今でもここまで検査数を抑えているとは驚きでした(これ、4月7日の話です)。
肺炎になるまで検査が受けられないって、感染者が増え続けるのも当然ですよね。
とにかく自分なりに気を付けて過ごすしかない、2020年春。

他にも言いたいことは山ほどあるけれど、帰国して思うことは、
日本政府がこれほどへっぽこだとは思わなかった、の一言に尽きます。
へっぽこというワーディングを使ったのは何十年振りだろうかと思いますが、
へっぽこ以外にしっくりくる表現が思い当たりません。だってへっぽこなんだもの。

へっぽこといえばペコ田も相当なへっぽこ犬ですが、飼い主もへっぽこで
うっかり犬とほぼ同色のラグを選んでしまいました。
20200407ペコ田5

保護色のようになっていますが、ペコ田を踏んづけることのないよう
こちらも気を引き締めて行こうと思います。

さて、本帰国のご挨拶のつもりがコロナの話が長くなってしまいました。
帰国間際に撮りためた写真がありますので、こちらのブログはもう少しだけ続ける予定です。
読んで下さっている方がいらっしゃるとすれば、もうしばらくお付き合い下さいませ。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【ご挨拶】 | コメント(2) | page top
ペコ田と申します。
2013 / 01 / 14 ( Mon )

初めまして。
我が家のミニチュア・シュナウザー、ペコ田です。
アイキャッチ

本名はペコですが、いつの頃からか
名字風にペコ田と呼ぶようになりました。
白いげじげじ眉毛が特徴です。

夫もげじげじ眉毛(黒)という、高げじ率な我が家の日常を
備忘録的に綴っていきます。

お台場にて、げじげじコンビ。
20121013お台場へお出掛け10



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【ご挨拶】 | page top
| ホーム |