最近美味しい、赤いフルーツ
2017 / 07 / 19 ( Wed )

いよいよ、夏本番の台北。
毎日暑くてたまりませんが、フルーツの美味しい季節です。

今年は豊作らしい、マンゴー。
日曜日の午後に冰讃に行ったら大行列でびっくり!
20170716冰讃

暑い中20分ほど並びましたが、やっぱり安定の美味しさでした。
ちなみに、近所のスーパーで100円ほどで買うマンゴーも
とっても甘いです。

さて、マンゴー以外でよく食べているフルーツも色々。
なぜか全て赤いフルーツです。

こちらは輸入物ですが、アメリカンチェリー。
台湾では年に二回、アメリカ産やチリ産が出回ります。
20170702アメリカンチェリー

こちらはドラゴンフルーツ。サボテン科です。
20170627ドラゴンフルーツ1

白肉と紅肉がありますが、甘いのでいつも紅をチョイス。
紅で美味しいものは結構糖度が高い気がします。
20170627ドラゴンフルーツ2

ある日の朝食にドラゴンフルーツ。
台湾らしい?
20161016ドラゴンフルーツ

続きまして、ライチ。

台湾の三大品種は玉荷包、黒葉、糯米だと思いますが、
こちらは「妃子笑」というライチです。甘~い薄味。
20170718妃子笑

こちらは「大丁香」という比較的新しい品種。
20170709大丁香1

玉荷包を更にゴツゴツさせたようなライチです。
20170709大丁香2

甘みも酸味もあるのですが、やっぱり薄味。香りも弱いです。
個人的には、やっぱり玉荷包が好みかな~。

ちなみに、大丁香は玉荷包と同じくらい実が大ぶりです。
大きさを愛ちゃん卓球ボールと比べていたら。。。
20170709大丁香5

後方にライチを熱く見つめるお犬様が一人。
20170709大丁香4

お犬様はそもそも薄味に慣れていますものね。
ほんの少し食べさせたら、大喜びのペコ田さんでした。

フルーツ盛り沢山な台湾の夏、犬にとっても良い季節ですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(2) | page top
台湾の開瓶費文化とおすすめワインショップ、Pairing Wine Cellar(沛盈酒窖)
2017 / 07 / 03 ( Mon )

日本に比べて物価の安い台湾ですが、
例外は不動産(@台北)と輸入品。
不動産はご縁がないのでさておき、スーパーに行くと
ヨーロッパ産のチーズやハム類がお高いな~と思います。

ワインも例に漏れず、なのですが、台湾ではお酒を
持ち込めるレストランが多いのがちょっと嬉しいところ。
”開瓶費”という持ち込み料をお支払いするのですが、
ワインならホテルのレストランなどでも500元(約1,800円)程度。
カジュアルなお店ですと200元(約740円)とか、グラス一つに付き
100元(約370円)などといったところもあります。
 #高級お寿司屋さんなどでは開瓶費無料なお店も。

日本と違って気軽に持ち込めるので、我が家もよくワインを持って
テケテケお食事に行くのですが、最近お世話になっているのが
こちらのワインショップ、Pairing Wine Cellar(沛盈酒窖)。
20170625PairingWineCellar1.jpg

住宅街の一角にひっそりと入口があります。
20170625PairingWineCellar2.jpg

目立つ看板もありませんので、一見ショップではなくオフィスのよう。
が、ドアを開けてみると、
20170625PairingWineCellar3.jpg

はい、ワインがずらり~。
20170625PairingWineCellar4.jpg

心躍ります。
20170625PairingWineCellar9-3.jpg

窓が大きく取ってあり、素敵な雰囲気の店内。
20170625PairingWineCellar5.jpg

入口はひっそりしていますが、店内は広くワインがたくさん~。
20170625PairingWineCellar7.jpg

昨年オープンした、こちらのショップ。
やはりフランスのワインが多いそうですが、他にも
イタリア・アメリカ・ニュージ―ランドなどなど。
20170625PairingWineCellar9-2.jpg

なんと日本語を話せるスタッフさんがいまして、
好みと予算を伝えると美味しいワインをいくつか選んでくれます。
合わせるお料理などもふまえて親切に相談にのってくれるので、
とても助かります。非常感謝~。
(不在時は他のスタッフさんが英語で対応してくれます)
20170625PairingWineCellar9-4.jpg

こちらのようなスペースもありまして、
購入したワインを店内でも頂けるそうです。
PCを持ち込んでスタバ的に過ごす方もいるのだとか。
20170625PairingWineCellar6.jpg

先日伺った時はちょうどテイスティングイベントの日でして、
ニュージーランドの白とワシントンの赤を頂きました。
20170625PairingWineCellar9-6.jpg

バランスが良くて美味しかった白を追加で購入~。
よく冷やして、週末のお昼にでも頂こうと思います。
毎日猛暑なので、楽しみ。

という訳で、おすすめワインショップのご紹介でした。
以前はデパ地下や三井で買うことが多かったのですが、
最近はこちら一択です。

さて、先ほど台湾のお酒持ち込み文化について触れましたが、
もう一つ一般的なのが”打包(余ったお料理の持ち帰り)”です。

洋食から火鍋までほぼ何でも持ち帰れますが(液体はビニール袋!)、
イタリアンなどで打包してしまうと、うっかり翌日お昼から
一杯飲んでしまうのが悩みどころ。
20160806ブランチワイン

でも、これも台湾の住みやすさのポイント?

◆Pairing Wine Cellar(沛盈酒窖)
住所:台北市南京東路三段89巷27弄11號
電話番号:02-2516-2058
営業時間:12:30~21:30(不定休)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top
玉荷包ライチが美味!個人的には台湾のベストシーズンは6月
2017 / 06 / 10 ( Sat )

台湾に旅行するならどの季節が良い?と聞かれると、
いつも「6月」と答えます。

だって、玉荷包(ライチ)と愛文マンゴーを両方楽しめるのは6月だけ。
暑くて麻辣鍋食べられないじゃない、という懸念もあるでしょうが、
多くのレストランは寒いくらいエアコンが効いていますので没問題。
タクシー代も日本に比べると激安ですので、移動も苦になりません。
 #フルーツにご興味ない方、ごめんなさい

さて、今年もそんな6月がやって来ました。

意気揚々とフルーツ屋さんへ向かってみると、
P_20170606_194523.jpg

ありました~、玉荷包。ライチの最高級品種です。
と言っても、1斤(600g)で99元(約360円)。
P_20170606_194326.jpg

出始めなので小振りですが、愛文マンゴーも。
お値段は同じく、1斤(600g)で99元(約360円)なり。
P_20170606_194311.jpg

マンゴーは他にも色々な種類があります。
こちらはとっても甘いけれど食べにくい、土マンゴー。
P_20170606_194426.jpg

玉文マンゴーに、
P_20170606_194403.jpg

金煌マンゴー。
P_20170606_194413.jpg

紅龍マンゴーという品種は初めて見ました。
今度買ってみようっと。
P_20170606_194340.jpg

という訳で、この日は玉荷包と愛文マンゴーを購入~。

たいてい、玉荷包はこのように枝付きで売られています。
20170606フルーツ1

緑ですが既に食べ頃。
20170606フルーツ3

他の品種のライチ(糯米や黒葉)よりも実が大きくて種が小さく、
ジューシーで甘みが強いのが特徴です(要するに美味しい)。
20170606フルーツ5

こちらは愛文マンゴー。
まだ小振りですが、濃厚な甘い香りがたまりません。
20170606フルーツ2

今年もペコ田さん用をご用意させて頂きました(手前の小皿)。
20170606フルーツ7

この季節は良いですね。
朝食に美味しいフルーツをたっぷり食べられて幸せです。

幸せと言えば、今年も冰讃のマンゴー雪花冰が始まりました。

久し振りに、三五餃子でサクッと水餃子を頂いてから、
P_20170527_165817.jpg

テケテケ歩いて、冰讃へ~。
P_20170527_174144.jpg

昨年秋以来のマンゴー雪花冰!プリンも健在です。
P_20170527_172357.jpg

まだ6月なのでマンゴーの甘さはそれなりですが、
やっぱり今年も美味しいマンゴー雪花冰(練乳大好き)。
ちなみに、昨年に続き値上げされていまして、
今年は150元(約550円)なり。で、プリンをのせたら160元。

でも、美味しいから今年も通ってしまうと思います。
結局、こちらのマンゴー雪花冰がシンプルで一番好きなんですよね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top
COMPUTEX TAIPEI 2017 とハイエンド豆花
2017 / 06 / 08 ( Thu )

言わずと知れたアジア最大級のIT見本市、COMPUTEX TAIPEI。
今年は5月30日~6月3日の日程で開催されました。

興味本位ですが、行こう行こうと思いつつ早3年。
せっかく台北に住んでいるので一回くらい見てみようと、
テケテケ行って参りました。
20170530コンピューテックス6

受付で台北在住だと伝えたのですが、海外の名刺はないのかと聞かれ、
まさかの本業の名刺でエントリー(おかしいでしょ)。
こちらのパスで開催期間中はMRTを無料で利用できます。
20170530コンピューテックス0

開催初日の午後なのに受付がガラガラなのが気になりつつ、
展示フロアへ。

アジア最大級の、
20170530コンピューテックス1

IT見本市、
20170530コンピューテックス2

であったはずのCOMPUTEX。まさかの閑古鳥が鳴いている。
20170530コンピューテックス3

いつ頃からこのような状況なのでしょうか。

まるで、地方のシャッター商店街のよう。
しかも、パーツと周辺機器専門の。
20170530コンピューテックス4

これがCOMPUTEXなのかと訝しんでいたところ、
実はこちらはメイン会場ではなかったことが判明。
我々がいたのはワールドトレードセンター(世貿展覧館)で、
ビジネスソリューションやゲーム/VR/ARなどの出展は
南港展覧館というオチでした(ASUSやACERもこちら)。

という訳で、シャトルバスで南港へ移動~。

10分程度で到着しました。
20170530コンピューテックス5

やっぱり、南港の方が賑わっています(少しだけ)。
20170530コンピューテックス7

ASUSのブースで見た、虹彩認証のオールインワンPCに
ちょこっと惹かれました。
しかも、ASUSなのでプレミアムモデルでもリーズナブル。
20170530コンピューテックス8

ちなみに”Zenfone Live”というのは、
ライブストリーミング機能を強化したモデルだそうで、
こちらのカメラだとリアルタイム配信でも美肌エフェクトを
かけられたりするのだとか。
さすが、自撮りとSNSが浸透し過ぎている台湾ですね。

リリースされたばかりのZenBookはこちら。
このサイズで1kg超えてしまうのは低コストだから?
20170530コンピューテックス9

ちなみに、日本企業の出展はあまり多くなく、
大手ではNTTコム(クラウドサービス、IOTマネジメント)や
旭化成(ウエアラブルデバイス用のケーブル)くらい。
それと、沖縄県が県内IT企業の紹介(ニアショア開発)と
特区への企業誘致でブースを出していました。

と、ウロチョロしてちょっと疲れたので、帰りに豆花。
寧夏夜市の近くにある豆花荘にて。
20170530コンピューテックス後の豆花荘

紅豆豆花がエントリーモデルなら、
ピーナッツ&地瓜圓豆花はハイエンドだと思う。
ええ、単に好みですけどね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(6) | page top
第55回陸羽泡茶師検定考試(覚え書き)&世界奉茶日無我茶会
2017 / 05 / 21 ( Sun )

5月16~17日の日程で、第55回陸羽泡茶師検定考試が実施されました。

3月の説明会で示範をさせて頂いたのですが、
不思議なご縁で今年は受験生お二人をサポートすることに。
20170304陸羽泡茶師試験説明会示範1

昨年合格した新米ですので荷が重いようにも思いましたが、
この一ヶ月、連日陸羽に通ってひたすら練習の日々。
気が付いたら部活か体育会かといった練習量に。。。
20170511泡茶師練習@陸羽

そして迎えた考試当日。
20170517泡茶師検定1

練習すれば誰でも受かるといった試験ではないので
祈るような気持ちでギャラリー席から見つめていましたが、
無事にお二人とも実技試験に一発合格!
ああ~、本当に嬉しかったです。

お世話になった先生方、スタッフの皆様、同学の皆様、
本当にありがとうございました。
そして、私も昨年以上に学ぶことが多く、
より中国茶を理解できたように思います。
泣いて笑った一ヶ月、一緒に頑張ったお二人に感謝です。

で、以下は泡茶師受験関連の覚え書き。
自分用なので雑でごめんなさい。

【実技試験】
・最初に計画をしっかり立てることが何より重要。
 作業項目、所要時間、実施順序を書き出して、
 ゴールから逆算して練習時間に当てはめていく。
・茶葉の認識と茶壷の認識はまずは分けて考える。
 茶葉/茶壷(同時進行)→その後、ランダムに。
・大壷(内たん)→例外が数種類有り
・大壷(分茶)→少なめ秒数に設定し最後で調整
・大桶→大桶デーを作る(上げるタイミングの見極め)
・老師の三合一模試は参加必須。早い者勝ちなので要注意。
・お味見最終日を早めに確認
・碧螺春、鉄観音、プーアール→記載に注意

【筆記試験】
・基礎コース→泡茶コース→茶経→飲茶法→茶器→過去問
・過去問は新しいものから
・トレンド、キーワード

さて、話は変わりまして、
5月7日に行われた世界奉茶日無我茶会。
昨年の中秋夜晩無我茶会に引き続き、参加して来ました。
今回も参加者は100名ほど。場所は大安森林公園です。

一斉にお茶を淹れまして、
20170507無我茶会07

1,3煎目は左側の参加者に、2,4煎目は見学の方々に振舞います。
20170507無我茶会09

老師や同学とも再会できて、
お茶会自体はとても楽しかったのですが、
この日はうっかりお帽子を忘れてしまい。。。
20170507無我茶会10

台湾の強い西日の洗礼を受けた結果、
両頬をちょっと日焼してしまい”おてもやん”状態に。
恐るべし、台湾の直射日光!夕方だからといって侮れませんね。

次回は9月(かな?)の中秋無我茶会。
また、今年は10月に台湾で国際無我茶会が行われます。
今から楽しみにしているので、それまでに本帰国になりませんように。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top
陸羽泡茶師検定考試説明会で示範&老師のプーアール茶
2017 / 03 / 05 ( Sun )

昨年、受験した陸羽茶芸中心の泡茶師検定考試
陸羽からご連絡を頂き、今年受験する方向けの説明会で
お点前のデモンストレーションをさせて頂くことになり、
ここ2ヶ月ほど練習しておりました。

昨年に引き続き、とても尊敬する老師にみっちり?ご指導を
頂きまして、ありがたや~。
いつか老師のように優雅な女性になれるかしら。
20170304陸羽泡茶師試験説明会示範00-2

せっかくだからと、チャイナドレスも準備してしまいました。
写真では短く見えますが、私が着ると膝下丈です。
20170304陸羽泡茶師試験説明会示範0-2

そして、緊張したまま迎えた当日。
今年受験する皆様にがっつり見つめられながら、
お点前開始~。
(二の腕がプロレスラーみたい。痩せなくちゃ。)
20170304陸羽泡茶師試験説明会示範1

大きな失敗なく(小さいのはあった。。。)、無事に終えられまして
ホッとしました。
20170304陸羽泡茶師試験説明会示範4

こちらのデモは所要40分間程度なのですが、この間お作法を
間違えてはいけないと思うと、やっぱり緊張しますね。

ご指導下さった涂老師、練習の度にお手伝い下さり
また沢山のアドバイスをくれた陳さん、その他陸羽の
老師とスタッフの皆様方のおかげで無事に終えられました。
非常感謝でございます。

さて、話は変わりますが、
こちらは昨年老師に頂いてしまったプーアール茶。
2007年の七子餅茶です。
20170129老師のプーアール1

「時間が経つにつれて味わいは変わっていくので、
年に一度少しずつ飲んだら20年くらい楽しめるわよ」との
ことでしたので、毎年旧正月に頂くことに決定。
老師のおかげで年に一度のお楽しみができました。
20170129老師のプーアール2

という訳で、今年の旧正月に初めて頂いてみることに。
既に深い味わいで美味!今後が益々楽しみです。
20170129老師のプーアール3

ちなみに、上の写真の茶船は香港で掘り出して来たアンティーク。
20161101香港オールドチャイナ1

こういうゴチャゴチャした手描きのお皿を茶船にして、
20161101香港オールドチャイナ2

シンプルな茶壺に合わせたらかわいいかな~と。
20161101香港オールドチャイナ3

私、日本にいる時は趣味らしい趣味がなかったのですが、
こうして台湾で中国茶を楽しめて幸せだな~と感じています。
夫の転勤に付いて来るのも悪くないですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
台湾に焼酎ブーム到来?圓山飯店にて台湾焼酒(酎)協会設立大会
2017 / 02 / 21 ( Tue )

先週、2月16日。
久し振りに圓山飯店へ行って参りました。
20150923圓山飯店金龍01

相変わらず大迫力なロビーです。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店01

さて、こちらに来たのは”台湾焼酒(酎)協会”の設立大会に
お邪魔するため。
P_20170216_112554.jpg

ちなみに、この日はパナソニックさんが大々的に新商品発表会を
開いていらっしゃいました。さすが~。

はい、会場です。
取りあえず、受付で頂いたネームカードに”日本人人気ブロガー”と
書かれており、ご招待下さった方のお気遣いに感謝。
”無職”とか”主婦”って書けませんものね(笑)。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店18

ともあれ受付を済ませて中に入ると、まず目に入るのは
ずらりと並んだ台湾産の焼酒。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店03

ちなみに、協会の名称である台湾”焼酒(酎)”協会。
日本語で”焼酎”というとそのまま焼酎を指す訳ですが、
中国語の”焼酒”は蒸留酒一般を意味するそうな。へえ~。

ということで、いわゆる焼酎以外に米酒や高粱酒も。
これらは今回設立された台湾焼酒(酎)協会に加盟している
9社(現時点)の酒蔵さんの商品で、ストレートやロックで
試飲させてもらえます。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店04-2

先日頂いてとても美味しかった、烏龍茶焼酎、八田與一
お花のような香りと爽やかなお味で、お食事にもよく合いそうです。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店06-2

こちらは麦焼酎。
台湾南部・屏東で大武山水脈の水を使って作られており、
アルコール度数は左が40度、右が20度です。
男性の好みそうなきりっとしたお味。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店10

こちらは”幻”というフレーバー高粱酒。左から梅・コーヒー・レモンです。
コーヒーはカルーアに近く、レモンはソーダで割って
ランチに軽く飲みたい感じ。
そして、梅は日本の梅酒に近い味わいでまったりと甘くて美味しいです。
独特のクセが少し残る程度で飲みやすく、ティム・オライリーが飲んだら
きっと高粱酒2.0と言うと思う。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店07

こちらも高粱酒。
金木犀・お茶・蜂蜜フレーバーがあり、比較的控え目な香り付けです。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店08

こちらは芋焼酎。
台湾をモチーフにしたお芋のラベルがかわいいですね。
台湾のサツマイモは日本のものよりも甘いからか、
甘くて美味しい芋焼酎でした。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店09

こちらは南部・恒春の瑯嶠有機米を使ったオーガニック焼酎。
料理酒もあります。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店11

美味しく試飲させて頂いていると、設立大会が始まりました。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店05

協会の会長さんは台湾の有名醤油メーカー・萬家香の呉仁春董事長。
グループ会社で焼酎を製造しているそうです。
非常に流暢な日本語で気さくに接して下さいまして、非常感謝。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店12

会長さんのありがたいスピーチの後は、テーブルにある焼酎で、
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店15

乾杯~。
ちなみに、乾杯の音頭を乾杯グループのCEOが取るという
素晴らしさ。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店13

圓山飯店なのでお料理も美味しく、
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店16

デザートのマンゴープリンまでペロリと頂いてしまいました。
20170216台湾焼酎協会設立大会@圓山飯店17

さて、台湾焼酒(酎)協会。
10年ちょっと前でしょうか、日本では本格焼酎ブームが到来し、
私の周りでもかわいい女性はこぞって芋焼酎を飲んでいたような。
百年の孤独とかだいぶ流行ってましたよね(あれは麦か)。

今回色々と台湾の焼酒を頂いてみて、女性に人気の出そうな商品が
割と多いように思いました。
台湾では女性の飲酒人口が増えているように見えるので、
烏龍茶焼酎をさっぱりとロックや水割りで和食や中華に合わせたり、
フレーバー高粱酒をカクテル風に食前食後に頂いたりしたら
親しまれやすいような気がします。
(多少は高粱のクセがあるので、レモン高粱+オレンジジュースとか、
コーヒー高粱+ミルクではなくあえて豆乳とか)

和食のレストランでは焼酎を置いているところもありますが、
今後は更に色々なジャンルのお店で焼酎を楽しめるように
なると嬉しいです。

台湾では日本酒が既に人気ですが、焼酎ブームが来る日も近い?



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
春節と烏龍茶焼酎”八田與一”
2017 / 02 / 03 ( Fri )

春節休みも終わり、爆竹の音と共に通常営業に戻った台湾。
日本人的には二度目のお正月ですが、
皆さま、明けましておめでとうございます。
20170203お花2

年末に美容院へ行ったペコ田さん。
今年も紅包的なものを付けてもらって帰宅しました。
20170202ペコ田お正月1

良かったね。
20170202ペコ田お正月2

つい先日迎えたばかりの新暦のお正月
獺祭を美味しく頂きましたが、旧正月は萬壽でお祝い。
20170129旧正月1

数の子にも、
20170129旧正月2

カラスミにも、日本酒はよく合いますね。
ああ、幸せ。
20170129旧正月3

こちらは最近ハマっている干し柿バター。
20170129旧正月5

先日お呼ばれしたホームパーティーに持参したところ
なかなか好評だったので、気を良くして自宅用にも作ってみました。
干し柿・エシレ(有塩)・セミドライのイチジクをサンドするだけなのに、
ウィスキーや赤ワインにとても合います。

そして、こちらはまるで居酒屋のようですが、
焼酎&煎り銀杏。
20170129旧正月4

こちらの焼酎、珍しい台湾産でして
その名も「八田與一」。
左が烏龍茶焼酎、右が”黒”烏龍茶焼酎です。
20161115八田与一1

個人的に、誇らしげに八田與一の話を披露する日本人を見ると
複雑な気持ちになりますが、台湾の酒蔵さんがこのような商品を
発売されるというのは、何というかありがたく思います。

さて、おススメの飲み方はロックとのことですが、
20161115八田与一2

いつも通りストレートで頂いてみる(ごめんなさい)。
20170108八田與一

お花のような爽やかな香りで、ほのかに甘さもあり、
美味しい~。
とても飲みやすいので、女性にも好まれそうなお味ですね。

台湾でお土産にお酒を買うならカバランが定番ですが、
烏龍茶焼酎も台湾らしくて喜ばれそうです。
台北では当面は以下で購入できるそうですので、
気になる方はお試し下さいませ。

◆圓山飯店(文創館):台北市中山北路四段1號
◆趣活大稲埕:台北市迪化街一段100號

【八田與一】
烏龍茶焼酎 NT580
黒烏龍茶焼酎 NT680



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
迪化街・年貨大街といつものカラスミ屋さん
2017 / 01 / 23 ( Mon )

近頃はすっかり春節ムードの台北。
今年は旧暦大晦日が1月27日です。

ということで、恒例ですが迪化街の年貨大街へ。
20170121年貨大街01

普段は問屋街の迪化街も(こちらはニンニク&生姜のお店↓)、
20170121年貨大街03-2

春節に向けてお売り出し中~。
20170121年貨大街01-2

年末の築地やアメ横のような雰囲気ですが、
20170121年貨大街07

上を見上げると、迪化街らしい古い街並みがのぞいています。
20170121年貨大街03

春節前最後の週末に行ったので、かなりの人出。
20170121年貨大街02

一家団らん用のお菓子とか、
20170121年貨大街04

毎年買っている干し柿に、
20170121年貨大街05

こちらはちょっと苦手なケミカル野菜チップス。
20170121年貨大街06

例年あまりこちらではお買い物をしないのですが、
今年は色々買ってみました。

金華ハムと剣先するめ。
夫はこちらのハムと干し貝柱でスープを作るそうです。
20170121年貨大街08

台湾では珍しい生の銀杏、塩味のいかり豆。
20170121年貨大街09

干し柿、セミドライのイチジク、
海中行のパッションフルーツジャム。
20170121年貨大街10

こちらのパッションフルーツジャム。
以前購入したものの甘過ぎて用途がなく
冷蔵庫に眠っていたのですが、フルーツティーを作る時に
少し足すと美味しいことに最近気付きました。

久し振りにお店をのぞいたら、ハーフサイズを発見。
大:1.2kgで150元(約550円)、小:600gで100元(約360円)です。
20170121年貨大街11

私が毎朝作る激甘フルーツティーに飽き飽きしている夫が
ちょっと嫌そうな顔をしていましたが、大サイズを一本購入。

そして、迪化街といえばやっぱりカラスミです。
20170121年貨大街12

台湾のカラスミ、とっても美味しいですよね。
以前は永久號や新亦勝などで購入していたのですが、
ここ1年程はこちらの李日勝さんで買っています。
20170121年貨大街13

◆李日勝
住所:台北市迪化街一段201號
電話番号:02-2557-0729
営業時間:9:00~18:00(無休)

お店に入るとすぐ右側の冷蔵庫にカラスミが。
生のものと焼いてあるものがあり、
確かどちらも500元(約1,800円)位から。
試食もあるのが嬉しいです。
20170121年貨大街14

他には、干し貝柱や、
20170121年貨大街15

ナマコに、
20170121年貨大街16

フカヒレ。
20170121年貨大街18

こちらはバゲットではなく、ウナギの浮袋。
中華料理は奥が深いですね。
20170121年貨大街19

更に、自家製のXO醤や、
20170121年貨大街20

立派な昆布まで。
20170121年貨大街21

そして、なぜかオタフクのらっきょう酢を発見。
ソースなどは見当たらず、
らっきょう酢のみ取り扱っているという渋いチョイス。
20170121年貨大街22

そして、限界までおデブちゃんになってしまった看板犬も。
いつもポテポテ歩いていてかわいいです。
P_20161026_130258.jpg

台湾にいるとお正月が2回来るので、
色々と美味しいものが食べられて良いですね。
春節はカラスミで日本酒を飲んでグータラしようと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
マンゴーより好きな鳳梨釋迦と初めて頂くフルーツ・仙桃
2017 / 01 / 17 ( Tue )

すっかり冬らしくなった台湾。
ここ数日、肌寒い日々が続いています。

という訳で、冬といえばお待ちかねのアレが食べたいわ~と
フルーツ屋さんへ。
20170113パイナップル釈迦0

はい、マンゴーより大好きな鳳梨釋迦です。
20170113パイナップル釈迦1

小振りですが、近所のフルーツ屋さんでなんと39元(約140円)。
割と高級フルーツなイメージだったので、ちょっと嬉しい~。

常温で数日置いておき、皮が少し黒くなってきたら食べ頃です。
適当にカットして頂いてみると、ん~、やっぱりとっても美味しい。
20170113パイナップル釈迦2

ジューシーで、激甘で、ほんの少し酸味もあります。
言葉で上手く表現できないくらい甘いので、
ウイスキーのお供にぴったり。ストレートがオススメです。
20170113パイナップル釈迦4

一方、こちらは初めて見かけた”仙桃”というフルーツ。
桃好きな夫が妙に興味を示したので、一つ買ってみました。
20170113パイナップル釈迦0-2

フルーツ屋さんのおじちゃま曰く、2~3日して柔らかくなったら
食べ頃とのこと。へえ~。

押したらへこむくらい柔らかくなったので、頂いてみることに。
皮まで柔らかく、剥きやすいフルーツです。
20170113パイナップル釈迦3

ひと口食べてみてびっくり!
お味も食感も、まるでお醤油を入れ忘れたカボチャの煮物。
ホクホクでモタッとしていて、素朴な甘さが口に広がります。

なお、wikiによると仙桃の和名はクダモノタマゴ。
英語では、canistel や egg-fruit と呼ばれているそうです。
確かに、固ゆで卵の黄身に食感が似ているかも。

ついでに言うと、ツツジ目アカテツ科のフルーツだそうです。
夫よ、残念でした。桃でさえなかったよ。

wikiには更に、こんな残念な記述まで。

”一般的なフルーツの芳香や酸味、ジューシーさがなく、
食べると口の中の水分を吸うため喉が渇く。食べ頃を判別するのが
難しく、完熟にならないと非常に不味である。”


”近年まで栽培しても売り物にならなかったことから、「蟹捨てる」、
「金捨てる」など沖縄の農家の間で揶揄を込めた駄洒落で
呼ばれることがあった。”


沖縄のくだりは完全に無駄な情報ですね。
ありがとう、wiki!

ひどい言われようですが、私は美味しかったですよ。
ただ、口の中を水分を奪われるのは間違いないので、
召し上がる際はお飲み物を多目にご用意下さい。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
| ホーム | 次のページ>>