ドイツ風パンケーキ・ダッチベイビーで下午茶(333 RESTAURANT & BAR)
2018 / 02 / 05 ( Mon )

微風南京の並びにある、HOTEL QUOTE Taipei。
グロリアグループのホテルです。

こちらの1階にある、333 RESTAURANT & BAR。
20171219HotelQuoteTaipei333-1.jpg

夜はこのような雰囲気の、
1-11916048_186387208723_2152966_n.jpg
 #公式サイトより

本格的なバーなのですが、
1916048_186387208723_2152966_n.jpg
 #公式サイトより

日中はランチやお茶も楽しめます。
20171219HotelQuoteTaipei333-2.jpg

この日は友人とのんびり下午茶。
アールグレイをお願いしました。
20171219HotelQuoteTaipei333-3.jpg

そして、お目当てはこちら。
下午茶メニューのフルーツたっぷりのダッチベイビーです。
20171219HotelQuoteTaipei333-4.jpg

と書きつつ、わたくし日本でダッチベイビーなるものを
食したことがないのですが、台北ではどこか他のカフェでも見かけたような。
何はともあれ、美味しそうです。
20171219HotelQuoteTaipei333-5.jpg

ちなみに、”ダッチ”ベイビーという名前ながら
実はドイツ風のパンケーキなのだとか。
更に、ドイツではシンプルにホイップバター・レモン汁・
粉砂糖で食べるのが一般的とのこと。

こちらのダッチベイビーはフルーツたっぷりですので、
台湾風のドイツ風パンケーキ?

という訳で、こちらは冬限定・ベリーのダッチベイビーです。
たっぷりの苺とブルーベリーに加え、
バニラアイスと酸味が強めな苺ソース付き。
20171219HotelQuoteTaipei333-6.jpg

こちらはチョコレートとバナナのバージョン。
間違いないコンビネーションですね。
20171219HotelQuoteTaipei333-7.jpg

友人と仲良く半分ずつトレードしてみたら、増々美味しそう。
20171219HotelQuoteTaipei333-8.jpg

一般的なレシピによると、卵と牛乳をたっぷり使い
オーブンで焼き上げるそうです。
そのため普段頂くパンケーキと違い、外側はシュー生地のようなのに
真ん中はとてもしっとり。面白い食感です。
また、生地自体にはほとんど甘さを感じませんので、
ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれません。

個人的にはとても好みでして、最近もリピートしましたが
だいたいお席に余裕があってお気に入り。サービスも良いです。

メニューを眺めていたら、遅い時間帯でもパニーニやパスタが
頂けるそうなので、たまに夕食難民になる人間には心強い1軒です。
ワインとクロックムッシュでサクッと一人ご飯なんかも良いですね。

◆333 RESTAURANT & BAR
住所:台北市松山區南京東路3段333號(HOTEL QUOTE Taipei)
電話番号:02-2175-5588
営業時間:11:30~深夜0:00(金土のみ深夜2:00まで)
 #ダッチベイビーの提供は14:00~17:00のみ



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
老舗ステーキハウスでリーズナブルなビジネスランチ(雅室牛排)
2018 / 02 / 03 ( Sat )

仁愛サークルの近くにあるステーキハウス、雅室牛排。
1994年創業の老舗レストランです。
20171201雅室牛排1

外観はファミレスのようですが、落ち着いていて素敵な内装。
各テーブルにもお花が飾ってあり、お昼から良い気分に~。
steak-inn.jpg
 #公式サイトより

それもそのはず、夜は割と高級なレストランなのですが、
20171201雅室牛排3

平日のみリーズナブルなビジネスランチが頂けます。
20171201雅室牛排2

ところで、こちらはビジネスランチではないのですが、
他のプリフィクスコースの前菜メニューを見ていて
ちょっと気になった”鶏肉親子丼概念”。
スモークサーモンやエスカルゴなども惹かれるけれど、
今度トライしてみよう。
20171201雅室牛排3-2

さて、こちらからビジネスランチセットです。

まずはサラダ。
柑橘風味のドレッシングで、クルミがアクセントに。
20171201雅室牛排4

パンは2種類。
20171201雅室牛排5

スープは4択でして、こちらはキノコのスープのパイ包み。
キノコの風味が濃厚でクリーミーです。美味。
20171201雅室牛排6

こちらはカボチャのスープ。
台湾らしく少しあっさりしたスープです。
20171201雅室牛排7

(別の日に伺った際の写真ですが)こちらはオニオンスープ。
長時間煮込んでいるようで濃厚過ぎるくらい濃厚、チーズもトロトロです。
20171201雅室牛排7-2(20170814)

こちらのレストラン、スープがとっても美味しいわと思ったら、
スープのみ夜のコースと共通でした。ナルホドデスネ。

続きまして、メインのステーキです。
こちらはCABのサーロイン(6oz)、お店オススメのミディアムレアでお願いしました。
20171201雅室牛排8

アメリカンビーフをちょっとお上品に頂く感じのステーキです。
そして、さすがの焼き加減。
シンプルに塩胡椒で頂きましたが美味しかったです。

こちらは、同じくCABのショートリブ(8oz)。数量限定です。
20171201雅室牛排9

サーロインと違い、Sous-Vide という調理方法です。
調味液に浸したお肉を真空状態にパックして湯せんするのだとか。
(が、そのソースがちょっと口に合わなかったのでサーロインが好みでした)

更に食後の飲み物も付いていまして、この日はアールグレイを。
ランチなのにポットティーだと嬉しいですね。
20171201雅室牛排9-2

サービスも良く、とてもきちんとした印象のレストランです。
リーズナブルにランチコースが頂けてありがたや。

夜も伺って鶏肉親子丼概念を頂いてみたいです。

◆雅室牛排(Steak Inn)
住所:台北市大安區安和路一段49巷10號1樓
電話番号:02-2775-3011
営業時間:8:00~10:00、11:30~14:00、17:30~22:00(無休)
 →朝食も提供しています。珍しい!



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
2017年、美味しかったものを振り返る
2018 / 01 / 29 ( Mon )

つい最近お正月を迎えたと思っていたのに、
気が付いたらもう1月も末。
時間が経つのは早いわ~と驚きつつ、
恒例ですが昨年美味しかったものを振り返ります。

まずは、ワンパターンですがやっぱり上海蟹。

毎年お邪魔している山の中の養殖場に加え、
20171014上海蟹養殖場15

濱江市場では台湾産と大陸産を購入し、食べ比べしてみました。
20171029濱江市場で上海蟹00

至福のひと時!
20171029濱江市場で上海蟹14

他にも、料理好きな夫は伝統市場のある暮らしを楽しんでいるようで、

稚鮎をフライにしたり、
20170702市場ごはん2

活きの良いロブスターを蒸してみたり。
20171224クリスマスイブ6

こちらはシンプル、雲丹の海苔巻きも美味でした。
20171225雲丹定食2

外食編では、Wホテルの広東レストラン・YEN(紫艷)の広東ダック
この時のお食事会楽しかったな、と今になってふと思う。
20170222WホテルYEN12

ダックのお味は勿論のこと、烤鴨餅も甜麺醤も好みでした。
20170222WホテルYEN13

続きまして、六必居潮州沙鍋粥の蟹みそ粥
蟹みその風味がとても濃厚で、板橋まで行く価値有りだと思います。
蟹膏粥-ok

和食では、やっぱり赤緑さん。
いつもお世話になっております。
20180111赤緑

海外にいることを忘れてしまいそうになる、イクラの土鍋ご飯。
20171014上海蟹養殖場からの赤緑31

和食ではもう一軒、お寿司の一期一會さん。

最初にネタを選んでしまうというユニークなスタイルもさることながら、
20170624一期一会02

美味しいのにとってもリーズナブルでありがたや。
20171128一期一会04

続きまして、もえの焼肉
20170521もえ11

昨年秋に日本産牛肉が輸入解禁となったので、
20171128和牛解禁2

従来からのオージー和牛に加えて、日本産和牛もラインナップ。
20180111もえ1

台北で本物の和牛を頂ける日が来るとは。。。う、嬉しい。
20180111もえ

はい、お肉の次はB級グルメです。

牡蠣オムレツの頼鶏蛋蚵仔煎
寧夏路夜市には牡蠣オムレツのお店が数軒ありますが、
こちらがお気に入り。時々急に食べたくなります。
20170121頼鶏蛋蚵仔煎4

さて、スイーツ部門は懐かしさも手伝って、LadyMのミルクレープ
ペーパームーンには無かったマンゴーバージョン、美味しかったです。
20170914LadyM4.jpg

こちらは、マンゴーつながりで自作のマンゴープリン
去年は愛文マンゴーが豊作でとても美味しかったです。
(手作り云々は置いておいて、マンゴーの勝利ですね)
20170812愛文マンゴープリン2

最後に、アンバサダーホテルでご馳走になったブランデーパパイヤ。
20170705お食事会2

杏仁パパイヤならぬブランデーパパイヤ。
カットしたパパイヤにたっぷりブランデーを注いで頂きます。
今となっては思い出の一品。
20170705お食事会4

今年はどんな美味しいものに出会えるのか楽しみです。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
クリスマスシーズンとピアジェコラボアフタヌーンティー@The Jade Lounge
2017 / 12 / 26 ( Tue )

気が付いたらこちらで冬を迎えるのも4回目。

例年クリスマス感のあまりない台北ですが、
なぜかマンションのデコレーションはコテコテです。
20171224マンション2

恐らく旧正月前まで置いてあるであろうポインセチア。
20171224マンション3

さて、こちらは信義の控え目なイルミネーション。
20171220信義

一方、ホテルのクリスマスツリーはさすがに立派です。

こちらはリージェント。
24日に行ったら人でごった返していました。
20171224リージェントホテル

こちらはマンダリンオリエンタル。
噴水周りのイルミネーション、夜はもっときれいかな?
20171220マンダリン下午茶02

ロビーのホワイトクリスマスなツリーも素敵です。
20171220マンダリン下午茶03

さて、クリスマスシーズンにこちらに来たお目当ては、
The Jade Lounge のアフタヌーンティー
20171220マンダリン下午茶04

今回はピアジェコラボです。美しい~。
20171220マンダリン下午茶07

飲み物はベリーとクリームの紅茶をチョイス。
友人はフルーツと蘭の紅茶にしていましたが、
どちらもとても良い香りで美味しかったです。
20171220マンダリン下午茶06

今回も、見るからに丁寧に作られているセイボリー。
頂くのが楽しくなりますね。
20171220マンダリン下午茶12

そして、何やら毒キノコ風に見えなくもないスイーツは
やっぱりクーリ多し。
20171220マンダリン下午茶11

ピンクフラミンゴのパフもかわいらしいです。
首の角度からほんの一瞬北京ダックを連想してしまいましたが、
台湾生活に慣れ過ぎてしまったのでしょうか。
20171220マンダリン下午茶10

ところで、こちらのピアジェのプチギフト。
20171220マンダリン下午茶16

何が入っているのかしらと友人と二人してワクワクして開けたところ、
(デザイン的に)ピアジェとは何の関係もないものが出て来てびっくり。

笑えるオチが付いたアフタヌーンティーでした。
これもまた一興?

◆The Jade Lounge
住所:台北市松山區敦化北路158號
    (台北文華東方酒店, Mandarin Oriental Taipei)
電話番号:02-2715-6886
営業時間:10:00~22:00(アフタヌーンティーは13:00~または15:15~)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
マンダリンオリエンタル/The Jade Lounge でアフタヌーンティー
2017 / 12 / 06 ( Wed )

オープンから3年余りが経ったマンダリンオリエンタル台北。
相変わらず迫力ある外観です。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ05

開業当初はランチもアフタヌーンティーもものすごい人気でしたが、
今やすっかり混雑は落ち着いた模様。
電話一本で好きな日にちにアフタヌーンティーの予約ができ、
何だか拍子抜け?いや、普通に考えたら楽ちんでありがたいですね。

という訳で、The Jade Lounge です。素敵な雰囲気~。
taipei-fine-dining-jade-lounge-01.jpg
 #マンダリンHPより

伺ったのは少し前になるのですが、お目当ては
ラ・プレリーとコラボしたスキン・キャビア・アフタヌーンティー。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ07-2

オリジナルのアフタヌーンティーに加え、
シャンパン付きとキャビア&シャンパン付きがあります。
さすが、マンダリンは優雅ですね。

などと思いつつ、迷わず選択したオリジナルがこちら。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ08

セイボリー。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ11

スイーツ。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ09

続スイーツ。
スキンキャビアシリーズに合わせたブルーが美しいです。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ10

ミルクチョコレートクリームの竹炭を使ったシュークリームと
クロスグリのクーリ。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ18

バニラシャンティクリームとパールのクーリ。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ17

名前がアレすぎてお味が全く想像できませんが、
セイボリーもスイーツも丁寧に作られていてとても美味しかったです。
(そして、クーリって何かしらと思っていたらメニューに解説がありました。
フルーツなどをピューレ状にしたもの、なのだとか。語彙が増えたわ。)

お茶はバラの紅茶にしましたが、香りが良くて美味しかったです。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ13

打包しようと思っていたスコーンもうっかりペロリ。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ12

完全に食べ過ぎている感じがしますが、
なぜかと言いますとこの日の滞在時間なんと約6時間。
15時過ぎの予約で、お店を出たのが21時頃でした。

話に夢中になっていたら、すっかり夜の雰囲気に。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ22

上の階にあるメインバーよりも素敵だと思うのですが、
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ19

18時以降は私達しか客がおらず、ありがたいことに貸し切り状態に。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ21

スタッフの方も、閉店までどうぞ~と仰るので
お言葉に甘えてのんびり過ごさせて頂きました。

さて、この日のアフタヌーンティー。
ちょっと嬉しいプチギフト(トライアルサイズのクリーム)付きでした。
20171023マンダリン下午茶プレリーコラボ24

今月はピアジェコラボだそうで、そちらも楽しみです。
たまにはきれいなお菓子をつまみながら、
友人とゆっくり過ごすのも良いですね。

◆The Jade Lounge
住所:台北市松山區敦化北路158號
    (台北文華東方酒店, Mandarin Oriental Taipei)
電話番号:02-2715-6886
営業時間:10:00~22:00(アフタヌーンティーは13:00~または15:15~)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
東門餃子館、生ニンニクをかじりながら焼き餃子
2017 / 11 / 27 ( Mon )

永康街にある東門餃子館。
山東省出身のオーナーが餃子の屋台を始めたのは56年前、
今では日本のガイドブックでもおなじみとなったお店です。
20171118東門餃子館1

餃子や酸菜白肉鍋が楽しめる、こちらのお店。
私の周りではどうも評価が低いのですが、
個人的に大好きなお店です。

とある日の晩に伺いました。
まずは小菜ケースから茹でピーナッツを(少し八角が効いています)。
20171118東門餃子館2

鶏絲拉皮。
鶏肉、キュウリ、葛切りのようなものを和えた一品です。
マスタードがピリッと効いてビールが進む~。
20171118東門餃子館3

炒箭筍。
姫筍と豚肉の炒め物です。
20171118東門餃子館4

鮮肉韭菜水餃。
豚肉とニラの水餃子。肉汁たっぷりで美味しいです。
20171118東門餃子館5

そして、こちらが私の大好きな豬肉鍋貼。
豚肉の焼き餃子なのですが、キャベツの代わりに大根使用。
20171118東門餃子館6

ニラやニンニクなどの香味野菜は恐らく入っておらず、
比較的あっさりした餃子です。

なぜかと言いますと、生ニンニクをかじりながら頂くから。
(ニンニクはテーブルにどーんと置かれています)
20171118東門餃子館7

わたくし、不器用なのでニンニクの皮を剥くのに人様よりも時間がかかります。
ですので、こちらのお店に来たらオーダー後にすぐニンニクをスタンバイ。

ニンニクをかじりながら食す山東風の焼き餃子。
ビールにも合いますし、結構クセになりますよ。

◆東門餃子館
住所:台北市大安區金山南路二段31巷37號
電話番号:02-2341-1685
営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00(平日)
       11:00~15:00、17:00~21:30(土日祝)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
欣葉日本料理、和食ビュッフェで土瓶蒸し
2017 / 11 / 16 ( Thu )

台湾料理の老舗レストラン、欣葉。
台菜以外にもいくつか業態がありまして、
中でも和食ビュッフェのレストランは台湾の方に大人気です。

その名も、欣葉日本料理(そのままですね)。
中山店はアンバサダーホテルの近くにあります。
741c6159-32b0-4073-9c02-0410f8c25a44.jpg
 #オフィシャルサイトより

ビュッフェレストランですが、1階はこのような落ち着いた雰囲気。
一方、お料理のある2階はやや窮屈なレイアウトです。
9a257888-9436-4add-b5c7-cac633196455.jpg
 #オフィシャルサイトより

1階のお席の場合、和服の店員さんがお料理を運ぶのを
手伝ってくれます。嬉しいサービスですね。

さて、こちらがなぜ台湾の方に人気があるかと言いますと、
お刺身やお寿司などシーフードが充実しているからなのだとか。

お刺身コーナー。
お願いしてから切ってくれるのが良いですね。
20160901欣葉日本料理04

ほとんどの方が空腹で来ているような気もしますが、
「生ものは身体を冷やすので空腹時は避けて下さい」との注意書きが。

こちらはお寿司コーナー。
20160901欣葉日本料理02

一目瞭然ですが、台湾での一番人気は炙りサーモンらしい。
20160901欣葉日本料理03

他にも、こちらのビュッフェはとにかくお料理の種類が豊富で、
以下はごくごく一部の写真です。

ホットミール色々。
20160901欣葉日本料理05

焼き魚コーナーで久し振りに見かけたシシャモ。
20160901欣葉日本料理09

小鉢も充実。こちらは櫻桃鴨のロースト。
20160901欣葉日本料理12

日本人にはちょっと嬉しいもずくや、
20160901欣葉日本料理14

温泉卵も。
20160901欣葉日本料理15

そして、こちらは茶碗蒸し&土瓶蒸し。
ビュッフェで土瓶蒸しなんて渋いわ~。
20160901欣葉日本料理15-2

デザートはケーキや、
20160901欣葉日本料理16

プリンにフルーツなどなど。
20160901欣葉日本料理17

ちなみに、こちらのビュッフェにはドリンクも含まれていまして、
ディナータイムはビール・赤白ワイン・サワーなどが頂けます。
(もちろんソフトドリンクも)

という訳で、まずはワインで冷菜~。
台湾の方に倣い「私もえび祭り!」と意気込みましたが、
3尾では祭りじゃないよと指摘される。
20170325欣葉和食1

サラダやお野菜のお惣菜。
20170325欣葉和食4

続きまして、ビールで温菜。
周りにはえび天祭りを催している方が多かったです。
20170325欣葉和食3

お寿司と小鉢。
小鉢はどれも丁寧に作られていて、美味しかったです。
少しずつ色々なお味を楽しめるのが良いですね(お酒もあるし)。
20170325欣葉和食2

そして、土瓶蒸し。すだち代わりにカラマンシーも。
お出汁は薄めですし、もちろん松茸も入っていませんが、
何だかホッとするお味です。
ビュッフェに土瓶蒸しを置こうと思ったシェフ、素敵~。
20170325欣葉和食5

デザートとコーヒー。
20170325欣葉和食6

ちなみに、英語の先生(オーストラリア人)が
台北で一番好きな和食のお店はこちらだそうです。
「あんなに美味しいお寿司は食べたことないよ!」と言われると、
少しだけ微妙な気持ちに。。。

が、ここは台湾ですのでやはりどうしても台湾風のお味ではあるのですが、
割と好きなビュッフェです。
涼しくなってくると、こちらの土瓶蒸しを思い出します(薄いけど)。

◆欣葉日本料理(中山店) ※予約必須です
住所:台北市中山北路2段52號
電話番号:02-2542-5858
営業時間&料金:

ランチ 11:30~14:00
アフタヌーンティー 14:30~16:30
ディナー 17:30~21:30(平日)、17:10~21:30(土日祝)

(平日)
ランチ:大人料金 NT 680、お子様料金NT 340
アフタヌーンティー:大人料金NT 540、お子様料金NT 270
ディナー:大人料金NT 820、お子様料金NT 410
(土日祝)
ランチ: 大人料金NT 820、お子様料金NT 410
アフタヌーンティー: 大人料金NT 540、お子様料金NT 270
ディナー: 大人料金NT 820、お子様料金NT 410



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
台湾でも十割蕎麦、二月半そばで鴨せいろ
2017 / 11 / 08 ( Wed )

時々食べたくなる、お蕎麦。
が、台北におうどん屋さんは数あれど、
お蕎麦屋さんはあまり多くありません。

という訳で、サクッとお蕎麦が食べたくなると
台北之家のお向かいにある、
20160505二月半そば3

二月半そばへ。
20160505二月半そば1

蕎麦の実は種を蒔いてから収穫まで2ヶ月半ほどかかる等々で
こちらの名前になったのだとか。へえ~。
20160505二月半そば2

落ち着いた和風な店内です。
c2e27da6-d6bb-4f94-b27b-9ec8aa7899ee.jpg
 #TripMomentより

こちらは、天ぷらもり蕎麦(の薬味)。
20160505二月半そば4

お蕎麦はつやつやで、
20160505二月半そば5

天ぷらもお野菜たっぷりで嬉しいです。
20160505二月半そば6

こちらは、宜蘭産鴨と葱のもり蕎麦。
鴨のお出汁がしっかり効いていますが、やや甘めなお味です。
20160505二月半そば7

ちなみにお蕎麦は十割蕎麦。
あまり香りは強くありませんが、茹で加減は絶妙で
つるりと滑らかな喉越しです。

もちろん、最後に蕎麦湯(すごく濃厚!)も。
20160505二月半そば8

さて、そんな二月半そばですが、以前いらっしゃった
日本人そば職人さんは現在は別のお店で腕を振るっているのだとか。

それが国父紀念館近くにある、幸呼(こうこ)です。
二月半そばとは打って変わり、こちらは明るいカフェ風の雰囲気。
13537737_1643195172664758_6324137576741298607_n.jpg
 #お店のfbより

メニューもほぼ共通です。
ということで、定番ですが鴨せいろ。
20161018幸呼1

二月半そばとほぼ同じお味で美味しいです。
厨房に日本人がいなくなると急にお味が変わるお店も多いですが、
あちらで後進がしっかり育っているのですね(ありがたや)。
20161018幸呼2

海外で気軽に美味しいお蕎麦が頂けるって幸せですね。
正に幸せを呼ぶお蕎麦。職人さん、どうもありがとうございます。

ところで、お蕎麦といえば以前そごうの日本フェアでへぎそばを発見。
20160813へぎそば1

まさか台北で見かけると思わなかったので、
小嶋屋さんのお蕎麦が大好きなんです!とへぎそば愛を語ったところ、
気前良くおまけをしてくれました。
(しかも、エレベーター前まで走って追いかけて渡してくれました。
なんて良い人なんだ。)
20160813へぎそば2

真夏のある日、ありがたくつるつるっと頂いたへぎそば。
20160813へぎそば3

つゆにはやっぱり茗荷が合いますね。
20160813へぎそば4

最近涼しくなってきた台北。
そろそろ温かいお蕎麦も良いですね。

◆二月半そば
住所:台北市中山區中山北路2段20巷一之一號
電話番号:02-2563-8008
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30(無休)
.
◆幸呼(こうこ)
住所:台北市大安區光復南路260巷34號
電話番号:02-8771-0296
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30(無休)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
板橋へ蟹みそ粥遠足(六必居潮州沙鍋粥)
2017 / 10 / 27 ( Fri )

台湾にも”板橋”という地名があります。

台北駅からは板南線で西へ10分程度。
台湾で人口最多の都市・新北市の市政府があるエリアです。
P_20170911_123527.jpg

普段はあまり来ないエリアなのですが、友人曰く
こちらに美味しいお粥屋さんがあるのだとか。
という訳で、早速お粥遠足です。

こちらがお目当てのお店、潮州六必居沙鍋粥。
新北市政府の目の前にあります。
20170911六必居1

メニューは名物のお粥+熱炒といった構成なり。

客家小炒。
20170911六必居6

地瓜葉の炒めもの(ブレてますが)。
20170911六必居5

はい、そしてこちらが噂の招牌蟹膏粥(蟹みそ入りお粥)です。
20170911六必居3

私の写真ではあまり美味しさが伝わらないので、
お店のサイトからお借りしました↓
蟹膏粥-ok

お粥には、蟹みそや卵、海老、
そして追加してもらった鮑がたっぷり。
20170911六必居4

見るからに美味しそうですが、口に運ぶと想像以上です。
蟹みその濃厚な味わいと海鮮の旨味が相まって、たまらなく美味。

香菜もよく合います。
20170911六必居7

大満足なこちらの蟹みそ粥。
4人分1,050元(約3,950円)、鮑の追加は250元(約950円)です。
ちなみに4人分と言っても、この日は3人でお腹いっぱい頂いても
食べきれず、お持ち帰りするような量でした。

恐らく、美味しさの秘密は生の蟹や海老。
お店の外に水槽がたくさんありました。
20170911六必居2

さて、想像を上回る美味しさのお粥を堪能した後は、
おかっぱ先生こと鄭惠中さんのアトリエへ。
お粥屋さんからはタクシーで10分弱です。
P_20170911_154213.jpg

この日も色々と巻き付けて下さいまして、
どうもありがとうございました。ピーターパンになれそう。
P_20170911_143611.jpg

そして、試着しすぎてやや疲れたので、
帰りに西門の杏記で杏仁豆腐かき氷~。これ、大好き。
20170911六必居9-2

それにしても美味しかった、蟹みそ粥。
これは板橋まで食べに行く価値がありますね。

ごちそう様でした。

◆六必居潮州沙鍋粥(中山路總店)
住所:新北市板橋區中山路一段160-3號
電話番号:02-2952-8827
営業時間:11:30~14:00、17:20~23:00(月~木)
       11:30~14:00、17:20~翌0:30(金)
       11:30~14:00、16:50~翌0:30(土日)


 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
今年も山の中で上海蟹
2017 / 10 / 24 ( Tue )

はい、秋です。
お待ちかねの蟹の季節です。

ということで、上海蟹を求めて今年も山の中へ~。
20171014上海蟹養殖場01

今回も生簀?から自分で蟹をつかまえます。
活きが良すぎて四苦八苦。
20171014上海蟹養殖場03

例年、夫と2人で6杯頂いていましたが、
今年は友人ご家族とご一緒したので5人で13杯にしてみました。
つかまえた蟹はこちらのケースにポンポン投入(ありがたみゼロ)。
20171014上海蟹養殖場08

ちなみに、お値段は通常オス13杯で6,500元(約24,000円)。
が、この日はまだ小さ目サイズの蟹もいたので
養殖場のおじちゃまがカリカリ計算し、5,200元(約19,000円)に。

キャッチした蟹をおじちゃまに渡し、い草で結んでもらいます。
20171014上海蟹養殖場10

はい、完成~。
20171014上海蟹養殖場11

いつもは養殖場脇のこちらのスペースで頂くのですが、
20171014上海蟹養殖場15

この日は暴風雨でしたので、すぐ隣にあるレストランへ
案内してくれました
20171014上海蟹養殖場16

が、うっかりテラス席をチョイス。
20171014上海蟹養殖場17

ちょこっとお料理をつまみつつ、ビールを飲んでいると。。。
20171014上海蟹養殖場18

美味しそうに蒸し上がった蟹が到着~。
蒸籠を開けると蟹の良い香りがふわっと広がります。
20171014上海蟹養殖場19

今年も二杯酢を持参。
ワクワクしながら早速蟹を解体します。
20171014上海蟹養殖場24

小振りながら蟹みそたっぷり~。
20171014上海蟹養殖場25

さすがに蒸し加減もちょうど良く、トロトロ濃厚な蟹みそが最高です。
20171014上海蟹養殖場26

そして白子。何といっても白子。
ねっとりした舌触りがたまりません。ん~、美味しすぎる。
20171014上海蟹養殖場27

この日は紹興酒を持ち込みましたが、やっぱり蟹に合いますね。

およそ1年振りの上海蟹に夢中になっていたら、
食べ終わる頃にはすっかり日が暮れていました。
ザ・宴の後↓
20171014上海蟹養殖場29

そして、帰り道やっぱり温かいものが食べたくなってしまい、
大好きな赤緑さんへ。

初めて頂く”いくら土鍋ごはん”。
お魚とお野菜を混ぜたご飯を土鍋で炊き、イクラをたっぷりと。
20171014上海蟹養殖場からの赤緑30

こちらも大変美味でした。
こんなに美味しい日本食が海外で頂けるなんてありがたや。
20171014上海蟹養殖場からの赤緑31

さて、山の中でワイルドに頂く上海蟹。
今年もとっても美味しゅうございました。
やっぱり白子がたまりませんね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>