イケメン・ミルフィーユ(SEASON Artisan Pâtissier)
2015 / 10 / 13 ( Tue )

とっても美味しそうなミルフィーユが食べられるカフェを
友人が発見(ありがたや~)。
写真で見たらあまりに魅力的だったので、基隆河を越えて
大直(台北北部のエリア)までミルフィーユ遠足して来ました。

閑静な住宅街にひっそり佇む、SEASONというカフェ。
20151007season1.jpg

テラス席もありました。涼しい季節は良いですね。
20151007season2.jpg

店内は落ち着いた雰囲気です。
20151007season3.jpg

紅茶はマリアージュ・フレールでした。
「マルコポーロが招牌(zhāopái, 看板メニュー)だっけ?」と言ってしまい、
パリ感が半減。でも、ちょっと中国語が身に付いて来たかしら。
20151007season4.jpg

そして、ミルフィーユのご登場~。

黒いスーツのイケメンがワゴンと共にやって来て、
20151007season5.jpg

目の前で手際良く、かつ丁寧にミルフィーユを作ってくれます。
見るからに美味しそうで、目が釘付け~。
20151007season6.jpg

さて、完成したミルフィーユはこちら。
20151007season7.jpg

サクサクのパイ生地に、甘過ぎないけれどコクのあるクリーム。
マンゴーアイスやたっぷりトッピングされた季節のフルーツも
美味しかったです。
20151007season8.jpg

お味もさることながら、やっぱりテーブルで作ってくれるのが良いですね。
パラダイスですか、ここは。

もうね、ミルフィーユではなく、本場風にミルフォイユとお呼びしようと思います。
また行きたいな~、ミルフォイユ遠足。

◆SEASON Artisan Pâtissier(大直店)
住所:台北市明水路397巷2弄22號
電話番号:02-2533-2377
営業時間:10:30~14:30(ブランチ)、14:30~18:00(カフェ) 第一月曜定休
 #敦化南路にも支店がありますが、
  テーブルでミルフィーユを作ってくれるサービスは大直店のみ



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
圓山大飯店で飲茶ランチ(金龍餐廳)
2015 / 10 / 11 ( Sun )

台北のランドマークの一つ、圓山大飯店。
松山空港に着陸する前に見える、あの中華様式のホテルです。
20150923圓山飯店金龍01

蒋介石夫人・宋美齢の命で、台湾神宮跡地に建設されたこちらのホテル。
当初は台湾大飯店という名称でしたが、1952年に圓山大飯店と改名され、
長らく国賓や蒋介石・宋美齢夫妻の訪客を迎えて来たそうです。
アイゼンハワー元大統領やサッチャー元首相も宿泊したのだとか。
20151018アテンド04圓山飯店

という訳で、ロビーも立派~。
20150923圓山飯店金龍02

天井には、中華民国の国花である梅の花の装飾がありました。
20150923圓山飯店金龍04

こちらは、かつて台湾神宮にあった龍。
いつでも天に昇れるよう、天井はガラス張りなのだとか。
いや、ガラスでもぶつかりますけどね。
20151018アテンド01圓山飯店

日本時代のものなので、爪は三本です。
20151018アテンド02圓山飯店

さて、この日は2階にある金龍餐廳にて飲茶ランチ。
20150923圓山飯店金龍05

ザ・中華な内装が素敵です。
20150923圓山飯店金龍06

友人が2週間前に窓際のお席を予約しておいてくれたので、
(ありがとう!)
20150923圓山飯店金龍07

台北を一望~。遠くにぼんやり101も見えました。
20150923圓山飯店金龍08

この日は4人だったので、色々オーダーしてみました。

チャーシューまん、エビ蒸し餃子。
20150923圓山飯店金龍10

エビの湯葉巻き揚げ。
20150923圓山飯店金龍11

エビ、シイタケなど7種の具が入った蒸し餃子。
20150923圓山飯店金龍12

腸粉も具だくさん。
20150923圓山飯店金龍13

こちらがとても美味しかった!
干し大根(だったかな?)の入った、揚げ饅頭の様な点心。
初めて頂きました~。
20150923圓山飯店金龍14

広東炒麺。シーフードがゴロンと入っています。
20150923圓山飯店金龍15

デザートは楊枝甘露。
ココナッツが控え目ですが、香港で食べるよりも美味しかったような。
20150923圓山飯店金龍16

眺めも良く、飲茶もなかなか美味しかったです。
平日だったからか、客層は会食風の方が多かったかな。

ところで、こちらのホテルの1階に圓苑というレストランがあります。
宋美齢がこちらの紅豆鬆糕という蒸しケーキをいたく気に入っていて、
アメリカ移住後も旧正月にはわざわざ空輸させていたのだとか。
201509圓山大飯店紅豆鬆糕
 #圓山大飯店サイトより

食べてみたいわ~と思い、帰りに立ち寄ったのですが、
お持ち帰りはホールのみだったので、この日は断念。
なお、店内で頂く場合は2ピースからオーダーできるようです。

ところで、宋美齢さんって激動の人生を送った割には
106歳で天寿を全うされたそうで、さすがは Dragon Lady ですね。
どうでも良い話ですが、金龍餐廳の英語名は
そのまま直訳して Golden Dragon Restaurant です。

◆金龍餐廳
住所:台北市中山北路四段一號
電話番号:02-2886-8888 ext.1262,1263
営業時間:11:30~14:30(土日祝 11:00~14:30)、18:00~22:00
 #飲茶はランチタイムのみ



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
台湾でピーマンの肉詰めを作ったら。
2015 / 10 / 07 ( Wed )

台湾のピーマンは大きい。
日本のピーマンの3倍くらいはあるでしょうか。
しかも、肉厚でジューシーです。

これを使って友人がピーマンの肉詰めを作ってみたところ、
感想は「肉餡を詰めても詰めても、まだ入る」とのこと。
気になって仕方ないので、私もトライしてみました。

こちらが主役のピーマン。
パプリカが長くなったような形状です。
20151001ピーマン肉詰め1

豚肉300g超を使って作った肉餡。たったのピーマン2個分相当でした。
確かに、ピーマンが大き過ぎて肉餡が足りない錯覚に陥ります。
20151001ピーマン肉詰め2

一つ一つが大きいので、じっくり蒸し焼きにすること約10分。

意外と無事に完成~。完全にメインです。
サイズの問題で、当然ですがナイフとフォークで食すことに。
20151001ピーマン肉詰め3

肉餡は和風な味付にしたので、からし醤油で頂きました。
20151001ピーマン肉詰め4

ん~。見た目にインパクトがあり、なかなか満足。

ちなみに、次回は「台湾で焼き茄子」に挑戦したいと思います。

台湾の茄子って長いんですよね。
20140705上引水産&市場36



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】料理に挑戦 | page top
中山堂にて、2015年中秋夜晩無我茶会
2015 / 10 / 05 ( Mon )

先月のことなのですが、陸羽茶芸中心が主催している
「無我茶会」というお茶会を見学して来ました。

会場が中山堂前の広場だったので、早目に行って中山堂を見学することに。
20150919中山堂01

中山堂の完成は1936年(当時は「台北公会堂」)。
時代背景もあり、総統府などよりも質素な造りなのだとか。
20150919中山堂02

「中正廳」はコンサート等が行われる大ホール。
2階にある「光復廳」という小ホールが、1945年の敗戦時に
最後の台湾総督・安藤利吉が降伏文書に調印した場所です。
20150919中山堂04

2階へ上がりますと、戦後70年という節目だからでしょうか、
「大時代的故事」という展示を開催中。
中華民国はこのようにして日本に勝ったのよ、という内容です。
20150919中山堂05

馬関条約(下関条約)や、
20150919中山堂08

日本の降伏文書のコピーも展示してありました。
20150919中山堂10

戦前の日本政府の愚かさに思いを馳せつつ、3階への階段を上がると、
20150919中山堂14

2階の重い空気は何だったのか、という雰囲気の素敵なカフェスペースが~。
20150919中山堂16

中国茶の楽しめるカフェのようでした。
20150919中山堂15

土曜日の夕方でしたが人まばらだったので、穴場かもしれません。
20150919中山堂19

台北書院というお教室もあり、お茶やお花、お習字などが習えるようです。
20150919中山堂18

壁に立派な書が、と思ったものの、
よく見たらお茶の名前が羅列してあるだけでした。
ちょっとシュールですが、こちらも書道の先生が書かれたのかしら。
20150919中山堂24

さて、お茶会の時刻になりましたので、会場へ。
20150919中山堂無我茶会01

無我茶会についてざっくり説明しますと、

・参加者は各自お茶・茶器・お湯を持参
・当日の抽選で席が決まり、円になって座る
・お茶を4煎(各4名分)淹れて、1煎目・3煎目は左隣の3名+自分で飲み、
 2煎目・4煎目は周囲にいる見学者に配る(お茶淹れ~片付けまでは無言で行う)

という流れです。

ちなみに、無我茶会には”7大精神”があり、
その一つに「無尊卑之分」があります。
これは、どんな立場の人であっても無我茶会では平等で、
故にお席は抽選で決まりますよ、といった趣旨なのですが、
これがこのお茶会の肝なのかしらと思います。

なお、お茶会前の30分間、参加者の皆さんの茶席を拝見しながら
お話しすることができます。

こちらは、赤いお花と文旦が秋らしい茶席。
どちらの茶席も個性的でセンス良く、
見学させて頂くのがとても楽しかったです。
20150919中山堂無我茶会08

そして、お茶淹れが始まります。
今回は100名程の方が参加されたのだとか。
20150919中山堂無我茶会11

皆さん、お作法が流れるようで、とても美しかった~。
お茶もたくさん頂きまして、幸せなひと時でした。
20150919中山堂無我茶会16

次回開催は来年の初夏とのこと。
来年は見学ではなく参加したいと思っているので、
しっかり準備しておこうと思います。
今から楽しみだな~。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
| ホーム |