民法、憲法、両岸関係
2016 / 08 / 31 ( Wed )

今年3月~6月の間、師範大学國語中心(語学センター)の学生向け
履修システムを利用して、本科の民法の授業を受講していました。
20160518師範大_民法2

台湾の民法は日本の民法と内容がほぼ同じなので、
講義内容を理解するのは難しくありません。
教授の中国語も比較的聞き取りやすく、質問があれば
TAの方々が親切に対応してくれました。

が、意外と大変だったのが中間&期末テスト。

そもそもこちらの講義は公民教育與活動領導學系
(Department of Civic Education and Leadership)という学科の
1年生の必修科目なのですが、出題内容が用語説明と論述で
かつ設問も多く、1年生向けのテストとしては割と難しいな~と思いました。
20160810民法3

そんなこんなで何とか期末テストまで終えて、
先日無事に受け取った成績表。
20160810民法1

落第しなくて良かった~(ちなみに台湾も及第ラインは60点)。
先生、TAの皆さま、何かと助けて頂き
どうもありがとうございました。
20160810民法2

ところで、私は國語中心の学生なので
師大に入学はしていない訳ですが、2単位もらえるんですね。
不思議~。
そして単位の使い道もありませんが、良い思い出になりました。

久し振りに勉強して楽しかったな~。ビールが美味しい。
心霊写真の様に写り込んでいるのはペコ田さんです。
20160723泳いでビール

さて、こちらは今回使っていた参考書なのですが、
20160518師範大_民法3

いかにも入門書といった内容で読みやすかったので、
憲法と両岸関係を追加で購入。
20160831参考書

こちらはマイペースに読もうと思っています。
読書の秋だし、図書館でも通ってみようかしら。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】中国語を学ぶ | page top
【8月29日まで】日本酒主義 in "Taipei Int'l Fine Wine Expo 2016"
2016 / 08 / 29 ( Mon )

Taipei Int'l Fine Wine Expo 2016(台北精緻酒展)というお酒の展示会。
今年は8月26日(金)~29日(月)の日程で台北世貿一館にて開催中です。
20160828FineWineExpo01.jpg

チケットを頂いたので、ありがたく行って参りました。
入口でお酒スタンプを押されます。再入場用?
20160828FineWineExpo03.jpg

こちらのイベント、要は展示即売会です。
内容はワイン、ウイスキー、リキュール、日本酒、焼酎、
ビール、白酒等々、豊富過ぎるラインナップ。心が躍ります。

まずは、ワインのエリアから。
20160828FineWineExpo04.jpg

ワインだけでも約20のブースがあり、入場者も多いので大混雑~。
20160828FineWineExpo05.jpg

グラスは入口付近のインフォメーションで、
100元で購入or200元(デポジット)でレンタル可。
どちらのブースでも気前良く試飲を勧めてくれます。
20160828FineWineExpo06.jpg

素敵なお値段の貴腐ワインなども飲ませて頂き、
ワインエリアだけでほろ酔いに。

続きまして、ウイスキーや、
20160828FineWineExpo09.jpg

台湾の梅酒なども頂きつつ、
(日本の梅酒とは異なり、梅自体を発酵させて作るそうです)
20160828FineWineExpo10.jpg

何やら高級なミネラルウォーターを発見~。
20160828FineWineExpo11.jpg

スワロフスキーの何かが付いて、2割引きで3,500元(約11,000円)なり。
中は神戸のお水だそうです。へえ~。
20160828FineWineExpo12.jpg

とゴージャスなお水を横目に、一番楽しみにしていた
日本酒エリアへ移動してびっくり。
ワインエリアより混雑しており、前進するにも一苦労。
ブースの数もぐっと増えて約40あります。
20160828FineWineExpo14.jpg

そして、更に驚いたのがこちら。
これって、私がとても楽しみにしていた”日本酒主義”ではないですか。
20160828FineWineExpo19.jpg

参加されていた酒蔵の方にお伺いしたところ、
今年は日本酒主義単独での展示会は予定されておらず、
Fine Wine Expo への参加のみとのこと。

知らなかった~!見逃すところだったわ。
チケットを下さった方、本当にありがとうございました。

という訳で、こちらは山梨の誇る銘酒・七賢。
今はスパークリングまであるそうで、頂いてみたら
日本酒らしさを残しながらも軽やかで口当たり良く、
美味しゅうございました。
20160828FineWineExpo15.jpg

他のブースでも日本酒をたくさん頂いてしまい、
果実酒に目が行きます。
20160828FineWineExpo16.jpg

色々と頂きましたが、CHOYAさんの梅酒はやっぱり美味しいですね。
しかし、去年売り切れてしまっていた新六梅酒は今年も買えず。。。残念。
20160828FineWineExpo18.jpg

”お酒”ということで養命酒さんのブースもありました。
実はフルーツのお酒も製造されているそうです。知らなかった~。
20160828FineWineExpo17.jpg

試飲なのでもちろん少量ずつなのですが、
ワイン、ウイスキー、日本酒、果実酒と頂いていたら
ほろ酔いを通り越して普通に良い気分になっており、
日本人らしく帰りにラーメンを食べに行きました。

ラーメン凪にて、
20160828FineWineExpo20凪

豚王と、
20160828FineWineExpo21凪

赤王。
20160828FineWineExpo22凪

飲んだ後(試飲ですが)のラーメンは最高ですね。

さて、本日の購入品はあさ開の純米大辛口・水神と
なぜか菊正宗の樽酒。
20160828FineWineExpo19-2.jpg

そして、試飲して一番好みだったCHOYAの南高梅原酒。
20160828FineWineExpo19-3.jpg

昨年より規模は小さくなりましたが、楽しかった日本酒主義。
開催は本日29日(月)までですので、日本酒loverはお見逃しなく。

Taipei Int'l Fine Wine Expo 2016
https://wine-fair.top-link.com.tw/



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
日本産卵で美味しすぎるトリュフ卵かけご飯
2016 / 08 / 27 ( Sat )

最近、台湾のスーパーでも日本の卵を見かけるようになりました。
殺菌処理や温度管理の問題で台湾の卵は基本的に生食できないので、
これは助かる~。

こちらは白そごうにて。徳島の卵です。
P_20160813_113328.jpg

緑そごうには数種類ありました。
こちらは福岡の卵。
P_20160826_174611.jpg

宮崎産はなかなか高級です。6個で230元(約740円)なり。
P_20160826_174633.jpg

という訳で、早速ですが日本人のソウルフード・卵かけご飯を
作ってみようと思います。

まず、お米はつや姫。
もう5年程?食べていますが、美味しすぎて他のお米に浮気できません。
台湾でも買えて良かった~としみじみ思う。
20150728つや姫

そして、主役は徳島産の卵。後ろはマルシマの生醤油、トリュフオイル。
マルシマのお醤油は三井選品で買っているのですが、
なぜか日本とあまり変わらない価格で売られています。ありがたや~。
20160827トリュフ卵かけご飯

卵を割ってみると、プルンとした黄身がなかなか新鮮そう。
20160724卵かけご飯2

お醤油を加えてご飯と混ぜ、最後にトリュフオイルをとろーり。
20160724卵かけご飯4

もうね、海外にいることを忘れる美味しさです。
住み易すぎる!台北。

ところで、台北でも卵かけご飯を出すお店は何軒かありまして、
赤緑さんなどは安心して頂けるのですが、他ではちょっとハラハラドキドキ。
そもそも、台湾では多くの方が”生卵=危ない”という認識なので、
エッグベネディクトもウェルダンだったりすることも(あれは切ない)。

そんな中、空輸している割にはリーズナブルな価格で
日本の卵が買えるようになって嬉しい限りです。

近々、家ですき焼きしようかな(あ、でも和牛がないわ)。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】料理に挑戦 | page top
ロブスターサンドと台湾庶民派サンド
2016 / 08 / 25 ( Thu )

とある週末、「ランチにサンドイッチでも買って来ようか」と
テケテケ出掛けて行った夫。

しばらくして、コーヒー片手に嬉しそうに帰って来ました。
カップにはロブスターのシールがきらり。
20160612ロブスターサンド4

さては、以前からチェックしていたロブスターサンド専門店に
行って来ましたね?
P_20160704_160703.jpg

そして、案の定サンドイッチはこちら。
ロブスターサンドイッチ(オリジナル)です。
20160612ロブスターサンド1

カリッと焼かれたソフトフランスのようなパンに、
マヨネーズベースのソースで和えたロブスターとサラダがイン。
ソースが思ったよりも甘くなく安心したのもつかの間、
パンがやや甘いことに気付く。バゲット持ち込みできないかしら。

こちらはトリュフ&ロブスターサンドイッチ。
トリュフがなかなか濃厚で、オリジナルよりも好みでした。
20160612ロブスターサンド2

ちなみに、台湾にしてはなかなか強気な価格設定で、
どちらもポテトとコーヒー付きで約500元(約1,600円)なり。
20160612ロブスターサンド3

ところで、ロブスターがプリプリで美味しいな~と思っていたら、
お店に水槽がありロブスターの皆様がスタンバイしているそうな。
なるほどですね。

一方、こちらは最近お気に入りの庶民派サンドイッチです。
台中が本店の、台湾人なら皆さんご存知の有名店なのだとか。
P_20160804_172806.jpg

香港からの観光客がこちらのサンドイッチを買い占めて
売り切れ必至!といったニュースを見て以来、気になっていました。

ハムとチーズを買って来ました。それぞれ25元(約80円)なり。
このビジュアル、何という素っ気なさ!
20160805洪瑞珍サンドイッチ

しかし、一口食べるとこのサンドイッチの底力に気付かされます。
ざっくり言うと「甘じょっぱい」。
しっとりふわふわのパンに、非常に安っぽい(失礼)ハム&チーズと
シュガーバターのようなソースが挟んであります。
ポイントはこれですね。

お味を正確に表現できないので、気になる方はぜひ召し上がってみて下さい。
日本にはなさそうなサンドイッチです。

そして、こちらはサンドイッチではありませんが、
昨年友人に教えてもらって以来はまっている一禾堂の塩ロール。
20160318塩ロール(一禾堂)

他のお店の塩ロールも色々と食べてみたのですが、
台北ならこちらが一番好みです。
素材にこだわったパン屋さんで、塩ロールには
日本の小麦粉とエシレのバターを使っているのだとか。
バターたっぷりで風味が良く、食感はもっちりしていて美味。

塩ロールは15分に1回程のペースで焼き上がるのですが、
補充されるとすぐになくなってしまう人気のパンです。
平日でも夕方には売り切れていることも。

近くに行くと、どうしても立ち寄ってしまう1軒です。

◆龍波斯特 龍蝦三明治専門店 →ロブスターサンド
住所:台北市中山區龍江路106巷4號
電話番号:02-2506-7676
営業時間:11:00~21:00

◆洪瑞珍 三明治専売店(重慶店) →庶民派サンド
住所:台北市大同區重慶北路三段86號
電話番号:02-2599-7929
営業時間:9:00~20:00(第二火曜・木曜定休) 

◆一禾堂麵包本舖 →塩ロール
住所:台北市敦化南路一段233巷34號
電話番号:02-8773-6965
営業時間:(日~木)10:00~21:30、(金土)10:00~22:00



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
茶器を探して鶯歌へ
2016 / 08 / 25 ( Thu )

最近、工夫茶をする機会が増えたのは良いのですが、
大切にしていた茶杯を先日うっかり割ってしまいました。
8年前に鶯歌で購入した物なのですが、
割と気に入っていたので軽くショック。。。
という訳で、ダメもとで同じ物を探しに鶯歌へ行ってみることに。

台北駅から台鉄に揺られること約30分、およそ半年振りの鶯歌です。

テケテケ歩いて老街に到着したら、入り口に陶作坊が。
P_20160721_170935.jpg

と思ったら、重慶店はなくなりカフェ(かな?)に変わっていました。
P_20160721_160641.jpg

また、鶯歌光點美学館という新しいビルの入り口には、
P_20160721_162650.jpg

陸羽茶芸のドリンクスタンドが。
親会社である天仁のスタンドはよく見かけますが、
陸羽バージョンもあるのですね。
 #鶯歌光點美学館2Fに陸羽のショップ有り
P_20160721_162953.jpg

暑かったので、一休み~。
P_20160721_163146.jpg

以前は鶯歌と言えば、茶器や食器を見るのはとても楽しいのですが、
まともな休憩スポットは富貴陶園くらいしかなかったような。
ギャラリー併設のレストランです(レストラン併設のギャラリー?)。
 #新北市鶯歌區重慶街96號
20151125鶯歌2

落ち着いた店内で涼しく一休みできて、
20151125鶯歌4

フルーツティーが美味しいです。リンゴたっぷり。
20151125鶯歌8

そんなこんなで、茶器を探し回ったりお茶休憩したりした後は、
鶯歌に来たらついつい立ち寄ってしまうお店へ~。

アンティークというか、在庫過多な家具屋さん。
シノワな飾り棚を買いたい衝動を毎回グッとこらえています。
が、本帰国が決まったらうっかり購入してしまいそう。
20151125鶯歌1

コテコテなお土産物の並ぶお店にて、中華民国カップ。
一際目を引くシンプルなデザイン。ものすごい唐突感です。
P_20160721_160448.jpg

そして、鶯歌光點美学館のお向かいにあるこちらのお店。
P_20160721_152130.jpg

何となくチェックしてしまう大同の食器や、
P_20160721_151808.jpg

来々軒ごっこができてしまう、絵に描いたようなラーメンどんぶり。
P_20160721_151519.jpg

そして、何といっても偽物やB級品が面白いです。

こちらなんて、
P_20160721_151903.jpg

刻印は Royal Blue、そして made in japan。
素敵なお値段は85元(約270円)なり。
P_20160721_151910.jpg

毎回面白いです、鶯歌。

さて、肝心の茶杯ですが、
残念ながらやはり8年前と同じ絵柄(梅でした)の物はなく、
同じシリーズの別の絵柄の物を買って来ました。
手描きなので、見比べて好みの物を選ぶのが楽しいですね。
20160809鶯歌買い出し3 - コピー

茶杯以外には、小物をちょこちょこと。

茶船(茶壺をのせる盆)として使おうと、青磁の器と、
20160809鶯歌買い出し1 - コピー

黒い器を。
20160809鶯歌買い出し2 - コピー

カラフルな敷物や、
20151125鶯歌9-2

お茶の保存に便利なクリップとか、
 #しっかり密封できて、1本10元(約32円)の優れもの
20151125鶯歌9-3

茶席に使いたいな~と、小さな一輪挿し。
20160102鶯歌お買い物

鶯歌には年に2~3回行くのですが、作家ものを除き
並んでいる商品は8年前からあまり変わらないのに、
お店はそこそこ入れ替わっているんですよね。

次回はどんな発見があるのかしら。今から楽しみです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top
Uzna omom とパンケーキ難民
2016 / 08 / 18 ( Thu )

表参道に本店のあるパンケーキのお店、Uzna omom。
日本には3店舗あるようですが、台湾では既に5店舗がオープン。
台湾あるあるですね。
20160803UzunaOmom01.jpg

この日は東区にある台湾1号店へ。
ローカル感溢れる通りにテラス席が。。。
20160803UzunaOmom02.jpg

一方、店内はかわいらしい雰囲気です。
20160803UzunaOmom03.jpg

平日午後に予約して行きましたが、それほど混んでいませんでした。
20160803UzunaOmom04.jpg

さて、こちらがお目当てのパンケーキメニューです。

スフレタイプと、
20160803UzunaOmom05.jpg

いわゆるパンケーキと2タイプあるようです。
20160803UzunaOmom06.jpg

こちらは材料のうんちくシート。
生クリームは北海道のNakazawa、抹茶は静岡の丸山製茶、
コーヒーはブラジル・エチオピア・コロンビアのブレンド等々とのこと。
一番大切であろう小麦粉と卵がスルーされているあたりが気になります。
20160803UzunaOmom07.jpg

軽い気持ちで抹茶ラテをオーダーしたら、
お抹茶セット一式が来てしまった。
20160803UzunaOmom08.jpg

でも、ご安心を。
自分でもできますが、お願いすれば店員さんが点ててくれます。
20160803UzunaOmom10.jpg

お抹茶にミルクとメープルシロップを加えたら、
20160803UzunaOmom11.jpg

抹茶ラテの出来上がり~。
お抹茶弱めですが、美味しかったです。
20160803UzunaOmom12.jpg

友人も同じく抹茶ラテをオーダーしていたので、店員さん大忙し。
気になって、1日何回くらい点てるのか訊いてみたところ、
「数えたことはないけど、1組に付き1杯以上は必ず抹茶ラテの
オーダーが入るから結構多い」とのこと。
腱鞘炎になったら労災降りるのでしょうか。

さてさて、こちらが表参道仕込み?のパンケーキ。
キャラメルバナナにしてみました。リンゴとアイス付き。
20160803UzunaOmom13.jpg

キャラメリゼされたバナナが大人味で美味しかったです。
パンケーキの生地がもう少し美味しかったら、幸せ倍増かな?

ところで、パンケーキと言えば
大好きな E.A.T. PANCAKE HOUSE がなんと人手不足により
しばらくクローズしている模様。
P_20160813_121231.jpg

こちらのマカダミアパンケーキの大ファンなので、かなり残念!
パンケーキ難民、一日も早い再開を心よりお待ち申し上げております。

◆Uzna omom
住所:台北市大安區忠孝東路四段216巷19弄16號
電話番号:02-2771-2977
営業時間:(日~木)11:00~22:00、(金土)11:00~23:00 



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
くら寿司のシステム化がすごい
2016 / 08 / 11 ( Thu )

日本から来た有名過ぎる回転寿司のチェーン店、くら寿司。
20160803くら寿司02

回転寿司と侮るなかれ、オープン当初はものすごい人気で
「全然予約取れないよ!」と友人達が言うので横目に見ていたのですが、
あれから約1年8ヶ月。
さすがにもう行列はできていないだろうと軽い気持ちで行ってみたところ、
「予約で満席なので本日はもう入れません」とのこと。。。

という訳で日を改めて、とある平日の閉店1時間半程前にすべり込みました。
この日も入店待ちしている人多数。今もこんなに人気とは恐れ入ります。
20160803くら寿司03

なお、予約は専用アプリor店頭(番号札)のみで受け付け。
強気ですねえ。

さて、そんなこんなで人生初・くら寿司に入店。
何年振りの回転寿司かも思い出せませんが、取りあえず興味津々です。

山葵は生山葵(と書いてありました)。素晴らしいですね。
20160803くら寿司03-3

ガリもおかしな味ではありません。
この辺りで「多少待つくらい許せるわ」という気持ちになって来ました。早いか。
20160803くら寿司03-2

お寿司はどうやら補充が全く追いついていないようなので、
20160803くら寿司12

タッチパネルでオーダーします。何だか楽しくなって来ました。
20160803くら寿司13

くら寿司には通常レーンの上にもう1本”高速レーン”的なものがあり、
オーダーから3分もかからずにこちらに乗ってお寿司がピシッと到着。
席数も多いし同時に複数のオーダーが入ると思うのですが、
これ、どうやって制御しているのでしょう?ハイテク~。
20160803くら寿司14

などと物珍しさに周りをキョロキョロしながら、
お寿司をたくさん頂きました。

ホタテ。
20160803くら寿司04

トロサーモン。
20160803くら寿司05

生エビ、マグロ、サーモンで柚子塩トリオ。
20160803くら寿司06

カンパチ、マグロ(食べかけで失礼)。
20160803くら寿司07

イカ、タコ。
20160803くら寿司08

エビ。
20160803くら寿司09

ウニ。
20160803くら寿司10

イクラ。
20160803くら寿司11

お寿司以外で、お味噌汁。
塩辛いお味噌で美味しかったです。
20160803くら寿司15

イカの天ぷら。お塩でさっぱり。
繁体字の「塩」は画数が多いです。
20160803くら寿司16

そして、〆にラーメン。
魚介系のお出汁がしっかり効いた醤油ラーメンでした。
夫が一言「その辺のラーメン屋より美味しい」。確かに。
20160803くら寿司17

そして、こちらが話題の?ビッくらポン。
テーブルにある投入口にお皿を入れると、5枚で1回ゲームができるそうな。
なお、お皿はここから水でキッチンまで運ばれて行くそうです。
同時に皿数もカウントされるので、ダブルでコスト削減。
ガチャガチャの景品のようなものが当たるらしいのですが、
コスト的には確実にそれ以上の価値がありますね。
20160803くら寿司18

と感心していたものの、見事に一度も当たりませんでした。
20160803くら寿司19

ちなみに、お寿司のお値段は一皿40元(約130円)or80元(約260円)。
上の写真ですとホタテが80元、それ以外は全て40元でした。
お会計はトータルで1,000元(約3,200円)弱でしたが、シャリも日本らしくて
お値段を考えると悪くない、というか寧ろ美味しかったです。
台北のきちんとしたお寿司屋さんも素晴らしいのですが、
これはこれで別ジャンルとして満足度高し。

ところで、あまりにシステム化されているのが気になって
ちょっと検索してみたのですが、回転寿司店向けの商品って色々あるんですね。
タッチパネル型セルフオーダーシステムと高速レーンを組み合わせた
ソリューションとか、クラウド利用の販売管理システム、更には
グッドデザイン賞受賞のチェーンレスコンベア(磁石を利用)までありました。
今のコンベアはよくできていて、パターン設定してバイパスさせることができ、
レーンの長さを制御できるのだとか。

おかげ様で良い勉強になりました。
ありがとう、くら寿司。

◆くら寿司 松江南京店
住所:台北市中山區南京東路二段101號
電話番号:02-2568-1519
営業時間:11:00~22:00(無休)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
台湾茶と美味しいお茶菓子
2016 / 08 / 05 ( Fri )

泡茶師を取ったこともあり、最近自宅でよくお茶を楽しむようになりました。
 #茶葉が大量に余っているからでもありますが。。。
20160707朝お茶1

美味しいお茶菓子と一緒だと、お茶もより美味しく感じますね。

という訳で、久し振りにねんりん家のバームクーヘン。
大好物のしっかり芽を頂きました。どうもありがとうございます。
20160402久保田とねんりん家02

ちなみに、久保田の萬壽付き。何ということでしょう。
嬉し過ぎます。非常感謝!
20160402久保田とねんりん家01

台湾の紅茶と一緒に頂きまして、至福のひととき。
青茶(烏龍茶)が有名な台湾ですが、実は紅茶もとても美味しいです。
紅玉(台茶18号)はミントのような香り、
わざと害虫に葉を噛ませて作る蜜香紅茶は甘い香りが特徴です。
20160402久保田とねんりん家03

こちらは豆源。おとぼけ豆と梅落花が特に好きです。
20160516豆源1

和な味わいなので、緑茶と頂いてみました。
碧螺春は中国の太湖周辺が産地のお茶ですが、台湾でも作られています。
爽やかで豆菓子にぴったり。
20160516豆源2

こちらは台湾のお菓子、緑豆黄。
皮を剥いた緑豆をペースト状にし、生クリームとオリーブオイルを加えて
蒸した中華菓子です。しっとりしてほのかに甘く、とても美味しい~。
ちなみに、和生御品(台北市中山區伊通街91號)というお店のものです。
20160707朝お茶2

緑豆黄は烏龍茶と一緒に頂くことが多いです。
優しいお味なので、金木犀で香り付けした桂花金萱など。
20160707朝お茶3

さてさて、こちらはアトリエうかいのクッキー。
マッチョなお方に頂きました。どうもありがとうございます。
(割と昔の写真でごめんなさい)
20160505うかい亭クッキー1

開けてみると、それはそれは美味しそうなクッキーが!
20160505うかい亭クッキー2

それぞれに手が込んでいて、とても美しいです。
20160505うかい亭クッキー4

あまりに美しいので、東方美人を淹れました。
発酵度が比較的高い烏龍茶で、紅茶に近い味わいです。
蜜香紅茶と同じく、虫に噛ませることで甘い香りを出すのが特徴。
20160505うかい亭クッキー3

さすが、アトリエうかい。
とても美味しいクッキーでした!

帰国したら、うかい亭に行きたいな~(ステーキの方)。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
| ホーム |