日月潭、THE LALUからの絶景と難有りなお食事
2016 / 12 / 31 ( Sat )

続きまして、ラルーの素晴らしいところと
ちょっと残念なところをご紹介。

まず前者ですが、何といっても素晴らしいのは眺望です。

こちらは早朝の日月潭。
20161211-13日月潭129

とても静かで、空気もひんやり。
美しい朝です。
20161211-13日月潭127

朝日が昇り、
20161211-13日月潭136

しばらくすると、きれいな青空が見えました。
日月潭の深い緑も美しいです。
20161211-13日月潭137

お部屋のテラスからプール側を眺めたところ。
20161211-13日月潭138

と、テラスで美しい眺めに心を洗われていたのですが、
20161211-13日月潭082

お茶を淹れようと室内に戻ったら、
テラスから「ウギャー」という悲鳴が。。。
20161211-13日月潭140

慌てて戻ったところ、何と夫がぎっくり腰アゲイン。
数年に一度、やってしまうんですよね。
そして、この後がとっても大変でした(以下省略)。

さてさて、一方ラルーのやや残念なポイントですが、
実はお食事が難有りです。

朝食はビュッフェでして、
20161211-13日月潭141

可もなく不可もなくといったところですが、
20161211-13日月潭142

残念だったのはディナー。
20161211-13日月潭106

夜はコース料理で、湖光軒(中華)or東方餐廳(洋食)という
二つのレストランから選びます。

今回は洋食をチョイス。素敵な雰囲気のレストランです。
この日は赤で乾杯~。
20161211-13日月潭110

パンもバターも美味しかったのですが、
20161211-13日月潭111

その後のお料理は。。。

アボカドのタルタル、エビフライのせ。
20161211-13日月潭112

メキシコ風ビーフスープ。
(チリコンカンに角切り牛肉をゴロゴロ入れたもの)
20161211-13日月潭114

クリームチーズペンネ、ホタテとトリュフ添え。
20161211-13日月潭115

ブルーベリーとバナナのソルベ。
20161211-13日月潭116

メインはプライムビーフのリブアイステーキです。
20161211-13日月潭117

手前にある、温められたプレートに移して頂くようなのですが、
20161211-13日月潭118

肝心なステーキが冷めきっており、プレートにのせても
温まりません(当然ですね)。
ウェイターさんにその旨伝えたところ、もう一度ご用意します
とのこと。

二度目に出て来たステーキは、温度はやや上がっていたものの
(常温くらい)、ウェルダン(オーダーはミディアムレア)。
ウェイターさんがもう一度用意すると言うので三度目の正直を
期待しましたが、またまた冷めきったミディアムレアのお肉が
登場しました。

コントか何かですか?

冷めたステーキほど不味いものはないと思っているので
メインを下げて頂いたところ、お詫びのフルーツが。
こちらは正しく冷え冷えでした。
20161211-13日月潭119

チョコレートケーキ。
3日前から冷蔵庫でスタンバイしていたのかしらという食感です。
でも、温かいコーヒーに心まで温まりました。コーヒーに感謝。
20161211-13日月潭120

という訳で、パンとバターの美味しさが際立ったラルーのディナー。
今すぐシェフを替えるべきだと思いました。

台湾にはこういった意味の分からない多国籍料理の高級レストランが
数多くありますが、頼んでもいないのにそこに創作要素を加えてしまうので、
アウトプットがしっちゃかめっちゃかになっている気がします。
シンプルでオーセンティックなお料理を頂きたいだけなのですが。
20161211-13日月潭121

などとブツブツ言いながらお部屋に戻ったら、
ターンダウンの紅茶クッキーがとても美味しくて
一瞬で機嫌が直りました。はい、単純です。
20161211-13日月潭122

そういえば、夜中にホテルの案内ファイルを見ていたら、
またまたおかしな記述が。

水を得た魚!素晴らしい表現です。
このホテルの底力を見せつけられた気がしました。
20161211-13日月潭123

土地の広さというよりは容積率の問題のような気もしますが、
アピール感がすごい。
しかもホテルの名前まで間違っているし、色々と気になります。
20161211-13日月潭124

こちらはおかしくありませんが、霧社事件の説明も。
日月潭から霧社までは直線距離で50kmほど。
映画「セデックバレ」、無駄に長いけれど見応えがありました。
20161211-13日月潭125

さて、日月潭のラルー。

以前はアマングループ(というかGHM)だったけれど
メンテナンスが悪くて外された、と聞いたことがあります。
嘘か本当か分かりませんが、確かに客室の水回りなどは
(もちろん汚くはありませんが)多少古さが気になるところも。

しかし、お食事を除いては、重厚感のある素敵な建物に、
広々としたお部屋、そして何といっても日月潭を一望できる
素晴らしい眺望など、このエリアの他のホテルとは完全に
差別化できているように思いました。
スタッフも皆さん感じが良く、
日本人には必ず日本語で挨拶してくれます。
サービス業の方の記憶力は素晴らしいですね。

個人的には、シェフが替わったら再訪したいホテルです。

◆涵碧樓(THE LALU)
住所:南投縣魚池郷水社村中興路142號
電話番号:049-285-5311



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | page top
日月潭といえばTHE LALU、Kerry Hill氏設計のレイクリゾート
2016 / 12 / 30 ( Fri )

冬の日月潭旅行、2泊目のホテルはこちらのラルーです。
e23f82105e83316d0734bec806269403.jpg
 #オフィシャルサイトより

以前から泊まってみたかったラルー。
ホテルというよりは、この土地にちょっとした歴史があります。

1916年、最初にこの地に別荘を建てたのはある日本人でした。
その後、台湾総督府の宿泊所となり、第二次大戦後には
蒋介石の行館(別荘&接待所)のひとつとなります。
そして1998年にこの建物が売りに出され、買い取った台湾企業が
4年の歳月と18.6億台湾ドルをかけて現在の形にリノベーションし、
2002年にラルーとしてオープン。

設計はアマンリゾートを数多く手掛けるKerry Hill氏。
6階建てだった旧建物の梁と柱と床のみ残り、
シンプルですが独特な風格のあるホテルに生まれ変わりました。

エントランスからして、
the-lalu-sun-moon-lake.jpg
 #オフィシャルサイトより

落ち着いた雰囲気で、
zSdJkN.jpg
 #オフィシャルサイトより

とっても素敵。
20161211-13日月潭067

鳥さんもお出迎え。
20161211-13日月潭068

到着後はこちらのラウンジで、
20161211-13日月潭070

チェックインを。
20161211-13日月潭072

館内もこれまた、
20161211-13日月潭073

そこかしこが美しいです。
20161211-13日月潭074

さて、お部屋です。
ラルーの客室はスイートorヴィラのみ。
東南アジアのビーチリゾートみたいですね。

こちらは Lakeview Suites というカテゴリです。

広々としたリビングに、
20161211-13日月潭075

寝室にはキングサイズベッド。
20161211-13日月潭078

ダブルボウルの洗面台に、
20161211-13日月潭080

バスタブも大き目サイズです。
20161211-13日月潭081

テラスも広く取ってあり、
20161211-13日月潭083

ベッドもあります。
こちらで語らうのも良いな~と思っていたら、
夕方以降は蚊が出るのでご注意を、とのこと。さすがは水辺。
20161211-13日月潭082

素敵なデザインですが、非常に重たいティーセットや、
20161211-13日月潭084

前衛的な様子で置いてあるウェルカムフルーツ。
しかも、台湾らしく梨が二つ。どどーん。
20161211-13日月潭085-2

続きまして、館内を散策してみます。

こちらはプール。
20161211-13日月潭154

北半球の12月とは思えない、トロピカルな雰囲気です。
20161211-13日月潭155

冬の間は温水になるそうですが、
少し肌寒かったので利用しませんでした。
時間があったらこちらで読書でもしたかったな~。
20161211-13日月潭157

湖インフィニティです。きれい!
20161211-13日月潭160

こちらは、ラウンジ奥にある屋外のスペース。
ラルーは日月潭のベスポジにありますので、
湖を一望できます。
20161211-13日月潭144

ちなみに、ホテル名の由来となったのが中央にあるラルー島。
日月潭はこの小島を境に、東側は円形なので「日潭」、
西側は三日月形なので「月潭」と呼ばれています。
20161211-13日月潭146

「ラルー(拉魯)」は先住民であるサオ族の言葉で、
「祖先の霊が眠る場所」という意味なのだとか。
元々ラルー島と呼ばれていたものが、日本時代は玉島、
第二次大戦後は光華島と呼称が変わり、1999年の921大地震の後、
再び南投県がラルー島という呼び名に戻したそうです。
 #神聖な場所とされ、現在は関係者を除き立ち入り禁止

さて、こちらはライブラリー。
20161211-13日月潭104

暖炉もありまして、暖かい雰囲気です。
映画のDVDも沢山あるので、お部屋で夜更かしするのに最適ですね。
20161211-13日月潭105

続きまして、ホテル裏手から湖畔の遊歩道へ。
20161211-13日月潭091

引きで見ると、
20161211-13日月潭092

要塞のような外観ですね。
20161211-13日月潭093

こちらが遊歩道。
側壁にしっとりとツタが絡まっており、時の流れを感じます。
20161211-13日月潭095

テケテケ歩いて行くと、ボートを発見。
20161211-13日月潭096

蒋介石が使用していたボートだそうです。
しかも、レプリカかと思ったら本物でした。
20161211-13日月潭097

こちらの小さな建物は、
20161211-13日月潭098

憲兵の詰所だったそうです。
20161211-13日月潭099

こちらは船着き場。
20161211-13日月潭100

ここから湖に出て、宋美齢さんとどんなお話をしていたのでしょう。
そろそろ圓山飯店の紅豆鬆糕が食べたいわ、とか言われてたのかしら。

ラルーのエントリ、もう一件続きます。

◆涵碧樓(THE LALU)
住所:南投縣魚池郷水社村中興路142號
電話番号:049-285-5311



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | page top
冬の日月潭、温泉でのんびり(雲品温泉酒店)
2016 / 12 / 30 ( Fri )

夫が何やらバタバタしており、今月やっと取れた夏休み。
政権が替わって観光客が減っているらしいと聞きつけ、
台湾中部にある日月潭というレイクリゾート(もといダム湖)へ
行って来ました。

まずは台北から新幹線で台中へ。所要約1時間です。
20161211-13日月潭001

今回はグリーン車に乗ってみました。
コーヒーやお菓子も付いていて快適~。
20161211-13日月潭002

台中からはバスで1時間強。
冬の日月潭に到着です。

こちらが1泊目にお世話になる雲品温泉酒店。
theme1.jpg
 #オフィシャルサイトより

君品酒店系列のホテルで、日月潭の畔にあります。
20161211-13日月潭002-2

お部屋は Twin Deluxe Lake View。
20161211-13日月潭003

こちらのホテル、温泉や温水プールがありますが、
お部屋のお風呂も温泉だそう。
20161211-13日月潭012

他に資生堂QiSpaもあります。
20161211-13日月潭009

という訳で、せっかくなので早速大浴場へ。
露天”風”風呂で暖まった後はやっぱりビール!
最高ですね。
20161211-13日月潭014

そしてテラスで、
20161211-13日月潭007

夕陽と日月潭を眺めてのんびり。
20161211-13日月潭014-2

ところで、ビールを頼もうとしたら
ルームサービスのメニューに気になる記述が。
正直でよろしいですね。
20161211-13日月潭014-3

さて、ディナーのお時間です。
ビュッフェかコース料理の二択ですが、今回はビュッフェを。

シャブリを持ち込みまして、
 #ホテルなのに開瓶費がリーズナブルで300元でした
20161211-13日月潭015

ワインのお供や、
20161211-13日月潭016

シーフード色々。
20161211-13日月潭018

君品酒店のビュッフェには劣りますが、
20161211-13日月潭017

ステーキはこちらの方が美味しかったです。
20161211-13日月潭020

また、軽い気持ちでスープをお願いしたら、
本格的な薬膳スープで美味でした。
20161211-13日月潭025

君品系列なのでデザートも凝ってますね。
20161211-13日月潭027

よく飲みよく眠り、翌朝の日月潭。
20161211-13日月潭031

日月潭紅茶を飲みながら、
20161211-13日月潭031-4

テラスで絶景を眺めます。
20161211-13日月潭031-3

しばらくすると、雲ひとつない青空が。
気持ちの良い朝ですね。
20161211-13日月潭031-2

さて、朝食です。

朝もビュッフェですが、巨大な器にたっぷり入ったとろろを発見。
この辺り、山芋が採れたりするのでしょうか。
20161211-13日月潭033

旅行中、朝は洋食の方が好みなのですが、
とろろのおかげでうっかり和食を。やっぱり日本人ですね。
20161211-13日月潭034

奥にあるのがとろろ、手前は温泉卵です。
20161211-13日月潭035

サラダもしっかり頂きまして、
20161211-13日月潭036

ハチミツがあったので、
20161211-13日月潭038

デザートはフレンチトーストを。
20161211-13日月潭038-2

ごちそう様でした。

さて、雲品温泉酒店。
コンセプトとしてはファミリー向け大型ホテルなので、
ちょっと落ち着かない部分もありますが、
温泉があり、お食事もなかなか美味しく
快適なステイでした。

2泊目のホテルへ続きます。

◆雲品温泉酒店(Fleur de Chine Hotel)
住所:南投縣魚池郷日月潭中正路23號
電話番号:049-285-6788



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | page top
年末にかなりの衝撃、Sadaharu AOKI 閉店へ
2016 / 12 / 29 ( Thu )

本日お昼頃、ニュースを見ていたら
「サダハルアオキが12月31日で閉店」との速報テロップが。。。

まさか!
しばらく一時帰国の予定がないというのに、
何と残酷なニュースなのでしょうか。
わたくし、アオキのミルフィーユの一段目をこよなく愛しているのです。
20140901サダハルアオキ2

ショックでよろめきながらも、何とかリージェントに到着。
P_20161229_152743.jpg

ショッピングモールのB2Fにある店舗へ向かいます。
P_20161229_152857.jpg

クリスマス気分も一瞬で吹き飛ばす、切ないニュース。
P_20161229_154054.jpg

これからコメントでも出されるのか、お店の前には
大勢のマスコミの皆さんが。
P_20161229_153459.jpg

お店の中にもカメラがたくさん~。
P_20161229_153427.jpg

ショーケースにケーキがなかったので聞いてみたら、
本日分は全て売り切れてしまったそう。
では31日のケーキを予約したいと言ったところ、その日は
最終営業日なのでケーキを販売するかどうか未定なのだとか。

何てこった~と思いつつ、明日30日のケーキを予約して来ました。
ミルフィーユとヴァランシアなり。
P_20161229_174624.jpg

なお、閉店後も焼菓子などはオンラインショップで購入できるそうです。
P_20161229_153339.jpg

先日のトランスアジア解散も直前のアナウンスでしたが、
サダハルアオキまで閉店二日前の通知とは。
こちらでの報道を見てみると、経緯がなかなか不可解です。

名店青木定治年底裁員 遭爆惡意不給資遣費
【蘋果日報】2016年12月29日11:59配信

青木定治遭爆年底歇業?赫士盟:因租約到期
【蘋果日報】2016年12月29日17:15配信

サダハルアオキは昨年、高級デパートBellaVitaにあった店舗を
クローズしましたが、その際に元従業員に解雇手当を支払わず、
労工局にペナルティを課されてやっと解雇手当を支払ったとか、
はたまた南港にある工場が実は登記されていないとか。

今回の件も「店舗の賃貸借契約の期間満了」を理由にしていますが、
従業員にさえ事前に通知していなかったそうです。おかしいですよね。
(この辺りもトランスアジアのよう)
運営会社側は別の場所で再度オープンする予定だと
コメントしていますが、BellaVita店の閉店時も微風信義に
移転すると言って結局しなかったので、今回も期待できないような。
 #ちなみに、台湾では同じ会社が Ruth's Chris も運営しているそうで、
  こちらも少し心配です。。。

青木さん、代理店を替えて再度台湾に出店してくれないかしら。
ミルフィーユがね、ものすごく大好きなんです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | page top
来年までしばしお別れ、上海蟹の食べ納め
2016 / 12 / 14 ( Wed )

週末、いつもの濱江市場へ。

まずは場外でお魚を見まして、
20160925上海蟹メス0-07

続いて、場内(台北市第二果菜批發市場)でお野菜とフルーツを。
20160925上海蟹メス0-08

卸売市場だけあり、面白いお店が色々あります。

トマトの専門店や、
20160925上海蟹メス0-18

こちらは柑橘類のお店。
レモンにライムにカラマンシーなど。
20160925上海蟹メス0-16

何やらかわいく見えてしまう根菜類のお店も。
20160925上海蟹メス0-17

薬味の専門店ではいつもニンニクと生姜を購入。
ひとかけずつ買える立派なニンニク、
ずっと台湾産だと思い込んでいたら実はスペイン産でした。
20160925上海蟹メス0-11

さて、市場で調達した食材で晩ご飯です。

おしゃれなドレッシングセットを頂いたので、
20161204上海蟹食べ納め01

クレソンサラダ!
市場で初めてクレソンを見かけたのですが、
冬のお野菜なのでしょうか。
ちなみに、たっぷり一束で驚きの30元(約110円)でした。
こちらでは激安な空芯菜あたりと同じ扱いです。。。
20161204上海蟹食べ納め02

こちらは厚揚げと大根の葉をお出汁で炊いたもの。
京都のおばんざい風?
20161204上海蟹食べ納め03

シーフードは、イカのお刺身に、
20161204上海蟹食べ納め04

ひいらぎの煮付け。
20161204上海蟹食べ納め05

そして、本日のメインです。
上海蟹(大閘蟹)のオス~。
20161204上海蟹食べ納め06

もうシーズンも終わるので、恐らく食べ納めですね。
こちらも濱江市場の場外で購入。1杯250元(約900円)でした。

上海蟹にはやっぱり紹興酒。
20161204上海蟹食べ納め10

来年のこの時期は台湾にいるのか分からないので、より一層
上海蟹が愛おしく思えます。
20161204上海蟹食べ納め07

そして、やっぱり白子が抜群に美味しい。
20161204上海蟹食べ納め08

身もとっても甘くて美味でございました。
こちらは蟹出汁のお味噌汁。たまりません。
20161204上海蟹食べ納め11

夫よ、いつも食材の吟味&お料理を担当してくれて
どうもありがとうございます。
来年は上海蟹、食べられるのかしら。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】夫の市場ごはん | page top
スーパーでの密かな楽しみ
2016 / 12 / 09 ( Fri )

民族東路にある上引水産。
20140705上引水産&市場01

なんちゃって高級和食レストランを運営する三井餐飲事業集團が
手掛けるスーパー&レストランです。
 #日本の三井グループとは関係ありません
20140705上引水産&市場03

三井のレストランは全く好きになれないのですが、
スーパーには大変お世話になっており、
20140705上引水産&市場02

お刺身を買ったり(お寿司の写真しかなかった。。。)、
20140705上引水産&市場08

日本酒やワインを買ったり。
20140705上引水産&市場10

充実のシーフードコーナー以外にも、アメリカ牛のステーキが
デパ地下よりもお得だったり、お惣菜も色々と並んでいます。

で、奥の方に行きますとお野菜売り場があるのですが、
なんちゃってとは言え、そこは和食レストランを手掛ける三井。

阿里山産の茗荷や、
20161122上引水産ワインバー05

栽培が危機的状況に陥っている阿里山ワサビも。
20161122上引水産ワインバー06

こういった食材があると日本人としてはとても助かります。

そして、個人的にこれまた助かっているのがこちら。
お野菜売り場の向かいにあるワインバーです。
20161122上引水産ワインバー01

お寿司コーナーはスタンディングですが、
こちらは椅子があります。一息つけて嬉しい~。
20161122上引水産ワインバー02

ワインのお供にはチーズプレートが。
ワイン2杯+チーズのセットなどもありますので、
友達と来ても良いですね。
20161122上引水産ワインバー03

最近はグッと涼しくなりましたが、真夏の猛暑の中、
スーパーに着いたら一杯飲めるなんてかなり幸せ。
ハウスワインはお味はそれなりですが、
とっても素敵な華奢なグラスで出してくれるのが嬉しいです。
20161122上引水産ワインバー04

夫に「今からスーパー行って来るよ。お夕飯何が良い?」などと
LINEして、一人でこっそり一杯だけワインを頂く背徳感(大げさ?)。

平日昼下がりの、ちょっとした楽しみです。

◆Wine Bar 小引吧
住所:台北市民族東路410巷2弄18號(上引水産1F)
電話番号:02-2508-1268(上引水産)
営業時間:6:00~24:00(無休)
 ※上引水産の営業時間です。ワインバーは10:00~。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】台北ひとり飲み | page top
LV級菓子パン、香港名物・菠蘿油を台北でも(好好味)
2016 / 12 / 08 ( Thu )

香港名物の菠蘿油。
菠蘿包(パイナップルパン=ほぼほぼ日本のメロンパン)に
厚切りバターを大胆に挟んだ、B級おやつです。

これをお目当てに、先日香港でとある冰廳へ。
20161027-28香港4

■金華冰廳(旺角太子弼街47號地下)

こちらが噂の菠蘿油。
アンカーのようなお味のバターだな~と思っていたら、
お皿がアンカーのものでした。妙に親しみを感じます。
20161027-28香港5

ちなみに、香港ではお約束の相席でした。
しかも、ボックス席で相席って。。。近過ぎる!笑
20161027-28香港6

さて、台湾に戻りまして
こちらは忠孝復興にある白そごうの裏辺り。

師大夜市で大人気らしい菠蘿油のお店の支店があります。
その名も「好好味」。シンプルで良いですね。
20161204好好味1

メニューはこちら。
シンプルな菠蘿油は3種類ありまして、
中のバターをアンカー・プレジデント・エシレから選べます。
「LV頂級」がエシレですが、菓子パンなのに素敵なネーミング。
20161204好好味2

香港と同じく、デフォルトがアンカー。
その他はうんちくパネルで紹介されていました。
20161204好好味3

この日はアンカーとエシレをオーダー。
ドリンクは香港式レモンティー(甘さ控え目でレモンたっぷり)と
香港式コーヒー(定義不明)です。
20161204好好味4

こちらはアンカーの菠蘿油。
20161204好好味5

パンの中にはたっぷりバターが。
20161204好好味6

がぶりと頂いてみると、温かいパイナップルパンと
冷たいバターの組み合わせが面白く、
何とも甘じょっぱいお味がクセになりそうな美味しさです。

ちなみに、LV頂級なるエシレは何と無塩の方でした。
エシレはバゲットにつけるなら無塩が好きなのですが、
菠蘿油は甘じょっぱさが肝だと思うので有塩が合うような。

わたくし、普段外食する時はmyお塩を持ち歩いているのですが、
この日は油断しておりました。不覚。。。
20160502マイ塩3

さて、菠蘿油。
とてつもなくカロリーが高そうですが、ちょっとお気に入りです。
そごうに来たらついつい寄ってしまいそう。

そして、とっても甘いので
しょっぱい物が食べたくなってしまい阿宗麺線へ。
20161204好好味7→阿宗麺線

パクチー多め、ニンニク&辣醤アドオンでこれまた美味。
菠蘿油からは徒歩5分程ですので、
ついつい立ち寄ってしまう罪なロケーションです。

台湾はおやつがバラエティ豊かで良いですね。

◆好好味(忠孝店)
住所:台北市復興南路一段107巷19號
電話番号:02-2775-5508
営業時間:12:00~21:00(無休)
 #店内では食べられません。店先にテーブルと椅子が数個あります。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
台湾産ワサビ存続ピンチ 林野当局、「治山」で先住民栽培地に退去要求(2016/12/4 産経新聞)
2016 / 12 / 07 ( Wed )

香りが良くて高品質な阿里山ワサビ。
日本でも築地の場外で見かけたりしますが、
およそ100年前から続く阿里山でのワサビ栽培が
危機的状況に陥っているそうです。

台湾産ワサビ存続ピンチ 林野当局、「治山」で先住民栽培地に退去要求
2016年12月4日付 産経新聞

わずか50ヘクタールのワサビ畑がどれほど治山に影響するのか
分かりませんが、そもそも先住民が使用していた土地が
後から国有林として指定された訳ですよね。
台湾には16もの先住民族がいるので本件のようなケースは
他にも沢山ありそうですが、財産権に直接関わる問題については
行政側はより柔軟に対応できないものかと思ってしまいます。
 #日本人の私が言うのもなんですが、蔡英文も8月、
  先住民に公式に謝罪したことですし。

という訳で、阿里山。
このような風光明媚なところです。
20161125阿里山わさび01

一面に茶畑が広がっています。
こちらは標高1,500メートル程の場所だったような。
20161125阿里山わさび02

嘉義にありますので、麓では美味しい火鶏肉飯(七面鳥)が
食べられます。
20161125阿里山わさび08

そして、もちろん阿里山ワサビを購入~。
20161125阿里山わさび09

3本買ったら、おばちゃまが1本おまけしてくれました。謝謝!
ちなみに、台北の1/3位のお値段でした。
20161125阿里山わさび10

サイズも立派です。
20161125阿里山わさび11

お刺身はもちろんのこと、
20161125阿里山わさび12

鶏にも、
20161125阿里山わさび17

豚にも、とっても合います。ワサビ醤油最強。
デパ地下で買うよりも鮮度が良いので、より美味です。
20161125阿里山わさび14

そして、こちら。
何だかお分かりになりますか?
20161125阿里山わさび15

孤独のグルメで定着したらしい、おかか&ワサビご飯。
去年でしたでしょうか、月見ル君想フさんで頂いて
大好きになってしまった一品?です(期間限定メニューでした)。
20161125阿里山わさび16

つや姫、丸島醤油、築地松村の鰹節に阿里山ワサビ。
もうね、たまらなく美味な”ねこまんま”でございます。
なお、ワサビは全体にまぶすよりもアドオンした方が好みでした。

さて、そんな阿里山ワサビですが、実は台北でも
不定期ながら直接生産者の方から購入できる場所があります。

それは、土日のみオープンする希望市場(希望廣場農民市集)。
20160306希望市場01

住所:林森北路×北平東路交差点付近(MRT善道寺駅より徒歩10分程)
営業時間:(土曜)10:00~19:00、(日曜)10:00~18:00
http://www.ehope.org.tw

阿里山から月に2回程度、ワサビの販売にいらしているそうです。
20160925希望広場2

不定期なのが切ないところなのですが、
お見かけしたら即買いをオススメしたい阿里山ワサビ。

話は戻りますが、行政には是非とも柔軟な対応を期待したいところです。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | page top
がんばれ、旬採
2016 / 12 / 03 ( Sat )

お寿司を頂きに旬採さんへ。
前回伺ったのは半年程前でしたでしょうか。
20161029旬採01

杉のカウンターが美しい、完全に日本な店内です。
20141225124613_a6da680bcb675843419f2ba88a7ab7b8.jpg
 #オフィシャルサイトより

オリオンビールで乾杯しまして、
20161029旬採02

先付は、しめじと山芋の梅酢和え。
20161029旬採03

お造りはヒラメから。
20161029旬採04

海老のお造り。ミソが美味です。
20161029旬採05

久し振りに飲むエビス。
20161029旬採06

これまた久し振りの子持ち昆布。台北で頂くのは初めてかも?
日本のビールに合いますね。
20161029旬採07

アイナメにとろろ昆布をのせたもの。
昆布〆風で美味しかったです。
20161029旬採08

日本産の立派な牡蠣。
が、あろうことか熟成に失敗していたので下げて頂きました。
大好物なので切なさ倍増。
20161029旬採09

お造りが続きます。
気を取り直して、サワラ。
20161029旬採10

マグロの漬け。1枚ずつ山葵と生姜で。
20161029旬採11

カツオのたたき。
20161029旬採12

ゲソの天ぷら。
20161029旬採13

お寿司が始まります。

カワハギ。肝が美味。
20161029旬採14

(確か)カンパチ。
20161029旬採15

サンマ。
20161029旬採16

トロ。
薄く切って2枚重ねにしてあります。仕事が素晴らしい~。
脂が上品でとても美味しかったです。
20161029旬採17

メニューに甲州ワインの白があったのでオーダーしてみました。
オーナーさんが日本に行った時にとても気に入り、
自ら購入して来たそうです。
20161029旬採18

頂いてみたら、いかにも甲州ワインらしく
軽くてジュースのようでした(けなしている訳ではない)。

タコの煮付け。
柔らかくて美味しかったです。
20161029旬採19

ウニ。やっぱり日本のウニは格別ですね。
20161029旬採20

きびなご。横向きに握っても美しい~。
20161029旬採21

ここに来てなぜか、サワラの塩焼きが登場。
20161029旬採22

パッションフルーツとグリーンマンゴーの箸休め。
20161029旬採23

白子の天ぷら。
20161029旬採24

マグロ骨身の煮付け。
20161029旬採25

玉子焼き。
伊達巻に近い食感です。
20161029旬採26

お味噌汁。
20161029旬採27

どどーんとやって来たデザート。
右上は桑の実のシャーベットです。
20161029旬採28

さて、旬採さん。
前回伺った際は正統派というかきちんとしたお寿司屋さんという
印象だったのですが、今回でかなりイメージが変わってしまいました。

ほぼ全てのネタを日本から空輸していることをウリにしていますが、
鮮度の管理ができないようなら台湾産を上手に使った方がベターです。
また、上記の通りお料理の出てくる順番がしっちゃかめっちゃかで、
基本くらいは押さえてほしいな、と。料理長でも替わったのかしら。

台北に日本料理店は数あれど好印象のお店は少ないので、
どうにか以前のレベルに戻ってもらいたいものです。

がんばれ、旬採。

◆旬採
住所:台北市中山區中山北路二段50巷3號
電話番号:02-2521-9679
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30(日曜定休)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top
| ホーム |