台北でもフワフワあなご箱めし(日本橋 玉ゐ)
2017 / 07 / 24 ( Mon )

今年初めにオープンした、あなご専門店の日本橋 玉ゐ。
シャーウッドホテルのすぐ裏手にあります。
20170505玉ゐ1

まずはビールをお願いして、
20170505玉ゐ2

そう言えばしばらく食べていなかったもろきゅうと、
20170505玉ゐ3

う巻きならぬあなご巻きで、一杯頂きます。
20170505玉ゐ4

さて、こちらのお店は名物は「あなご箱めし」。
うな重のあなごバージョンです。

サイズは小・中とありまして、
中なら煮上げと焼上げのハーフ&ハーフもできるそう。
という訳で、迷わずあなご箱めしの中をオーダー。

箱めしに付く、サラダです。
結構しっかりサイズでして、ドレッシングも美味。
20170505玉ゐ5

はい、こちらが箱めしです。
薬味は白胡麻、ワサビ、ネギに加えて、柚子皮もあるのが嬉しい~。
20170505玉ゐ6

もうね、見るからに美味しそうです。
手前が焼上げ、奥が煮上げなり。
20170505玉ゐ7

頂いてみると、見た目通りでやっぱり美味しい。
焼上げが好みかな?と思っていましたが、
どちらも甲乙つけがたいです。
もちろん、うなぎよりはあっさりしていますが、
ふんわりした身に甘めのタレが絡んで美味しい~。

ちなみに、薬味は一通り試しましたが、
やっぱり山椒が一番好みかも。

箱めしには食後のフルーツも。
20170505玉ゐ8

うなぎも大好きですが、あなごも上品であっさりして美味しいですね。
また来ようっと。

ここ数年、台北には次から次へと日本からレストランが進出し、
こうやって気軽に日本の味が楽しめるのがありがたいです。

◆日本橋 玉ゐ
住所:台北市松山區復興北路313巷23號
電話番号:02-2719-6660
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00(無休)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
最近美味しい、赤いフルーツ
2017 / 07 / 19 ( Wed )

いよいよ、夏本番の台北。
毎日暑くてたまりませんが、フルーツの美味しい季節です。

今年は豊作らしい、マンゴー。
日曜日の午後に冰讃に行ったら大行列でびっくり!
20170716冰讃

暑い中20分ほど並びましたが、やっぱり安定の美味しさでした。
ちなみに、近所のスーパーで100円ほどで買うマンゴーも
とっても甘いです。

さて、マンゴー以外でよく食べているフルーツも色々。
なぜか全て赤いフルーツです。

こちらは輸入物ですが、アメリカンチェリー。
台湾では年に二回、アメリカ産やチリ産が出回ります。
20170702アメリカンチェリー

こちらはドラゴンフルーツ。サボテン科です。
20170627ドラゴンフルーツ1

白肉と紅肉がありますが、甘いのでいつも紅をチョイス。
紅で美味しいものは結構糖度が高い気がします。
20170627ドラゴンフルーツ2

ある日の朝食にドラゴンフルーツ。
台湾らしい?
20161016ドラゴンフルーツ

続きまして、ライチ。

台湾の三大品種は玉荷包、黒葉、糯米だと思いますが、
こちらは「妃子笑」というライチです。甘~い薄味。
20170718妃子笑

こちらは「大丁香」という比較的新しい品種。
20170709大丁香1

玉荷包を更にゴツゴツさせたようなライチです。
20170709大丁香2

甘みも酸味もあるのですが、やっぱり薄味。香りも弱いです。
個人的には、やっぱり玉荷包が好みかな~。

ちなみに、大丁香は玉荷包と同じくらい実が大ぶりです。
大きさを愛ちゃん卓球ボールと比べていたら。。。
20170709大丁香5

後方にライチを熱く見つめるお犬様が一人。
20170709大丁香4

お犬様はそもそも薄味に慣れていますものね。
ほんの少し食べさせたら、大喜びのペコ田さんでした。

フルーツ盛り沢山な台湾の夏、犬にとっても良い季節ですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(2) | page top
ペコ田さん、初めての靴下
2017 / 07 / 15 ( Sat )

台湾でもポチたまを見て大興奮する、ペコ田さん。
まさはる君が大好きです。
20161012まさはるくん

いつも元気に過ごしている(と飼い主は思っている)のですが、
ある日、後ろ足の肉球の間(皮膚の部分)にできものを発見。
小さいのですが、赤くなって腫れていたので、
いつもお世話になっているマダガスカル動物病院へ~。

孫先生曰く、根っこが細くなっているタイプ(野柳の
クレオパトラ的なこと)なので、そこを手術用の糸でぐるっと囲み
引っ張って切除しましょう、とのこと。
pic_2890_4.jpg
 #台湾観光局webサイトより

一瞬で終わるしメス要らずで良かったね、と思いましたが、
状況を理解できないペコ田さんは診察台でひたすらガクガクブルブル。
日本語ができなくてかわいそうだな~、ペコ田。

という訳で、処置後。
一瞬痛かったはずですが、妙に嬉しそうです。
P_20170614_160306.jpg

患部は迷彩柄のおしゃれ包帯でぐるぐる巻きに。
P_20170614_160341.jpg

その後自宅に戻りましたが、歩きにくいのか
スネて寝てしまったペコ田さん。
それにしても太ったな~。ペコ田、何食べてるの?
20170615ペコ田足にできもの1

あまりに不機嫌なので、雷とスコールの中、
お犬様のためにワンワン靴下を購入して参りました。苦行か。
20170615ペコ田足にできもの2

石の床でも安心、滑り止め付きです。しかも肉球マーク。
20170615ペコ田足にできもの3

包帯を外して、ガーゼ+靴下に替えてみます。
よくできてるわ~と思いつつ、履かせてみたら
何だか変。
20170615ペコ田足にできもの4

生まれて初めて靴下を履いた犬。
でも、なぜか笑いがこみ上げてくる。ごめんね、ペコ田。
20170615ペコ田足にできもの5

包帯ぐるぐる巻きよりは過ごしやすいようですが、
やっぱり動きの鈍いペコ田さん。
20170615ペコ田足にできもの6

結局、またまたソファーでふて寝。
テレビを見ながら何を思っているのか。
20170615ペコ田足にできもの8

またバイ菌が入ったら困るから、治るまでしばし我慢ね。
(↓ガーゼ取り替え時、薬を塗られるペコ田さん)
20170615ペコ田足にできもの9-3

先生からは1週間程度で傷が塞がると聞いていたのですが、
処置した翌日には既にほぼ治っていました。

ペコ田の回復力にびっくり。
X-MENとかマトリックス並みですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】ペコ田さん | コメント(0) | page top
京鼎小館でナツメ餡たっぷりデザート小籠包
2017 / 07 / 07 ( Fri )

鼎泰豊より美味しい小籠包を探す旅、第七弾。

今回は、在台日本人にも定評のある京鼎小館へ。
マンダリンオリエンタルの近くにあります。
20170626京鼎小館1

鼎泰豊で修業した三兄弟が独立して開いたお店で、
長春路にある京鼎樓の”本店”に当たるお店です。
行ったことないのですが、京鼎樓って東京にもありますよね。

オーダー表はこちら。
嬉しいのはセイロ系がハーフでもオーダーできるところでして、
「0.5」とか「半」と記入すればOKです。
20170626京鼎小館2

炒空芯菜(空芯菜のニンニク炒め)。
20170626京鼎小館3

元盅土鶏湯(鶏スープ)。
こちらの鶏スープはかなり濃厚で、鶏スープが苦手な私でも
美味しく頂けました(鼎泰豊より好みです)。
20170626京鼎小館4

蝦仁蛋炒飯(エビ炒飯)。
MSG強めで、パラパラというよりはボソボソな食感です。
インディカ米で炒飯を作ったらこんな風に仕上がりそう。
20170626京鼎小館5

そして、お目当ての小籠包。
20170626京鼎小館6

スープたっぷり、美味しそう~。
20170626京鼎小館7

比較的こってりとした肉餡です。
鼎泰豊と違い、熱々で出てくるのでとっても美味。
20170626京鼎小館8

蝦仁絲瓜小包(エビとヘチマの小籠包)ハーフ。
ヘチマの甘さが前面に出ており、エビをほとんど感じません。
恐るべし、台湾のヘチマ。
20170626京鼎小館9

菜肉蒸餃(野菜とひき肉の蒸し餃子)ハーフ。
大好きなモソモソ系蒸し餃子。餡はやや柔らかめです。
20170626京鼎小館9-2

棗泥小包(ナツメ餡の小籠包)ハーフ。
20170626京鼎小館9-3

爽やかなナツメ餡がたっぷりつまったデザート小籠包です。
かなり甘いのですが、モチモチした食感がやみつきに。
これは個人的に次回からマストだわ。
 #ちなみに、こちらは鼎泰豊のメニューにはなかった気がします

さて、京鼎小館。
定番の小籠包ももちろん美味しいのですが、
棗泥小包の美味しさに心を奪われました。

そう言えば、鼎泰豊のチョコレート小籠包を
最近初めて食べたのですが、チョコが少しビターで
あちらもとても美味しかったです。

実は必食なデザート小籠包?
見かけたらトライしてみようっと。

◆京鼎小館
住所:台北市敦化北路155巷13號
電話番号:02-2546-7711
営業時間:(月~金)10:30~14:00、17:00~21:00、
     (土日祝)9:30~14:30、17:00~21:00



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
2017年東京都議選デッドヒート
2017 / 07 / 04 ( Tue )

選挙って怖いですね。

今回の東京都議選、都民ファーストから出馬したら
うちの犬でも当選していたかも。
20170407ペコ田2

それにしても、自民23、公明23とまさかの同数。
秋元康の新しいグループみたいですね。人数少ないけど。

20170702ax09_p.jpg
(2017年7月3日付 時事通信ニュースより)

近年、都議選がこれだけ注目されたことはなかったように思うのですが、
投票率は51.28%だったそう。
それでも前回よりは8ポイント近く上昇したそうですが、
都民の半数程度しか投票に行かないのですね。へえ~。

そして、台湾人も都議選に興味があるとは到底思えませんが、
なぜか取り上げる台湾のニュースチャンネル(いずれもTVBS)。

(テロップ:小池陣営が安倍に大勝)
20170702都議選5

(テロップ:小池が安倍に圧勝、首相の呼び声が日増しに高まる)
20170702都議選6

首相の呼び声。。。初耳(私だけ?)。
先日の築地移転の会見が訳分からなかったのですが、
都民ファーストの受け皿感がすごいですね。

さて、日曜日はビール片手に選挙特番を見ていたのですが、
投票締切直後の当確数にびっくり。

自民0、共産2。
都議選とはいえ、こんな数字を目にする日が来るとは感無量です。
20170702都議選1

両党はその後もデッドヒートを繰り広げ、
20170702都議選2

どの辺りに着地するのかとソワソワしていたら、
20170702都議選3

アモーレ弟まで当選。
下村博文事務所との今後の展開に注目したいところです。
20170702都議選4

開票が終了してみれば、自民23、共産19という結果に。
こんなことってあるのですね。

ところで、都議会の定数は127、都の人口は1,371万人。
一方、台湾の立法院(国会)は113、人口は2,355万人。
都議が多いのか、立法委員が少ないのか、どちらなのでしょうね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | コメント(0) | page top
台湾の開瓶費文化とおすすめワインショップ、Pairing Wine Cellar(沛盈酒窖)
2017 / 07 / 03 ( Mon )

日本に比べて物価の安い台湾ですが、
例外は不動産(@台北)と輸入品。
不動産はご縁がないのでさておき、スーパーに行くと
ヨーロッパ産のチーズやハム類がお高いな~と思います。

ワインも例に漏れず、なのですが、台湾ではお酒を
持ち込めるレストランが多いのがちょっと嬉しいところ。
”開瓶費”という持ち込み料をお支払いするのですが、
ワインならホテルのレストランなどでも500元(約1,800円)程度。
カジュアルなお店ですと200元(約740円)とか、グラス一つに付き
100元(約370円)などといったところもあります。
 #高級お寿司屋さんなどでは開瓶費無料なお店も。

日本と違って気軽に持ち込めるので、我が家もよくワインを持って
テケテケお食事に行くのですが、最近お世話になっているのが
こちらのワインショップ、Pairing Wine Cellar(沛盈酒窖)。
20170625PairingWineCellar1.jpg

住宅街の一角にひっそりと入口があります。
20170625PairingWineCellar2.jpg

目立つ看板もありませんので、一見ショップではなくオフィスのよう。
が、ドアを開けてみると、
20170625PairingWineCellar3.jpg

はい、ワインがずらり~。
20170625PairingWineCellar4.jpg

心躍ります。
20170625PairingWineCellar9-3.jpg

窓が大きく取ってあり、素敵な雰囲気の店内。
20170625PairingWineCellar5.jpg

入口はひっそりしていますが、店内は広くワインがたくさん~。
20170625PairingWineCellar7.jpg

昨年オープンした、こちらのショップ。
やはりフランスのワインが多いそうですが、他にも
イタリア・アメリカ・ニュージ―ランドなどなど。
20170625PairingWineCellar9-2.jpg

なんと日本語を話せるスタッフさんがいまして、
好みと予算を伝えると美味しいワインをいくつか選んでくれます。
合わせるお料理などもふまえて親切に相談にのってくれるので、
とても助かります。非常感謝~。
(不在時は他のスタッフさんが英語で対応してくれます)
20170625PairingWineCellar9-4.jpg

こちらのようなスペースもありまして、
購入したワインを店内でも頂けるそうです。
PCを持ち込んでスタバ的に過ごす方もいるのだとか。
20170625PairingWineCellar6.jpg

先日伺った時はちょうどテイスティングイベントの日でして、
ニュージーランドの白とワシントンの赤を頂きました。
20170625PairingWineCellar9-6.jpg

バランスが良くて美味しかった白を追加で購入~。
よく冷やして、週末のお昼にでも頂こうと思います。
毎日猛暑なので、楽しみ。

という訳で、おすすめワインショップのご紹介でした。
以前はデパ地下や三井で買うことが多かったのですが、
最近はこちら一択です。

さて、先ほど台湾のお酒持ち込み文化について触れましたが、
もう一つ一般的なのが”打包(余ったお料理の持ち帰り)”です。

洋食から火鍋までほぼ何でも持ち帰れますが(液体はビニール袋!)、
イタリアンなどで打包してしまうと、うっかり翌日お昼から
一杯飲んでしまうのが悩みどころ。
20160806ブランチワイン

でも、これも台湾の住みやすさのポイント?

◆Pairing Wine Cellar(沛盈酒窖)
住所:台北市南京東路三段89巷27弄11號
電話番号:02-2516-2058
営業時間:12:30~21:30(不定休)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top
| ホーム |