FC2ブログ
ドイツ風パンケーキ・ダッチベイビーで下午茶(333 RESTAURANT & BAR)
2018 / 02 / 05 ( Mon )

微風南京の並びにある、HOTEL QUOTE Taipei。
グロリアグループのホテルです。

こちらの1階にある、333 RESTAURANT & BAR。
20171219HotelQuoteTaipei333-1.jpg

夜はこのような雰囲気の、
1-11916048_186387208723_2152966_n.jpg
 #公式サイトより

本格的なバーなのですが、
1916048_186387208723_2152966_n.jpg
 #公式サイトより

日中はランチやお茶も楽しめます。
20171219HotelQuoteTaipei333-2.jpg

この日は友人とのんびり下午茶。
アールグレイをお願いしました。
20171219HotelQuoteTaipei333-3.jpg

そして、お目当てはこちら。
下午茶メニューのフルーツたっぷりのダッチベイビーです。
20171219HotelQuoteTaipei333-4.jpg

と書きつつ、わたくし日本でダッチベイビーなるものを
食したことがないのですが、台北ではどこか他のカフェでも見かけたような。
何はともあれ、美味しそうです。
20171219HotelQuoteTaipei333-5.jpg

ちなみに、”ダッチ”ベイビーという名前ながら
実はドイツ風のパンケーキなのだとか。
更に、ドイツではシンプルにホイップバター・レモン汁・
粉砂糖で食べるのが一般的とのこと。

こちらのダッチベイビーはフルーツたっぷりですので、
台湾風のドイツ風パンケーキ?

という訳で、こちらは冬限定・ベリーのダッチベイビーです。
たっぷりの苺とブルーベリーに加え、
バニラアイスと酸味が強めな苺ソース付き。
20171219HotelQuoteTaipei333-6.jpg

こちらはチョコレートとバナナのバージョン。
間違いないコンビネーションですね。
20171219HotelQuoteTaipei333-7.jpg

友人と仲良く半分ずつトレードしてみたら、増々美味しそう。
20171219HotelQuoteTaipei333-8.jpg

一般的なレシピによると、卵と牛乳をたっぷり使い
オーブンで焼き上げるそうです。
そのため普段頂くパンケーキと違い、外側はシュー生地のようなのに
真ん中はとてもしっとり。面白い食感です。
また、生地自体にはほとんど甘さを感じませんので、
ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれません。

個人的にはとても好みでして、最近もリピートしましたが
だいたいお席に余裕があってお気に入り。サービスも良いです。

メニューを眺めていたら、遅い時間帯でもパニーニやパスタが
頂けるそうなので、たまに夕食難民になる人間には心強い1軒です。
ワインとクロックムッシュでサクッと一人ご飯なんかも良いですね。

◆333 RESTAURANT & BAR
住所:台北市松山區南京東路3段333號(HOTEL QUOTE Taipei)
電話番号:02-2175-5588
営業時間:11:30~深夜0:00(金土のみ深夜2:00まで)
 #ダッチベイビーの提供は14:00~17:00のみ



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
老舗ステーキハウスでリーズナブルなビジネスランチ(雅室牛排)
2018 / 02 / 03 ( Sat )

仁愛サークルの近くにあるステーキハウス、雅室牛排。
1994年創業の老舗レストランです。
20171201雅室牛排1

外観はファミレスのようですが、落ち着いていて素敵な内装。
各テーブルにもお花が飾ってあり、お昼から良い気分に~。
steak-inn.jpg
 #公式サイトより

それもそのはず、夜は割と高級なレストランなのですが、
20171201雅室牛排3

平日のみリーズナブルなビジネスランチが頂けます。
20171201雅室牛排2

ところで、こちらはビジネスランチではないのですが、
他のプリフィクスコースの前菜メニューを見ていて
ちょっと気になった”鶏肉親子丼概念”。
スモークサーモンやエスカルゴなども惹かれるけれど、
今度トライしてみよう。
20171201雅室牛排3-2

さて、こちらからビジネスランチセットです。

まずはサラダ。
柑橘風味のドレッシングで、クルミがアクセントに。
20171201雅室牛排4

パンは2種類。
20171201雅室牛排5

スープは4択でして、こちらはキノコのスープのパイ包み。
キノコの風味が濃厚でクリーミーです。美味。
20171201雅室牛排6

こちらはカボチャのスープ。
台湾らしく少しあっさりしたスープです。
20171201雅室牛排7

(別の日に伺った際の写真ですが)こちらはオニオンスープ。
長時間煮込んでいるようで濃厚過ぎるくらい濃厚、チーズもトロトロです。
20171201雅室牛排7-2(20170814)

こちらのレストラン、スープがとっても美味しいわと思ったら、
スープのみ夜のコースと共通でした。ナルホドデスネ。

続きまして、メインのステーキです。
こちらはCABのサーロイン(6oz)、お店オススメのミディアムレアでお願いしました。
20171201雅室牛排8

アメリカンビーフをちょっとお上品に頂く感じのステーキです。
そして、さすがの焼き加減。
シンプルに塩胡椒で頂きましたが美味しかったです。

こちらは、同じくCABのショートリブ(8oz)。数量限定です。
20171201雅室牛排9

サーロインと違い、Sous-Vide という調理方法です。
調味液に浸したお肉を真空状態にパックして湯せんするのだとか。
(が、そのソースがちょっと口に合わなかったのでサーロインが好みでした)

更に食後の飲み物も付いていまして、この日はアールグレイを。
ランチなのにポットティーだと嬉しいですね。
20171201雅室牛排9-2

サービスも良く、とてもきちんとした印象のレストランです。
リーズナブルにランチコースが頂けてありがたや。

夜も伺って鶏肉親子丼概念を頂いてみたいです。

◆雅室牛排(Steak Inn)
住所:台北市大安區安和路一段49巷10號1樓
電話番号:02-2775-3011
営業時間:8:00~10:00、11:30~14:00、17:30~22:00(無休)
 →朝食も提供しています。珍しい!



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
宜蘭にて、カバランウイスキー蒸留所と鶏の丸焼き再び
2018 / 02 / 02 ( Fri )

今や台湾土産の定番となったカバランウイスキー。
2008年に販売を開始した新しい銘柄ながら、
世界的なコンテストで何度も賞を獲っている強者です。

そのカバランの蒸留所があるのはウェスティン宜蘭のある員山郷。
せっかくなので、温泉の合間に大人の社会科見学を。
20171214-16宜蘭ウェスティン075

◆金車噶瑪蘭威士忌酒廠
住所:宜蘭縣員山郷員山路2段326號
電話番号:03-922-9000 ext.1104
営業時間:(平日)9:00~18:00、(土日祝)9:00~19:00

カバランウイスキーはMr.Brownコーヒーでお馴染みの
金車グループの企業です。
2002年の台湾WTO加盟を機に、長年台湾産ウイスキーを作りたいと
考えていた金車グループの会長がこの事業をスタートしたのだとか。

という訳で、水と空気のきれいな宜蘭の山の中に蒸留所ができ、
一般客も無料で見学できるようになっています。
20171214-16宜蘭ウェスティン081

何やらお城のような建物に入りまして、
20171214-16宜蘭ウェスティン078

ウイスキーの製法などをおさらいします。
20171214-16宜蘭ウェスティン083

こちらは熟成期間と色の関係。
20171214-16宜蘭ウェスティン087

第一弾のカバランは2006年に蒸留して2008年に発売。
これが温暖な気候のなせる業?
(と思ったけれど、ウイスキーの熟成には10℃以下が適しており、
こちらの蒸留所でも冷蔵管理しているので気温は影響しないようです
→某飲料メーカーの方のお話)
20171214-16宜蘭ウェスティン112

パネルの後は、
20171214-16宜蘭ウェスティン094

色々な設備を見学します。
20171214-16宜蘭ウェスティン110

こちらは正に熟成中のカバラン。末端価格はいかほどか。
20171214-16宜蘭ウェスティン091

そして時々、工場見学と言うよりは、
20171214-16宜蘭ウェスティン106

工場の日常をそのまま見てしまっている気が。
20171214-16宜蘭ウェスティン108

さて、こちらの建物では、
20171214-16宜蘭ウェスティン095

カバランの試飲ができたり、
20171214-16宜蘭ウェスティン097

ショップも併設。
ギフトに良さそうなパッケージがたくさんありますね。
20171214-16宜蘭ウェスティン099

2階にはまるで結婚式場か体育館かというような広さの
Mr.Brownコーヒーが(この写真の10倍程の広さがありました)。
20171214-16宜蘭ウェスティン105

カバラン入りキャラメルラテでひと休み。
肌寒い日だったこともあり、とても美味しかったです。
20171214-16宜蘭ウェスティン104

さて、カバラン蒸留所以外にもう1個所立ち寄りたいところがあり、
宜蘭駅へ。

至って普通の駅舎なのに何か生えてる!と思ったら、
20171214-16宜蘭ウェスティン113

ろくろっ首的キリンさん。しかも、こんなお顔。
シュールだわ~。
20171214-16宜蘭ウェスティン114

そして、ろくろっ首キリン駅から台鉄に揺られること約10分。
礁渓にある甕窯鶏に到着~。
20171214-16宜蘭ウェスティン118

◆甕窯鶏
住所:宜蘭縣礁溪郷礁溪路7段7號
電話番号:0918-717-288
営業時間:(平日)9:00~22:00、(土日祝)9:00~24:00

こちらの鶏の丸焼きを頂きます。
20171214-16宜蘭ウェスティン119

まずはビールで乾杯~。
台湾あるある、柔らかすぎるプラスチックカップ(200%持ちにくい)。
20171214-16宜蘭ウェスティン120

友人オススメの宜蘭特産・三星ネギの炒め物。
ネギが甘くて美味しいです。
20171214-16宜蘭ウェスティン121

そして、お待ちかねの鶏の丸焼きが。
ん~、やっぱりこの焼き色がたまりません。
20171214-16宜蘭ウェスティン123

今回も夫が一瞬で解体しまして、
20171214-16宜蘭ウェスティン125

美味しく頂きました。
チキン&ビール、最高です。
20171214-16宜蘭ウェスティン127

サービスの鶏スープもありますよ。
20171214-16宜蘭ウェスティン128

宜蘭って温泉もウイスキーも鶏の丸焼きもあって、
台北からも近いし、良いところですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |