FC2ブログ
2020東京オリンピックとチャイニーズタイペイ、台湾の公民投票
2018 / 11 / 25 ( Sun )

昨日11月24日は、台湾の統一地方選(九合一)投開票日でした。

統一地方選では高雄市長選が注目の的でしたが、
P_20181123_164823.jpg

公民投票(住民投票)も同日実施。
昨年、民進党と時代力量の主導で公民投票の実施/成立条件が
以下の通り大幅に緩和されたため、今回は10項目もの投票が実施されました。
--------------------------------------------------------------------
改正前:
・有権者数の5%以上の署名で実施
・投票率が50%以上 かつ 賛成が反対を上回る ことで成立

改正後:
・有権者数の1.5%以上(約28万人以上)の署名で実施
・賛成票が25%以上(約494万人以上) かつ 賛成が反対を上回る ことで成立
--------------------------------------------------------------------

10項目のうち、何かと話題となっていたのがオリンピックへの出場名義等を
問う公民投票で、内容は以下の通り。
--------------------------------------------------------------------
【13:東京奧運台灣正名】
台湾(Taiwan)の名称で、あらゆる国際競技大会や2020年東京五輪に
出場参加することに同意するか否か。
--------------------------------------------------------------------

中華オリンピック委員会(台湾の組織)は「選手の出場資格が最も重要なので
感情的に投票しないで」と成立を牽制(そもそもIOCは名義変更を認めない方針)。

東奧正名公投 中華奧會:不要情緒性投票
(2018年11月20日付 聯合報)

しかし、東京奧運正名行動聯盟(要は独立派)は「出場資格に
影響することはない」と公民投票で賛成票を投じるよう訴えます。
が、なぜ影響しないと言い切れるのかは全くもって謎。

東奧聯盟質疑林鴻道脅迫選手聯署 中華奧會:歡迎舉證
(2018年11月20日付 聯合報、写真も)
東京奧運正名行動聯盟20181120

更には、当事者である選手有志が反対票を投じるよう訴える会見を。
曰く「抜歯する時、歯科医は”痛くないですよ”と言いますよね。
なぜなら痛いのは患者本人であって歯科医ではないからです」と独立派をチクリ。

反東奧正名公投 運動員:若以難民出賽何來感動
(2018年11月21日付 聯合報、写真も)
選手有志20181121

一方、政府はといいますと、體育署副署長が記者会見を開き
「政府の立場としては一貫してオリンピック憲章を遵守し、
選手の参加する権利を保護していく方針に変わりはない」とコメント。

反東奧正名 體育署副署長:保護選手參賽權
(2018年11月21日付 聯合報)

何だかちょっと収拾がつかない事態になりつつありましたが、結果は
賛成4,763,086票、反対5,774,556票で「不成立」。
投票率は55.89%ということで、実はそんなに関心が高い訳でもなかったと
いうオチでした。
東京オリンピックには従来通り、チャイニーズタイペイ名義で参加することになりそうで、
今頃、胸をなで下ろしている人がたくさんいるのではないでしょうか。

ちなみに、現在使用されているチャイニーズタイペイという名義は
紆余曲折を経て1981年のローザンヌ協定で合意したもの。
それまで「台湾」名義での参加は、1960年ローマと1976年モントリオールで
IOC側から提案されたものを台湾側が拒否しているのに、その後
政権が替わったからやっぱり台湾名義でと、いうのもおかしな話では。
独立派の方々は、トランプが「次のオリンピックからアメリカは
United States of Trump で参加するぞ」と言ったら賛成するのだろうか。

ただ、両岸関係の妥協の産物?なので、将来台湾の国名が変わるような
事態になればオリンピック参加名義も併せて変更すべきなのでしょうが。

また、その他の結果は以下の通り。
-------------------------------------------------------------
【7:降低火力發電量】 ⇒成立
「毎年平均少なくとも1%引き下げ」という方法で
火力発電所の発電量を徐々に引き下げる方法に同意するか否か。

【8:停建煤電設施】 ⇒成立
「あらゆる火力発電所あるいは発電機(深澳火力発電所の建設含む)の
新たな建設、拡充工事を停止する」というエネルギー政策の策定に同意するか否か。

【9:維持禁止進口日本核災地區食品】 ⇒成立
日本の福島県をはじめとする東日本大震災の放射能汚染地域、
つまり福島県及びその周辺4県(茨城県、栃木県、群馬県、千葉県)からの
農産品や食品の輸入禁止を続けることに同意するか否か。

【10:民法婚姻限定一男一女】 ⇒成立
民法が規定する婚姻要件が一男一女の結合に
限定されるべきであることに同意するか否か。

【11:不實施同志教育】 ⇒成立
義務教育の段階(中学及び小学校)で、教育部及び各レベルの学校が
児童・生徒に対して「性別平等教育法(=ジェンダー平等教育法)施行細則が
定めるLGBT教育を実施すべきではないことに同意するか否か。

【12:民法婚姻以外形式保障同志伴侶】 ⇒成立
民法の婚姻に関する規定以外の方法で、同性カップルが
永続的共同生活を営む権利を保障することに同意するか否か。

【13:東京奧運台灣正名】 ⇒不成立
台湾(Taiwan)の名称で、あらゆる国際競技大会や2020年東京五輪に
出場参加することに同意するか否か。

【14:婚姻平權】 ⇒不成立
民法の婚姻章が同性カップルによる婚姻関係を保障することに同意するか否か。

【15:性別平等教育】 ⇒不成立
「性別平等教育法」が義務教育の各段階でジェンダーの平等に関する教育を
実施するよう明記し、且つその内容が感情教育、性教育、LGBT教育などに
関する課程を盛り込むべきだとすることに同意するか否か。

【16:廢止「核電停運」】 ⇒成立
「電業法(日本の「電気事業法」に相当)」の第95条第1項「台湾にある
原子力発電所は2025年までにすべての運転を停止しなければならない」の
条文を削除することに同意するか否か。
-------------------------------------------------------------
※結果は中央選挙委員会ウェブサイトより
 http://referendum.2018.nat.gov.tw/pc/zh_TW/IDX/indexFF.html
※日本語訳は台北駐日経済文化代表処ウェブサイトより
※【1】【2】は2004年、【3】~【6】は2008年に実施済み

日本関連では【9:維持禁止進口日本核災地區食品】が成立し、
これで今後2年間は解禁が難しくなりました。
(公民投票の結果は立法機関・行政機関を拘束します)

ちなみに、禁止継続に賛成が7,791,856票、反対は2,231,425票。
やっぱり食品安全問題にはシビアですね。

意外だったのは、同性婚関連。
賛成派による項目は全て不成立で、反対派の項目は全て成立するという
結果になりました。

例えば【14:婚姻平權】については、民法改正による同性婚実現に
賛成が3,382,286票、反対が6,949,697票。
中華圏だからなのか宗教観によるものか分かりませんが、なかなか保守的です。

ただ、台湾の最高裁は昨年”同性婚禁止は違憲”という憲法解釈を公表しており、
これに基き2年以内の法改正が命じられた訳ですが、
この件と今回の投票結果の整合性はどのように取っていくのでしょうか。

という訳で、ハードルを下げすぎたばかりにかなり成立してしまった公民投票。
政党という観点からすると、国民党が賛成する項目が全て成立しているのも驚きです。
だって、同性婚に賛成か反対かというのは普通に考えたら政党の人気によって
変わる訳がないと思うのですが、結局公民投票も組織票が肝なのかしら。

【16:廢止「核電停運」】なんて、蔡英文政権の目玉政策である
”2025年までに脱原発”に真っ向から対立してしまう内容ですが、
今後どう対応していくのか。

統一地方選での惨敗に加え、民進党政権には頭の痛い課題が山積みですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | コメント(0) | page top
統一地方選、台湾全土に吹いた韓流の風
2018 / 11 / 25 ( Sun )

何だか朝日新聞にありそうなタイトルですが、
久し振りに「ブーム」というものを目の当たりにしました。
いや、久し振りというよりここまでの大ブームを身近で見るのは初めてかも。

例の高雄市長候補のハゲのお方、韓國瑜氏はその後も人気を保ち、
昨日11月24日の統一地方選(九合一)では、
実に20年振りに国民党の高雄市長が誕生しました。
20181117韓國瑜高雄鳳山造勢45
(写真は11月17日のもの。うっかり高雄まで見に行ってしまった)

開票開始直後は僅差の戦いでしたが、
P_20181124_165014.jpg

その後少しずつリードを広げ、892,545票を獲得。
民進党の対立候補、陳其邁に約15万票の差をつけて当選。
P_20181125_155453.jpg
P_20181124_220323.jpg

蔡英文総統の不人気に加え、「韓流」が他の市長選にも影響を及ぼし、
劣勢と見られていた台中市でも国民党候補が市長ポストを奪還。
photo_jpg20181124.jpg
(2018年11月24日付 聯合報)

国民党は全22の市長/県長ポストのうち15(直轄市は6市のうち3市)で
勝利するという大躍進でした。
P_20181123_181902.jpg
※左から「オトコです!燕です!ハゲです!」と言わされる国民党トリオ。
 当選した、侯友宜・新北市長、盧秀燕・台中市長、韓國瑜・高雄市長。

※その他、選挙結果は中央選挙委員会のサイトをご覧下さい
 http://www.cec.gov.tw/pc/zh_TW/IDX/indexC.html

それもそのはず、この1ヶ月を振り返ってみると、

比較的中立的な蘋果日報の世論調査(真ん中)では
僅差で韓國瑜がリードしているという程度でしたが、
P_20181113_000915.jpg

選挙カーで各地を回れば、スムーズに前に進めないほどの大人気。
P_20181122_220537.jpg

何やら高名なお坊さんが支持を表明した際には、
P_20181114_182134.jpg

「普段から心が乱れた時にはお経を読んでいます」と
暗記しているお経を一字一句間違わずに唱えてみせる韓國瑜。
頭頂部は割ときれいにハゲているので、パッと見はもはや僧侶。
P_20181114_182322.jpg

選挙集会には毎回数万単位の人が押し寄せ、
「選挙前日の集会では100名のハゲの皆さんと一緒に入場する!」と
言ってみたら、
P_20181118_190735.jpg

本当に募集をかけてしまい、なんと277名ものハゲのお方が集まりました。
P_20181118_231959.jpg

集会終了後の地下鉄では韓國瑜支持者が大合唱したり、
P_20181115_130010.jpg

人気にあやかろうと、自らもハゲにしてしまう台北市議候補まで。
なりふり構わないレベルがすごい。
P_20181121_113719.jpg

一方、不安要素もたくさんありました。

まずは、11月17日の国民党・呉敦義主席の失言。
オフレコの場ですが、民進党の陳菊総統府秘書長を
「ぶくぶく太ったメスブタ」と呼んでしまいました。
ちなみに、呉敦義と陳菊は過去の高雄市長選を巡る因縁が。
(国民党のスキャンダルをでっちあげて民進党が勝利)

さすがに韓國瑜にも不利に働くかと思いきや、当の本人は発言当日夜の
大規模集会で「あの発言は非常に不適切だ」と呉敦義に苦言を呈しました。
これが”自分の所属する党の主席にはっきり物が言える人”的な
イメージにつながり、逆に人気が上昇。
(更に、この人は選挙期間中、民進党から散々個人攻撃されたのに、
民進党の政策などは批判しても個人を悪く言わないところが偉い)

こちらは、呉敦義の失言を受けて「私はブタではなく、台湾人だ」と
真顔で訴える陳菊。
選挙ですから、こういうのはユーモアで切り返さないともったいない。
P_20181119_113339.jpg
P_20181119_113359.jpg

続いて、11月19日に行われた対立候補との討論会。
閣僚経験者などの専門家を顧問に、忙しい合間を縫って準備したものの、
P_20181114_182630.jpg

民進党の陳其邁候補(リーガルハイを地で行くヘアスタイル!)に
細かい質問を次々に繰り出され、分が悪くなってしまった韓國瑜。
P_20181119_213029.jpg

風向きが変わったかと思ったら、「あんなにネチネチと細かすぎる
質問ばかりするなんて」と、逆に陳其邁がいじめっ子のような印象に。
(勿論、民進党支持者はこれで勝ったと思っていたでしょうが)

韓國瑜の夫人が市場を回っていた時には、
おばあちゃまが駆け寄って来て「韓國瑜があんなに痩せちゃって
心配でたまらない。パンツもブカブカで。。。」と号泣。
(ちょっと仕込みには見えない泣きっぷりでした)
P_20181122_210526.jpg

やっぱり痩せのハゲって貧相なので、「あんなになるまで頑張って。。。」
とかいう、親が子を心配するような気持ちになるのでしょうか。
そういう意味ではやっぱりハゲてて良かった、韓國瑜。

最後はこちら。暗殺予告です(仕込みか本物かは不明)。
P_20181122_210132.jpg

「台湾の治安を信じている。防弾チョッキは着ない。暗殺予告など
なんてことないさ」となぜか宣言してしまったばかりに、
選挙カーの真横で鳴らされた爆竹にビビってしまう韓國瑜。
P_20181121_120203.jpg

先程の市場のおばあちゃまは「お願いだから防弾チョッキ着てよ」と
どこかでまた号泣していることでしょう。

本人のみならず家族への殺害予告もなんのその、
かわいらしい娘さんが応援に入ったらこちらも人気者に。
P_20181122_210944.jpg

夫人は選挙前日の集会に飼っている柴犬連れで登場し、
台湾語で涙ながらに支持者に感謝を伝えました。
(そして、なぜか一緒に泣いている韓國瑜)
P_20181123_214058.jpg

台湾の選挙では応援に来る候補者や大物政治家の夫人のことを
「夫人牌」といいますが、韓國瑜の夫人牌は最強ですね。
一昨日の集会は電通でも雇ったかのような素晴らしい演出でした。

高雄でこんなに国民党候補が人気になるというのは異例ですが、
個人的な魅力(なの?)以外に、蔡英文政権への不満やら、
高雄の不景気やら、様々な要因が複雑に絡み合って誕生したハゲ市長。
今後の市政運営にも注目が集まるのでしょうね。

そんな訳で、高雄は国民党が勝った今回の統一地方選ですが、
全体としては、全22ある市長/県長ポストのうち、国民党は6→15と躍進、
一方民進党は13→6と惨敗しました。

選挙結果を受けて、蔡英文総統は責任を取り党主席を辞任。
2年半でここまで不人気となるのも逆にすごいと思いますが、
2020年の総統選は誰が出馬し、当選するのか。今からとっても気になります。

ところで、残りひとつのポストは台北市長。
無所属現職の柯文哲と国民党の丁守中がデッドヒートを繰り広げていましたが、
日付が変わった午前2:40頃にようやく開票作業が完了。
柯文哲580,820票、丁守中577,566票という結果でしたが、
丁守中が弁護団を引き連れて選挙無効を申請すると発表。
P_20181125_022732.jpg

理由は「棄保」の疑いがあるため、とのこと。
今回は10項目の住民投票も同日に実施されたため、
投票締切時間(16時)になっても投票が終わらず、最後の一人が
票を投じたのは締切から3時間46分後だったのだそう。
開票作業は締切直後から始まりすぐに速報が流れるので、
民進党候補の姚文智が明らかに劣勢だったと知った支持者が、
丁守中よりはマシだと柯文哲に投票したのではないか
(これが棄保→誰かを「棄」てて誰かを「保」つ)という主張です。
(具体的には、新北より住民の少ない台北の方が開票作業が遅い、
また、市議選の開票の方が先に終わっているのがおかしい、等の理由)

早ければ今夜のうちに裁判所に申請するそうですが、
明日以降どのような展開となるのか、こちらも大変気になります。

台湾の選挙って本当に興味深くて、久し振りに興奮しました。
次は2020年の総統選ですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | コメント(0) | page top
今、台湾で「ハゲ」といえばこの人だ
2018 / 11 / 09 ( Fri )

アメリカの中間選挙が終わりまして、
P_20181107_123900.jpg

台湾在住者にとって次の選挙といえば、11月24日の台湾統一地方選。
これは4年に一度行われ、6つある直轄市の市長や市議、その他県長など
合わせて9つの選挙が同時に行われるため「九合一」と呼ばれます。

日本の選挙よりかなり熱気があり、また個性的な候補者も多くて
ニュースチャンネルを見ているととても面白いのですが、ここのところ
蔡英文よりも柯文哲(台北市長)よりもよく報道されている方がこちら。

ハゲ頭政治学!お二人いますが、左側のハゲのお方です。
P_20181017_002341.jpg

高雄市長選に立候補している、韓國瑜(han2 guo2 yu2)。
新北の眷村出身、国民党の政治家で、これまで台北県(現新北市)議員や
立法委員(日本でいう国会議員、ちなみに三期)を務めています。
直近では2012~2017年に北農総経理(台湾版全農のトップ)、
ニックネームは「賣菜郎(野菜売りおやじ)」なのだとか。
北農総経理を辞して2017年の国民党主席選に立候補しますが、
この時は泡沫候補で得票率も5.84%でした(当選した呉敦義が52.24%)。

高雄は民進党の牙城とされ、過去20年間市長は民進党が取っています。
そんな圧倒的に不利な情勢で国民党から立候補した韓國瑜ですが、
9月頃からでしょうか、とにかくこの人をテレビで見ない日がない。

トレードマークのハゲ頭を前面に出した戦略(なの?)で、
道を歩けば老若男女に大人気。
P_20181021_002050.jpg

「ハゲ頭にも尊厳がある」とfbにシャンプーする動画をアップしたら、
これまで53万回再生されているという奇跡。
ハゲのおっさんのシャンプー姿にこれだけ注目が集まるのは
世界的にも珍しいのではないでしょうか。ぜひギネス申請を。
maxresdefault20181109.jpg
 #2018年10月11日付 東森新聞より

台湾の選挙では候補者の配偶者はアッキーくらい表に出てきますが、
こちらが韓國瑜の奥様、李佳芬さん。
P_20181031_183308.jpg

二人の出会いを回顧しつつ、
「(当時の)お付き合いしたくない男性のタイプはハゲ・政治家・双子座。
韓國瑜は全て満たしてしまっていたけど話してみたら純真で理想的な人だった。
でも当時からハゲそうだったから躊躇したわよ!」だそうな。

イケメン立法委員の蒋萬安と街を練り歩く奥様。
話すの上手いわ~と思っていたら、元雲林県議員だったそう。
P_20181109_101737.jpg

とにかく人気で、なぜか花蓮の民宿が「ハゲのお客様は半額」キャンペーンを
打ち出したり、
P_20181021_002027.jpg

集会をするとなれば、無償でお弁当を配る支持者が現れたり、
(しかも集会は夜なのにお昼から)
P_20181108_132841.jpg

高雄のタクシー100台が「集会場までの運賃大幅割引」まで実施。
P_20181108_222358.jpg

こちらは昨夜行われた韓國瑜の集会。
高雄の旗山という、市中心部から車で45分程ほどののどかな場所に
約36,000人も集まったそうな。
photoudncom20181108.jpg
 #2018年11月8日付 聯合報より

先日の喜楽島連盟のフェイクニュースには驚きましたが、
こちらはかなりの人出ですね。

しかも、集まった支持者の熱気がすごい。
動員ばかりだとこうはならないと思います。
P_20181108_201655.jpg

ご本人はとにかく演説上手。
大した内容ではないのですが、引き付けられる話し方です。
やっぱり政治家には熱意と誠実さを感じたい(という心のきれいな私)。
P_20181108_201222.jpg

元軍人だからか、動きが終始きびきびしています。
ちなみに、ハゲ以外にこちらもトレードマークの青いシャツは
ユニクロのものだそう。夫人が10枚まとめ買いしたのだとか。
P_20181108_201641.jpg

常に腕まくりしているのですが、あんなにハゲしく一日中動き回っても
(しかもこの人は演説中も小刻みにジャンプしている)落ちて来ないのが不思議。
腕まくりした状態で縫い付けてあるんじゃないかしらと勝手に予想しております。

ところで、肝心の対立候補は民進党の陳其邁(chen2 ji1 mai4)。
こちらは医師で比例選出の立法委員(つい先日辞職)です。
お父様も民進党員で陳水扁時代に総統府副秘書長などを務めた人物ですが
2014年に汚職で7年の実刑判決を受けており、あまりイメージは良くありません。

そんな陳其邁も同じく昨夜集会を開いたのですが、選挙前だというのに
既にお通夜の雰囲気(ちなみに演説の下手さは蔡英文並み)。
P_20181108_193628.jpg

その理由は11月7日付の最新の世論調査でしょうか。

こちらは国民党寄りのTVBS。韓國瑜が10ポイントもリード。
P_20181108_222715.jpg

一方、こちらは民進党寄りの三立テレビ。
文字が小さいのですが、陳其邁44.3%、韓國瑜43.2%。
1628284-XXL.jpg

台湾メディアの世論調査は日本以上に盛っていることが多いので、
三立で陳其邁が僅か1.1%リードというのは相当負けているのでしょうか。
牙城の高雄を落とすようなことになったらどれだけ陳菊に絞られるのか。ぶるぶる。
P_20171231_145705.jpg

余談ですが、韓國瑜とは対照的に陳菊は毛量十分なくるくるヘアです。
(この本の表紙、センス良いですね)
P_20171231_145627.jpg

一方、韓國瑜効果でなんと国民党の支持率まで上がっているそうな。
2020年の総統選は韓國瑜vs柯文哲の戦いになるのでは?などという話まで
出ており、人気はとどまるところを知りません。
ハゲてて良かった、韓國瑜!

さて、ではなぜこれほど韓國瑜がブームになっているのかという点ですが、
国民党らしくない(エリート然としていない)とか、4年前の柯文哲と同じで
ネットやテレビを多用したPRに長けているとか、そもそも高雄市民が
民進党に飽きているとか、真面目な分析は新聞を読むとして、私などは
「勝ち目のないおっさんが毎日腕まくりをしてハゲるくらい走り回っている」姿を
見続けていて、気が付いたらすっかり韓國瑜好きに。怖いですね、テレビって。
でも、橋下徹も小池百合子も全く心に響かなかったのに、
なぜ韓國瑜だけハゲしく気になってしまうのか。不思議~。

肝心の政策は到底実現不可能に思えるものもありますが、民進党支持者でさえ
「一度任せてみよう」と思ってしまうその気持ち、分かる気がします。

という訳で、今回の九合一で最も注目されている高雄市長選。
あと15日で投開票日です。

ところで、冒頭の「ハゲ頭政治学」のキャプチャにも出てきたもうお一方は、
新北市長選に民進党から立候補している蘇貞昌(右)。
(左は国民党候補の侯友宜。2人揃って笑顔が怖い)
P_20181109_103555.jpg

新北は国民党が強い地域なので、「不利な立場」「ハゲ」という
韓國瑜との共通点が二つもある訳ですが、こちらはいまひとつ不人気です。

先日など、新北で予定されている火力発電所建設を中止してほしいと
陳情に来た人に対して、周りに人が大勢いたからか陳情者のお腹を叩いて
陳情書を強引に奪い、大声で「謝謝!謝謝!」と言いながら肩を叩いて立ち去る姿が
しっかりカメラに映っており、これがテレビで繰り返し流されてしまうという凡ミスが。
しかも(集会の終了直後だったので)「今日が何の日か分かっているのか?」と
陳情者に迫っており、お顔も怖いけど言動もなかなかです。

反深澳自救會長攔路陳情 控蘇貞昌「拍肩打肚」態度差
 #2018年9月23日付 蘋果日報より

でも、更に度肝を抜かれたのは、これが批判されたのを受けて
民進党政権がこの火力発電所の建設を本当に中止したこと。
よく計算してみたら電力足りそうです、とのこと。ワーオですね。

賴清德:同意停建深澳電廠
 #2018年10月12日付 中央通信社より

日々のハゲしい展開にとにかく目が離せない台湾の統一地方選。
11月24日が楽しみです。
(ま、こんなに注目していても選挙権ありませんけどね)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | コメント(0) | page top
| ホーム |