ラ・ベランダとフーコックのナイトマーケット
2013 / 12 / 19 ( Thu )
ホーチミンから1時間弱のフライトでフーコック島に到着。

数年後にカジノができるそうで、空港は大変立派でした。
が、人はまばら。というか、いない。
フーコック空港

今回は、ソフィテルと同系列のフランスのホテルに宿泊。

■La Veranda Resort Phu Quoc
Tran Hung Dao Street, Ward 7 | Duong Dong Town, Phu Quoc Island

ウェルカムドリンクで一息~。
タオルにはレモングラスの爽やかな香りが。
ウエルカムドリンク

お部屋のカテゴリは La Veranda Suite を選択。
それほど広くないですが、オンザビーチなので何かと便利でした。
ラベランダ

フーコックは夕陽がきれいで有名なんだとか。
西向きのホテルなので、ビーチでまったり夕陽が沈むのを眺めます。
夕日

夕陽が沈んだら、晩ごはん。
夫の強いリクエストによりナイトマーケットへ向かいます。
ホテルからはタクシーで10分程。
ナイトマーケット

エビやらカニやらを入れた水槽を並べたお店がひしめいていましたが、
とりあえず観光客より地元客が多そうなお店を選択。
水槽

店先に並べられたシーフードから食べたいものを選び、調理方法を伝えます。
(注)フーコックはロシア人と中国人の観光客が多いため、英語が通じるとは
   限りません。この時は英語が話せる店員さんがいたのでラッキーでした。
シーフード

ハマグリに似た貝のレモングラス蒸し。ものすごく美味しかった!
レモングラス(貝)

大エビのグリル。
えび

お久し振りです。空心菜。
空心菜

本日のメイン、ハタのスチーム。
お魚

さんざんサイゴンビールを飲み、お会計は3,000円程。
大変美味しゅうございましたが、ここで私に悲劇が。
こちらのお店をいたく気に入った夫(シーフード大好き)が
この翌日も翌々日も「ナイトマーケット、行きたいなあ」と主張。
結局、この後2晩続けてこのお店に通いつめましたとさ。

そんな訳で、翌日以降に頂いたものもついでにご紹介。

オコゼのグリル。
見た目とは裏腹に繊細でふっくらした身が美味でした。
おこぜ

カニを蒸してもらったり。
カニ

エレファント・シェルと呼ばれていた貝をグリルしてもらったり。
エレファントシェル

ホタテのベトナム風おつまみ。
同じお店に通いつめたら、サービスで出してくれました。
ホタテ

シャコが大きい!そして美味しい。
しゃこ

ロブスターも新鮮そうだったので、
ロブスター(調理前)

グリルにしてもらいました。
ロブスター

重い。そして、ぷりぷりで美味しい~。
重い。

めっちゃミニスカートのサイゴンビール・ガールがセールスしていたので、
喜んでサイゴンビールを3日間飲み続けた夫。
半分写り込んでいる、というか、半分切られた私(撮影・夫)。
サイゴンビールガール

ビール本体はこちらです。
サイゴンビール

で、やはり食後はデザート。こんな屋台を見付けました。
ベトナムドンのゼロの多さに、あたふたする私。
40,000ベトナムドン≒200円 也。お願いですからデノミして下さい。
パンケーキ

バナナ+ココナッツミルク+チョコのパンケーキ(クレープに近い)。
こういう強烈に甘い物って、暑い国で食べると余計美味しくないですか?
パンケーキ2

そんなこんなでフーコック1日目が終了。
次回はラ・ベランダの美味しい朝食と1日島内ツアーについて綴ります。

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【旅行】2013/11(ベトナム・フーコック島) | page top

← 朝からスイーツ、そしてフーコック島1dayツアー統一会堂の椅子とカニ炒飯 →

| ホーム |