馥蘭朵烏來渡假酒店の優しいお料理
2015 / 01 / 09 ( Fri )

続きまして、馥蘭朵烏來渡假酒店のお食事。
宿泊にはウェルカムドリンク、夕食、お夜食、朝食が含まれています。

ウェルカムドリンクは ABU Cuisine にて。
20150104volando01.jpg

ウェルカムドリンクと言うよりは、ちょっとしたおやつです。
豆花、生春巻き、ミートローフ、チーズケーキ。
飲み物はコーヒー、紅茶、台湾茶など。
20150104volando02.jpg

夕食は、フレンチ&イタリアンもしくは中華です。
今回は前者を選択~(再び ABU Cuisine にて)。

ワインは持ち込みました。
湯上りなので、きりっと冷えたシャブリで良い気分~。
20150104volando05.jpg

パン。どれも美味しかったです。
バターはエシレの有塩でした。
20150104volando03.jpg

アワビとズッキーニのホットサラダ(オリーブソース)。
アワビの温度も火の通し方もちょうど良く、美味しく頂きました。
ソースにもう少し塩気があるとより美味しいかも。
20150104volando04.jpg

ワイルドマッシュルームとトリュフエッグ。
キノコとバターの良い香りが食欲をそそります。
20150104volando06.jpg

萬里蟹とロブスターのビスク。
萬里蟹に何か恨みでもあるのかと思うくらい、ソテーされています。
苦みが出てしまい、ビスクの良さが感じられない一品。
20150104volando07.jpg

アマダイのポワレ(スキャロップソース)。
このソースの半分は優しさでできている(塩気が欲しい)。
20150104volando08.jpg

クランベリーのソルベ。
店内が暗かったので、下は飴細工?と思ってしまいました。
このお皿を買って友人を招き、一瞬でも良いから
「え?飴細工できるの?」と目をくらませてみたい。
20150104volando09.jpg

スチームド・テンダーロイン(アンチョビガーリックソース)。
このソースも半分が優しさ。素直にお塩で頂きました。
お肉はとても柔らかかったです。グリルじゃないのも優しさか。
20150104volando10.jpg

白桃のムース。
程良い甘さで、口当たりも良く、美味しかったです。
お茶はジャスミン茶でした。
20150104volando11.jpg

苺アイスとガトーショコラ。
20150104volando12.jpg

全体的にソースのお味がぼやけていると感じましたが、
台湾の方向けにわざと塩分控え目なのかしら。
事前に、夫のグルメアシスタントから「ABUは創作要素が強くて
あまり。。。」と聞いていたのですが、このような温泉メインの
ホテルのお食事としては、十分美味しく頂きました。

優しいお料理を堪能して、ワインで気分良くほろ酔い~。
ちなみに、お夜食にお粥があったのですが、
満腹でしたので頂きませんでした。

さて、翌日の朝食。
こちらのホテル、レストランが川沿いなので、
美しい風景を眺めながら朝食が頂けます。
幸せ~。
20150104volando13.jpg

ジュースはオレンジとキウイ。
こちらのフレッシュジュース、とろっとしていて
とても美味しかったです。
20150104volando14.jpg

パン。
20150104volando15.jpg

サラダはビュッフェでした。
スモークチキンとスモークサーモンが美味しかったです。
(特別、スモークものが好きな訳ではありません。)
20150104volando16.jpg

卵料理は数種類から選べます。
こちらのオムレツ、とてもフワフワで美味しかったのですが、
やはり半分が優しさでできていました。
夫も私もお塩をアドオン。
20150104volando17.jpg

ゆっくり流れる川を眺めながら、食後のコーヒー。
普段から特に緊張することもありませんが、本当にリラックスできます。
20150104volando18.jpg

ちなみに、ABU Cuisine のこちらの川沿いのテーブル。
絶景が臨めるので、”プロポーズ席”なのだとか。
20150104volando19.jpg

こんな場所でプロポーズされたら、素敵ですね。
お料理も優しいし。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | page top

← 烏來老街でタイヤル料理(馬告鶏湯が美味)烏來で心が洗われる(馥蘭朵烏來渡假酒店) →

| ホーム |