帰って来たマヨネーズ
2015 / 07 / 28 ( Tue )

民進党・反原発派議員の尽力(と言うのでしょうか)により、
キューピーのマヨネーズが台北から消えて早数ヶ月。
20130724003039.jpg
 #中時電子報より
  (苗栗県政府の抗議活動に乱入し、自ら故意に転んでおいて
  「誰かに押されたわ!」と主張する、民進党の林淑芬立法委員)

今日、緑そごうにお米を買いに行ったのですが、
20150728つや姫

マヨネーズ、恥ずかしながら帰って参りました~。
ちなみに、お値段は175元(約690円)なり。
20150728マヨネーズ1

ついでに三井選品ものぞいてみたら、こちらも復活。
そごうより強気の、189元(約740円)でした。
20150728マヨネーズ2

そして、意外に勝立にも置いてあるんですねえ。
こちらはちょっとお得な149元(約580円)。しかも、無駄に冷蔵。
20150728マヨネーズ3

先週、台湾当局が輸入規制対象5県のうち、福島を除く4県について
禁輸措置を緩和する方向で検討中との報道がありましたが、
こちらが影響しているのでしょうか。
主婦にはよく分かりませんが、取りあえず、野菜スティックを
味噌マヨで食べるのは大好きです。

ところで、日本食品つながりで少し気になることが。

台北でもブルボンのババ菓子(=おばちゃまの好むお菓子。
こう呼ぶのは私の地元だけ?)が売られているのですが、
20150728松青2

よく見ると、ルーベラだけ78元(@松青)。
その他ババ菓子よりなぜか1元お安いという、微妙な価格設定。
20150728松青3

白そごうでは、バームロールだけなぜか半額近くにプライスダウン。
人気ないのかしら~(私は割と好きですが)。
20150728そごう2

子供の頃、遠足にババ菓子を持ってくる子は散々いじられてたな~とか
本当にどうでも良いことを思い出しました。

さて、これまた別件ですが、
台湾でよく見かける新東陽の肉鬆(お肉のフレーク)。
20150728そごう

缶が山本海苔の梅の花に似ていませんか?
描かれているのも梅の花だし、連日の猛暑でフラフラした日本人が
間違えて買ってしまいそう(さすがにないか)。
20150728梅の花

そんな山本海苔、我が家も大好きで愛用しています。
20150121山本海苔

さて、そんな台北。
私の大好物、「どづぞ」商品も健在です。

「女ほ美しいを変える武器 東方の美しい眉の人らしさの商品」
(眉用はさみ)
20150728松青1

眉の人らしさ、眉の人らしさ、眉の人らしさ。
何だか呪文のように唱えたくなりますが、
では「人らしくない眉」ってどんな感じかなと想像したくなります。
20年前の安室ちゃんか、はたまた村山富市元首相か。
また、「は」と「ほ」は基本中の基本ですから、よろしくお願いしたいところ。

「ケチじゃなくてエコ」
(携帯用折りたたみ式カップ)
20150728勝立

マイカップを使う人を見て、「ケチ!」と思う人がいるのだろうか。
そんな疑問はさておき、どこにも convenient な要素はなさそうですが、
大丈夫かしら。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | page top

← 結婚式に福カエル雙連ゴールデンルートでプリンに出会う →

| ホーム |