マッチョと作るパイナップルケーキ
2015 / 08 / 24 ( Mon )

先日、師範大学の校外学習(というか遠足)で、
パイナップルケーキ作りに勤しんで来ました。

久し振りに早起きしまして、士林駅に9:00集合。
徒歩10分程度の郭元益という老舗お菓子メーカーに向かいます。
20150731郭元益01

まずは、生地作り。
小麦粉・砂糖・バター・卵が用意されていますので、
これらをひたすら混ぜて、混ぜて、混ぜます。
20150731郭元益02

年齢のせいか腕力の無さのせいか、ちょっと混ぜるとすぐ疲れる(笑)
腱鞘炎になってはいけないと、クラスメートのマッチョアフロ君(オランダ人)に
助けを求めました。
20150731郭元益00

アフロ君の筋肉により、無事に生地が完成~。
さすがは若者です。どうもありがとう。
パイナップル餡は既に出来上がったものが配られますので、
生地を10等分してこれをくるみ、型に詰めます。
20150731郭元益04

最後に、どれが自分のパイナップルケーキか分かるよう目印を付けます。
画数が少ないという理由で、私はペコ田の「ぺ」。
20150731郭元益05

無になってひたすら「ぺ」と刻んでいる私の隣で、
最近彼女ができたという仲良しのスロバキア人は、
スロバキア語で「my darling」と書いたそうな。
20150731郭元益06

「写真撮るよ~」と言ったら、とっさにハートマークを作るスロバキア人。
スイートですねえ。
20150731郭元益07

一方この頃、アフロ君は自分の中国語名(繁体字なので画数が多い)を
寡黙に刻み込んでいました。精神的にもマッチョですね。

こちらは、隣のテーブルでクッキー作り体験に参加していた小学生の作品。
20150731郭元益08

どれもなかなか前衛的です。
20150731郭元益09

さて、パイナップルケーキの焼き上がりまで小一時間ありますので、
併設の博物館を見学し、更にお茶も頂きます。
キャンドルもあり、なぜか妙に素敵なセッティング。
20150731郭元益17

そして、こちらが完成品です。
20150731郭元益18

自作パイナップルケーキ9個入り。
 #10個作り、1つはその場で焼き立てを頂きます
20150731郭元益19

よく見ると包み方が雑(苦労の跡)。溢れ出る手作り感。
20150731郭元益21

形もいびつ~。
が、自分で作ったという満足感からか、お味はなかなか。
20150731郭元益22

アラフォー主婦、留学生の若者に囲まれての遠足でしたが、
笑えるハプニングも色々あり、とても楽しかったです。

◆郭元益 糕餅博物館士林館
住所:台北市士林區文林路546號
電話番号:02−2838-2700 分機457
営業時間:パイナップルケーキ作り体験は毎日9:00~/13:00~(要予約)
     一人350元(お茶菓子+50元分の買物券付き)

詳細はこちらから↓
http://www.kuos.com/museum/act-a.html


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】中国語を学ぶ | page top

← 「誰が張さんに相応しいですか?」台風、ポスト、アパッチポーズ →

| ホーム |