待ちきれず、濱江市場で上海蟹
2015 / 09 / 24 ( Thu )

さて、今年も大閘蟹の季節がやって参りました。
日本で言うところの上海蟹、チュウゴクモクズガニです。

去年は山の中の養殖場へ食べに行き、あまりに美味しくて
腰が抜けたのですが、そちらに問い合わせたところ
今年は大雨の影響でまだ大きく育っていないのだとか。
食べ頃は10月頃とのことで、ちょっと先だけど楽しみだね~と
夫と話していました。

そんなある朝、目が覚めたら夫が見当たらない。
どこへ行ったのかしらと思っていたら、案の定
上海蟹を片手に意気揚々と帰って来ました。

濱江市場にて、メス7杯で1,000元(約3,600円)也。
ちょっと小振りな台湾産(南部で養殖しているらしい)ですが、破格ですね。
20150920上海蟹02

朝買って来た蟹ご一行様、夜になっても7杯中6杯がお元気でした。
今年も申し訳なさを感じつつ、蒸し器へご案内します。
20150920上海蟹03

サイズや重量から夫が何やらカリカリ計算し、13分蒸すことに。

この間、すだちと二杯酢や、
20150920上海蟹07

ビールを準備します。
20150920上海蟹10

さてさて、蒸し上がった上海蟹の皆さま。
20150920上海蟹08

い草を外しまして、
20150920上海蟹14

さっそく開いてみると、卵と蟹ミソがたっぷり~。
20150920上海蟹15

ん~、卵にミソを絡めて食べると、
濃厚でたまらなく美味しいです。
20150920上海蟹18

蟹ミソって、紹興酒にも合いますねえ。
20150920上海蟹19

美味しく頂いた後は、残った足部分や殻をたたき割り、
これを漉してお味噌汁を作りました(夫が)。
こちらも濃厚で美味しかった~。贅沢なお味噌汁ですね。
20150920上海蟹20

という訳で、今年初の上海蟹を堪能。
この幸せが1,000元で買えるなんて、素晴らしきかな台湾。

追記:
上海蟹の購入についてご質問下さった台北駐在員様。
こちらに記載しましたので、よろしければご覧下さい。



関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】夫の市場ごはん | page top

← 日本酒主義 Japanese Sake Exhibition 2015本格四川で、火を噴けそうな水煮牛肉 →

| ホーム |