「真に文明的な行動」
2014 / 06 / 26 ( Thu )
数日前に記事になっていた、中国の「ライチ犬肉祭」。
中国南部の広西チワン族自治区玉林市で1995年から開催されている、
夏至の日にライチと犬肉を食すイベントだそうです。

6月21日付 毎日新聞より引用:
玉林市では抗議に来た愛犬家に「買わなければこの犬は殺すぞ」と
高値で売りつける業者が出現。一方で、犬肉を提供する食堂の社長に
「家族の安全に注意しろ」と脅迫電話が殺到したり、看板の「犬」の
文字を隠して営業する食堂も出たりした。


犬食賛成派も反対派も血気盛ん。
記事中の高値で売りつける業者の論理?にびっくり。商魂たくまし過ぎる~。

そして、続いて気になったのが人民日報の論説。

6月25日付 CNNより引用:
中国の一部地域に伝わる犬肉食の習慣を巡って対立が浮上している問題で、
人民日報が「犬は友人であり、食料でもある」とする論説を掲載し、
犬を食べる側と保護する側の双方に対して冷静になるよう呼びかけた。
-中略-
「真に文明的な行動とは、反対の意見を持つ人にも愛され、生態学的多様性を
尊重すること」ではないかと問いかけた。
人民日報の英語版では、中国で犬の肉を食べたいと思っているのは
多数派ではないとしたえうえで、犬肉食に対する反感が強まったのは
欧米の影響だと分析している。


友人であり食料!
アンパンマンだけじゃなかったのか~。
まあ、日本にもイルカ・クジラ問題がありますが(私は食べません)、
英語版だけオチが付いてるような。。。
生態学的以外の多様性も尊重したら、より文明的ですね。

ところで、こちらのイベント。
そもそも犬肉とライチって一緒に食べるんでしょうか(生ハムメロン的な?)。
そんな本質とは全く関係のない点が気になりました。

我が家の犬肉、もとい犬のペコ田さん。
カラリと揚げ物にされなくて良かったですわね。

IKEAで買って来たお犬様用抱き枕を抱えて、テレビを見る犬。
20140617IKEAのクッション2

テレビに飽きて、眠くなった犬。
ちなみに、糖度が高いので少ししか食べさせませんが、
ペコ田もライチが大好きです。
20140617IKEAのクッション1

今晩のデザートはライチにしようかな。

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | page top

← 【ドーナツ】夫には言えない脆皮鮮奶甜甜圈通い【メキシコ料理】MAYAN American Bar & Bistroで巻き巻き会 →

| ホーム |