台湾の食材が美味しい和食に。卵かけご飯も絶品な赤緑。
2016 / 01 / 25 ( Mon )

小雨降る中、鴨鍋で暖まろうと赤緑さんへ。
20160122赤緑01

18daysの台湾ビールで乾杯し、
20160122赤緑02

まずは、お刺身盛り合わせ。
台北には日本からネタを空輸しているお寿司屋さんなども多いのですが、
赤緑のお刺身は台湾産のものが多いです。
シェフが毎朝市場で仕入れているそうで、新鮮でとっても美味。
20160122赤緑03

鮑の煮付け。
上品なお味で柔らかく仕上がっています。
20160122赤緑04

カラスミもねっとり濃厚で、ビールが進みます。
20160122赤緑05

玉子焼き(甘口)。
プルプルな食感でたまらなく美味しい~。
20160122赤緑06

ところで、甘い玉子焼きが苦手な夫(関西人)が「赤緑には出汁巻きしかないよ」と
今まで私にしれっと嘘をついていたことが、この日判明。
どうせすぐにばれるのだから、私のQOLを微妙に下げるのはやめて下さい。

カラスミがアクセントのポテトサラダ。
20160122赤緑07

インゲンのフライ。
衣にチーズが練り込んであります。またまたビールがススムくん。
20160122赤緑08

さて、楽しみにしていた鴨鍋です。
宜蘭産櫻桃鴨や三星ネギなどを特製の醤油ベースのお出汁で頂きます。
ちなみに、こちらで3人前。鴨がたっぷり~。
20160122赤緑09

自家製のポン酢も、酸味が程良く美味しいです。
後ろにあるのは梅酒。果実酒はストレートで飲むのが好きです。
20160122赤緑11

鴨の脂がしみ出したお出汁は旨みが倍増。
あまりに美味しいので飲み干してしまいたくなりますが(私だけ?)、
ちょっとアレなのでお雑炊で頂きます。これがまた美味。
20160122赤緑12

加えて、この日は裏メニューの卵かけご飯もお願いしてしまいました。
名前を失念しましたが、確か台南産の生食できるブランド卵を使用しているそう。

見るからに弾力のある黄身、ツヤツヤに炊けたご飯。
生卵に飢えた在台日本人の心をこれ以上揺さぶるものがあるでしょうか。
20160122赤緑13

欲張って、お雑炊と卵かけご飯を両方オーダーするとこのような図になります。
20160122赤緑14

明らかに食べ過ぎだと分かってはいるのですが、ペロリと頂いてしまいました。
だって、美味しいんだもの。

◆赤緑 TAIWANIPPON
住所:台北市復興南路一段107巷5弄15號B1
電話番号:02-8773−7609
営業時間:18:00~午前0:00(月曜定休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top

← 前衛的な、あまりに前衛的な(老茶で下午茶@台北發生)犬も凍える大寒波 →

| ホーム |