南台湾地震で倒壊した維冠金龍大樓
2016 / 02 / 06 ( Sat )

本日午前3時57分、高雄を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生しました。

朝からニュースチャンネルでは被害の大きい台南市の様子を放送していますが、
少なくとも8棟のビルが倒壊したり傾いたりし、現在も救助活動が続いています。
201602060854215243.jpg

日本と台湾では震度の計測方法が若干異なるようですが、
台南は最大震度5級とのこと。
台南に住んでいる友人も、揺れがすごかったと言っていました。
201602061059344803.jpg

南部では停電や断水に加え、新幹線も嘉義以南が運休しています。
こちらは旧正月なので、帰省ラッシュとも重なり台鉄は大変な混雑のよう。
201602060940045335.jpg

さて、今回の地震で被害が集中しているのは倒壊した維冠金龍大樓。
写真中央の横倒しになっている建物です。
201602061014596609.jpg

地上16階/地下1階建てのマンションで、96世帯約256人が住んでいたとされます。
旧正月(年に一度の大型連休)のため地震発生時に建物内にいた正確な人数は
不明ですが、既に258人が救出され、そのうち10人は残念ながら助かりませんでした。
一方、台南市はこのマンションで172名と連絡が取れなくなっていると発表しており、
情報が錯綜しているようです。
44530364.jpg

他のビルに比べて特にひどい状況ですが、倒壊した建物の壁の中から
業務用食用油の缶が大量に出て来たそうで、使用する建材を減らして
コストを浮かせていたのではないかとか、設計に瑕疵があるのではといった
指摘が出てきています。
台南地検もこの件について捜査をするとコメントしました。

また、こちらのマンションでは生後10日の赤ちゃんも亡くなっていて、
命に貴賤はありませんが、ご家族の気持ちを想像すると胸が痛みます。

今回の地震では現時点で死亡12人、負傷481人とのことですが、
これ以上被害が大きくならないよう祈るばかりです。

 #写真は全て中央通信社より。以下で最新情報が確認できます。
   http://www.cna.com.tw/news/firstnews/201602065004-1.aspx

【追記】2016.2.18
その後の捜索の結果、本ビル倒壊による死者は115名、
台湾全体では117名となりました。
なお、最後のご遺体ですが、台南市による捜索終了宣言の5日後に
再開された捜索活動により発見されました。
ご冥福をお祈り致します。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top

← 迪化街・年貨大街と台北花市で旧正月準備リーズナブルな炭火焼プライムビーフステーキ(超越原味炭烤牛排) →

| ホーム |