極寿司でおまかせ日式コース
2016 / 05 / 13 ( Fri )

高級日式(なんちゃって和食)レストランを複数運営する三井餐飲グループ。
「高級なのになんちゃって」というトリッキーな立ち位置のおかげか、
残念ながら良い思い出がありません。

が、ある日、こちらの経営するお寿司屋さん・極寿司へ伺うことになりました。
日本人の大将がいらっしゃるそうで、日式ではないお寿司が頂けるかも。

こじんまりした店内。カウンター席のみです。
kyokusushistore-4_02.jpg
 #オフィシャルサイトより

一番搾りで乾杯~。
20160506極寿司01

お料理はおまかせのコースをお願いしました。

まずは、ホタルイカの酢味噌和え。
20160506極寿司02

鮑と毛蟹。
20160506極寿司03

金目鯛とシマアジ。
柚子の爽やかな香りがたまりません。
20160506極寿司04

ブリとイクラを煎り酒で。
かすかな梅の風味と鰹出汁がバランス良く、美味しいです。
20160506極寿司05

と、ここで鋭い視線を感じました。
周りを見渡したら、こちらを凝視する毛蟹がお一人。
20160506極寿司06

先程ご友人を美味しく頂いてしまいました。ごめんね。

ウニとトロ。
美味しくないわけがない、反則の組み合わせです。
20160506極寿司07

カツオは土佐酢で。
玉ネギのすりおろしでさっぱりと。
20160506極寿司08

イクラと蟹ミソの茶碗蒸し。
マイルドなお味の茶碗蒸しですが、イクラの塩気で美味しさ倍増。
20160506極寿司09

キンキの塩焼き。
20160506極寿司10

熱燗を頂きまして、
20160506極寿司11

金目鯛の煮付け。しかも、右向き。
私、リベラルなんですが。
20160506極寿司12

さて、ここからお寿司です。

ぼたん海老。
柚子皮が良い香りです。
20160506極寿司13

カレイのエンガワの炙り。
20160506極寿司14

トロの炙り。
なぜ炙ってしまったのか。臭みだけが目立ちます。
20160506極寿司15

ここで、「炙りがあまり好きではないので、これ以上炙らないで」と
お願いしました。

直後に、先程のぼたん海老の頭が炙られて出て来ました。
これは炙らないと食べられませんものね。
ご飯が詰めてあり、美味しかったです。
20160506極寿司16

〆鯖。
20160506極寿司17

金目鯛の肝。
20160506極寿司18

貝のお吸い物。
20160506極寿司19

デザートは抹茶アイスと、
20160506極寿司20

フルーツ。
20160506極寿司21

ねっとりした柚子柿が美味しかったです。
20160506極寿司22

という訳で、極寿司さん。
ネタはどれも新鮮で美味しかったのですが、
コースの構成がやっぱり日式ですね。
最後に肝の軍艦を食べたい人はいるのかしら。

ちなみに、この日担当してくれたのは台湾人の板さんだったので、
日本人の大将の場合はまた違うのかもしれません。

お寿司難民、次はどこへ辿り着くのでしょうか。

◆極寿司
住所:台北市農安街45-2號
電話番号:02-2594-3394
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:30(無休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top

← 師範大学で民法総則を学ぶマンゴー雪花冰の季節到来。今年も冰讃詣で始めました。 →

| ホーム |