日本産卵で美味しすぎるトリュフ卵かけご飯
2016 / 08 / 27 ( Sat )

最近、台湾のスーパーでも日本の卵を見かけるようになりました。
殺菌処理や温度管理の問題で台湾の卵は基本的に生食できないので、
これは助かる~。

こちらは白そごうにて。徳島の卵です。
P_20160813_113328.jpg

緑そごうには数種類ありました。
こちらは福岡の卵。
P_20160826_174611.jpg

宮崎産はなかなか高級です。6個で230元(約740円)なり。
P_20160826_174633.jpg

という訳で、早速ですが日本人のソウルフード・卵かけご飯を
作ってみようと思います。

まず、お米はつや姫。
もう5年程?食べていますが、美味しすぎて他のお米に浮気できません。
台湾でも買えて良かった~としみじみ思う。
20150728つや姫

そして、主役は徳島産の卵。後ろはマルシマの生醤油、トリュフオイル。
マルシマのお醤油は三井選品で買っているのですが、
なぜか日本とあまり変わらない価格で売られています。ありがたや~。
20160827トリュフ卵かけご飯

卵を割ってみると、プルンとした黄身がなかなか新鮮そう。
20160724卵かけご飯2

お醤油を加えてご飯と混ぜ、最後にトリュフオイルをとろーり。
20160724卵かけご飯4

もうね、海外にいることを忘れる美味しさです。
住み易すぎる!台北。

ところで、台北でも卵かけご飯を出すお店は何軒かありまして、
赤緑さんなどは安心して頂けるのですが、他ではちょっとハラハラドキドキ。
そもそも、台湾では多くの方が”生卵=危ない”という認識なので、
エッグベネディクトもウェルダンだったりすることも(あれは切ない)。

そんな中、空輸している割にはリーズナブルな価格で
日本の卵が買えるようになって嬉しい限りです。

近々、家ですき焼きしようかな(あ、でも和牛がないわ)。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】料理に挑戦 | page top

← 【8月29日まで】日本酒主義 in "Taipei Int'l Fine Wine Expo 2016"ロブスターサンドと台湾庶民派サンド →

| ホーム |