香港で担々麺を食べ比べ
2016 / 10 / 19 ( Wed )

たまに食べたくなる担々麺。

台湾の場合、本場・四川と同様に汁無し担々麺が主流なのですが、
お味はたいていマイルドにアレンジされており、ほとんど辛くありません。
辛いもの好きにはちょっと物足りないんですよね。

という訳で、先日香港へ行く機会があったので、
20161019香港50

担々麺の人気店で食べ比べしてみました。
ちなみに、香港では汁有り担々麺が一般的なようです。

早速、1軒目。

◆霞小飛
(九龍尖沙咀河内道18號 K11 B226-B227A鋪)

上海料理の霞飛グループが運営するカジュアルなレストラン。
尖沙咀駅直結のK11というショッピングモールの中にあります。

スープが真っ赤!しかし、見た目ほどは辛くありません。
花椒が強めに効いていてとても爽やか、かつ芝麻醤もたっぷりで
コッテリした重たい担々麺です。
20161019香港01(霞小飛)

カフェ風な内装に油断していましたが、かなり美味!
なお、辛さが足りなかったので辣油をお願いしたところ、
お椀一杯分をまるっと追加されそうになったので慌てて引き取りました。
辣油追加の際はお気を付け下さい。

続きまして、2軒目。
香港の中心部からは少し離れた場所にありますので、
遠足気分で向かいます。

まずは香港名物・トラムに乗り、
20161019香港06

北角のフェリー乗り場から(なぜか入口に魚を売るお店がずらり)、
20161019香港07

紅磡行きのフェリーに乗ります。
20161019香港08

紅磡に着いたらテケテケ歩き(マンションが高層すぎる!)、
20161019香港09

ジャスコの2階にあるこちらのお店へ。
20161019香港10

◆詠藜園
(九龍紅磡德安街7號黄埔新天地黄埔花園8期102-103&105號舖)

数多くの賞を取っている四川料理の老舗レストランです。
担々麺は、普通or改良(挽肉のせ)、辣or不辣が選べます。

オーダーしたのは、改良担々麺(辣)。
20161019香港11

うーん、こちらの担々麺も美味しいです。
ピーナッツの風味がまろやかでコクのあるスープはお味のバランスが良く、
そして何よりストレートの細麺がものすごく美味しい。
茹で加減も日本人好みだと思います。

そして、3軒目。

◆濰京坊
(香港北角北角道21號A地下)

紅磡行きフェリー乗り場のある北角にある、
いかにも街の食堂といった雰囲気のお店です。
20161019香港02

こちらの担々麺はあまり赤くありません。
20161019香港03

日本で食べる担々麺に近いお味です。
お酢が効いていてあっさりしたスープに、標準的な玉子麺。
辛さが足りなかったので、テーブルにあった辣醤をたっぷり追加して
ペロリと完食。

若干味がかぶりますが、乾煸四季豆。
20161019香港04

酔鶏の辣醤がけ。
20161019香港05

こちらが最後、4軒目です。

◆翡翠拉麺小籠包
(香港銅灣時代廣場B221A號舖)

シンガポールが拠点のクリスタルレストラングループの
運営するレストランです。

香港だけで16店舗もあるそうですが、
タイムズスクエアの店舗に行ってみました。
ランチタイムには行列のできる人気店なのだとか。
20161019香港13

こちらが人気の担々麺。
20161019香港14

濰京坊の担々麺とやや似ていますが、
あっさりしたスープながらも辛味が強くて美味しいです。

またまたお味がかぶりますが、乾煸四季豆。
20161019香港15

箸休め的に、卵白と貝柱の炒め物。
20161019香港16

こちらはあっさり、清燉鶏湯拉麺。
20161019香港17

さて、とても楽しい食べ比べでしたが、
個人的に、スープは霞小飛、麺は詠藜園が好みでした。

担々麺も奥が深いですね。
まだまだ掘れそうな気がするので、また行かなくちゃ~。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(香港) | page top

← ミル貝のしゃぶしゃぶ&香港の定番グルメ屋台でおやつ、クセになるお餅の甘辛炭火焼き(包好吃) →

| ホーム |