香港で器を買う(ペニンシュラのアウトレット&シノワなケーキ皿)
2016 / 10 / 24 ( Mon )

食べ物のことばかり書いていてアレなのですが、
実は今回の香港行きの目的は「器を買う」です。
以前からシノワな雰囲気の器が欲しかったんですよね。

まず向かったのは、九龍湾駅から徒歩10分ほどのこちら。
20161022香港01

素敵な路面店などではなく、こちらの工業ビルの中にあります。
20161022香港02

正面の入口から奥に進み、ガタガタと揺れるエレベーターで3階へ。
20161022香港03

到着しました~。店構えは完全に「倉庫」です。
20161022香港04

◆粤東磁廠
九龍湾宏開道15號 九龍湾工業中心3樓1-3室

店内(倉庫内?)には所狭しと食器や壺が積み上げられており、
その間で職人さん達が絵付けをしていました。
20161022香港05

とにかく商品の数がものすごいので、宝探し気分で見て回ります。
こんな小皿もかわいいですね。
20161022香港06

さて、こちらのメーカーさん。
実は香港の駐妻さん方の間ではとっても有名らしいのですが、
なぜかと言いますと、ペニンシュラ仕様の食器がお安く買えるから。
20161022香港06-2

何でも、以前ペニンシュラはこちらのメーカーに食器をオーダーしており、
中でも客室に置かれていた赤いお花の茶器が評判だったのだとか。
その絵柄のものは現在ペニンシュラでは使われていないのですが、
同じものを作り続け(かつ、裏にペニンシュラの刻印まで入れて)、
リーズナブルに販売しているそうな。ギリギリな商売ですね。

という訳で、この辺りが旧ペニンシュラ仕様の食器シリーズ。
20161022香港07

自宅にこんなスープ皿があったら素敵ですね。
20161022香港08

そして、宝探しすること約1時間。無事に定番の茶器を購入~。
手描きなのでかなり見比べて選んでいたら、時間がかかってしまった。
20161022香港09

お店の方によると、こちらの赤い花のモチーフは
イギリス時代に香港総督府が使用していたものなのだとか。

客室に置かれていたのは蓋椀だったそうですが、
ちょっと大げさなので普通の杯子にしてみました。
20161022香港10

プレートはお茶菓子をちょこちょこ並べても良さそう。
20161022香港11

要はアウトレット的なお店なので、ペニンシュラブティックとは
比べ物にならないお値段です(当然か)。
たくさん商品がありますが、ペニンシュラ仕様のものは他の物よりも
磁器の質が良いように見えました。
また、お店のマネージャーさん(女性)は英語が通じますし、
商品を探すのも親切に手伝ってくれて、お買い物しやすいです。

そして、もう1軒。
こちらはセントラルにあります。

ミッドレベルエスカレーターでSOHOエリアへ。
この辺り、道も込み入っているしアップダウンが激しいので、
googleマップがあまり役に立ちません。
20161022香港12

テケテケ階段を上り続け、やっと到着。
おしゃれエリアに突然現れる、こちらの古~い食器屋さん。
20161022香港13

◆興祥富記
香港中環士丹頓街17號

お店にはおじいちゃまが一人。
広東語オンリーで色々と説明してくれます。
当然ながら全く理解できませんが、何とかジェスチャーと
少しの北京語で意思疎通。

こちらは、アンティークのレプリカとのこと。ケーキ皿サイズ。
20161022香港14

おじいちゃまイチオシのお茶カップ。
20161022香港15

シンプルな青花のお皿も種類豊富です。
20161022香港16

かわいいレンゲ。お値段はもっとかわいい。
20161022香港17

こちらでは、透かし模様がきれいな景徳鎮の小皿と、
20161022香港18

レプリカのケーキ皿を購入~。
20161022香港19

非常にお安かったのですが、シノワな雰囲気で気に入っています。
シャトレーゼのケーキなのに、美味しそうに見えませんか?
20161022香港20

とても楽しかった食器探し。
次回は工夫茶に使える白磁の杯子を探す予定です。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(香港) | page top

← 2016 Taiwan LGBT Pride(台灣同志遊行)香港にて、とろとろミルクプリンとさくさくエッグタルト →

| ホーム |