がんばれ、旬採
2016 / 12 / 03 ( Sat )

お寿司を頂きに旬採さんへ。
前回伺ったのは半年程前でしたでしょうか。
20161029旬採01

杉のカウンターが美しい、完全に日本な店内です。
20141225124613_a6da680bcb675843419f2ba88a7ab7b8.jpg
 #オフィシャルサイトより

オリオンビールで乾杯しまして、
20161029旬採02

先付は、しめじと山芋の梅酢和え。
20161029旬採03

お造りはヒラメから。
20161029旬採04

海老のお造り。ミソが美味です。
20161029旬採05

久し振りに飲むエビス。
20161029旬採06

これまた久し振りの子持ち昆布。台北で頂くのは初めてかも?
日本のビールに合いますね。
20161029旬採07

アイナメにとろろ昆布をのせたもの。
昆布〆風で美味しかったです。
20161029旬採08

日本産の立派な牡蠣。
が、あろうことか熟成に失敗していたので下げて頂きました。
大好物なので切なさ倍増。
20161029旬採09

お造りが続きます。
気を取り直して、サワラ。
20161029旬採10

マグロの漬け。1枚ずつ山葵と生姜で。
20161029旬採11

カツオのたたき。
20161029旬採12

ゲソの天ぷら。
20161029旬採13

お寿司が始まります。

カワハギ。肝が美味。
20161029旬採14

(確か)カンパチ。
20161029旬採15

サンマ。
20161029旬採16

トロ。
薄く切って2枚重ねにしてあります。仕事が素晴らしい~。
脂が上品でとても美味しかったです。
20161029旬採17

メニューに甲州ワインの白があったのでオーダーしてみました。
オーナーさんが日本に行った時にとても気に入り、
自ら購入して来たそうです。
20161029旬採18

頂いてみたら、いかにも甲州ワインらしく
軽くてジュースのようでした(けなしている訳ではない)。

タコの煮付け。
柔らかくて美味しかったです。
20161029旬採19

ウニ。やっぱり日本のウニは格別ですね。
20161029旬採20

きびなご。横向きに握っても美しい~。
20161029旬採21

ここに来てなぜか、サワラの塩焼きが登場。
20161029旬採22

パッションフルーツとグリーンマンゴーの箸休め。
20161029旬採23

白子の天ぷら。
20161029旬採24

マグロ骨身の煮付け。
20161029旬採25

玉子焼き。
伊達巻に近い食感です。
20161029旬採26

お味噌汁。
20161029旬採27

どどーんとやって来たデザート。
右上は桑の実のシャーベットです。
20161029旬採28

さて、旬採さん。
前回伺った際は正統派というかきちんとしたお寿司屋さんという
印象だったのですが、今回でかなりイメージが変わってしまいました。

ほぼ全てのネタを日本から空輸していることをウリにしていますが、
鮮度の管理ができないようなら台湾産を上手に使った方がベターです。
また、上記の通りお料理の出てくる順番がしっちゃかめっちゃかで、
基本くらいは押さえてほしいな、と。料理長でも替わったのかしら。

台北に日本料理店は数あれど好印象のお店は少ないので、
どうにか以前のレベルに戻ってもらいたいものです。

がんばれ、旬採。

◆旬採
住所:台北市中山區中山北路二段50巷3號
電話番号:02-2521-9679
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30(日曜定休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top

← 台湾産ワサビ存続ピンチ 林野当局、「治山」で先住民栽培地に退去要求(2016/12/4 産経新聞)行列のできるエビ入り水餃子(阿娥水餃) →

| ホーム |