台湾産ワサビ存続ピンチ 林野当局、「治山」で先住民栽培地に退去要求(2016/12/4 産経新聞)
2016 / 12 / 07 ( Wed )

香りが良くて高品質な阿里山ワサビ。
日本でも築地の場外で見かけたりしますが、
およそ100年前から続く阿里山でのワサビ栽培が
危機的状況に陥っているそうです。

台湾産ワサビ存続ピンチ 林野当局、「治山」で先住民栽培地に退去要求
2016年12月4日付 産経新聞

わずか50ヘクタールのワサビ畑がどれほど治山に影響するのか
分かりませんが、そもそも先住民が使用していた土地が
後から国有林として指定された訳ですよね。
台湾には16もの先住民族がいるので本件のようなケースは
他にも沢山ありそうですが、財産権に直接関わる問題については
行政側はより柔軟に対応できないものかと思ってしまいます。
 #日本人の私が言うのもなんですが、蔡英文も8月、
  先住民に公式に謝罪したことですし。

という訳で、阿里山。
このような風光明媚なところです。
20161125阿里山わさび01

一面に茶畑が広がっています。
こちらは標高1,500メートル程の場所だったような。
20161125阿里山わさび02

嘉義にありますので、麓では美味しい火鶏肉飯(七面鳥)が
食べられます。
20161125阿里山わさび08

そして、もちろん阿里山ワサビを購入~。
20161125阿里山わさび09

3本買ったら、おばちゃまが1本おまけしてくれました。謝謝!
ちなみに、台北の1/3位のお値段でした。
20161125阿里山わさび10

サイズも立派です。
20161125阿里山わさび11

お刺身はもちろんのこと、
20161125阿里山わさび12

鶏にも、
20161125阿里山わさび17

豚にも、とっても合います。ワサビ醤油最強。
デパ地下で買うよりも鮮度が良いので、より美味です。
20161125阿里山わさび14

そして、こちら。
何だかお分かりになりますか?
20161125阿里山わさび15

孤独のグルメで定着したらしい、おかか&ワサビご飯。
去年でしたでしょうか、月見ル君想フさんで頂いて
大好きになってしまった一品?です(期間限定メニューでした)。
20161125阿里山わさび16

つや姫、丸島醤油、築地松村の鰹節に阿里山ワサビ。
もうね、たまらなく美味な”ねこまんま”でございます。
なお、ワサビは全体にまぶすよりもアドオンした方が好みでした。

さて、そんな阿里山ワサビですが、実は台北でも
不定期ながら直接生産者の方から購入できる場所があります。

それは、土日のみオープンする希望市場(希望廣場農民市集)。
20160306希望市場01

住所:林森北路×北平東路交差点付近(MRT善道寺駅より徒歩10分程)
営業時間:(土曜)10:00~19:00、(日曜)10:00~18:00
http://www.ehope.org.tw

阿里山から月に2回程度、ワサビの販売にいらしているそうです。
20160925希望広場2

不定期なのが切ないところなのですが、
お見かけしたら即買いをオススメしたい阿里山ワサビ。

話は戻りますが、行政には是非とも柔軟な対応を期待したいところです。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | page top

← LV級菓子パン、香港名物・菠蘿油を台北でも(好好味)がんばれ、旬採 →

| ホーム |