礁溪名物、ジューシー&スパイシーな鶏の丸焼き(甕窯鶏)
2017 / 02 / 17 ( Fri )

友人から、礁溪に行くなら美味しい鶏の丸焼きがあるよと
教えてもらい、密かに楽しみにしていた”甕窯鶏”というお店。
20170207甕窯鶏01

礁溪老爺大酒店からはタクシーで10分程。
こちらの陽気な鶏さんオブジェが目印の人気店です。
20170207甕窯鶏02

メニューはこちら。
左上にある”甕窯鶏”というのがこちらの名物料理です。
20170207甕窯鶏03

スパイスに漬け込んだ鶏を一羽丸ごとこちらの甕で
40分かけて焼き上げる、ワイルドなお料理なのだとか。
30年以上変わらぬ秘伝の製法らしく、これは期待大ですね。
20170207甕窯鶏05

薪には龍眼の木を使い、まずは低温でじっくり焼いてから
一旦温度を下げ、再び高温で焼くと
肉汁が流れ出ずジューシーに仕上がるそうです。
へえ~。

まずはお店の入口でテーブル番号の書かれた紙をもらい、
それを持ってレジでオーダーを済ませます。

店内は郊外のレストランによくある雰囲気。
平日午後でしたが、なかなか混み合っていました。
20170207甕窯鶏07

壁に貼ってあったお店紹介のポスターに、
「伝統的なファッション美食」。斬新なワーディングです。
20170207甕窯鶏09

さて、鶏が焼き上がるまでしばらくかかりますので、
無料の鶏&筍スープを頂きながら待ちます。
20170207甕窯鶏11

日本人的にはやっぱり塩気が足りないので、
店員さんにお願いしてお塩を少し頂きました。
少し足すとスープが抜群に美味しくなり、非常感謝。
20170207甕窯鶏12

そして、鶏の丸焼きに備えてビールを。
20170207甕窯鶏13

こちらは晩香百合苞。
シャキシャキした食感で、ニンニクとお塩が効いていて美味。
20170207甕窯鶏14

そして、お待ちかねの甕窯鶏がやって来ました~。
焼くのに40分かかるそうですが、お客さんが多いので
常に一定数を焼いているため、待ったのは20分程だったかな。
20170207甕窯鶏15

これは見るからに美味しそう!
香ばしい鶏とスパイスの香りもたまりません。
20170207甕窯鶏17

ペコ田のお尻とあまり変わらない、ぼんじり部分。
20170207甕窯鶏18

(ご参考)
20170129ペコ田1

添えられているのは、ニンニク・キノコ炒め・塩胡椒・鶏の肉汁&脂。
20170207甕窯鶏19

軍手の上に更にビニールの手袋をして、手で解体します。
頭も付いてますので、ちょっとグロい。
20170207甕窯鶏20

そして、丸焼きと格闘すること約5分。
意外とスムーズに解体に成功した夫。
ジャングルなどでも生きていけそうですね。
20170207甕窯鶏22

という訳で、ここからはビールを飲みつつ、
大量の鶏さんを素手でガブリと頂きます。

実は私、あまり鶏肉が好きではないのですが、
こちらの甕窯鶏は臭みがなくてとっても美味しい~。
スパイスも良い塩梅ですし、お肉が実にジューシーです。
附属の塩胡椒は台湾味だったので、肉汁&脂をたっぷり付けて
さっき頂いたお塩(そして時々ニンニク)で頂きました。

こちらはもも肉。
20170207甕窯鶏23

こちらは手羽。パリパリの皮も美味。
20170207甕窯鶏24

美味しくて、2人でペロリと一羽完食してしまいました。
甕窯鶏、礁溪温泉に行く場合はマストですね。

◆甕窯鶏
住所:宜蘭縣礁溪郷礁溪路7段7號
電話番号:0918-717-288
営業時間:(平日)9:00~22:00、(土日祝)9:00~24:00


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | page top

← 台湾に焼酎ブーム到来?圓山飯店にて台湾焼酒(酎)協会設立大会温泉&ビールで至福の休日(礁溪老爺大酒店) →

| ホーム |