【パン】吳寶春麵包店で重いパンを買う
2014 / 07 / 19 ( Sat )

フランスで行われる Masters de la Boulangerie(パン職人コンテスト)で、
2010年に優勝した吳寶春さんのお店が台北にあるとのこと(本店は高雄)。
今更ですが、美味しいパンを求めて行ってみました。

場所は、松山文創園区に昨年オープンした誠品生活松菸店のB2F。
20140718ライチパン&松山文化園区01

パンの種類が多いので迷いに迷い、上記のチャンピオンパン・オリーブのパン・
マンゴーベーグルを購入。
チャンピオンパンは”荔枝玫瑰麵包”といい、15時間発酵させたパン生地に、
ライチ酒に一晩漬け込んだ黒葉(ライチの品種)とバラ、クルミを練り込んで
焼き上げたハード系のパン。
こちらが、何しろ重い。そして、大きい(写真右の巨大パン)。
おかげ様で、この日はパン屋さん以降どこにも立ち寄れず、直帰しました。
20140718ライチパン&松山文化園区02

そして、こちらのパンをより美味しく食べようと、事前に買っておいた
バラのジャムとエシレの無塩バター。
エシレのバター、ブリックスクエアで買うと1,000円位だったと思いますが、
台湾ではなんと160元(約540円)。半額じゃないか。
20140719朝ごはん1

いざ、実食~。
チャンピオンパンは確かに美味しい!
ライチの風味とバラの香りが素晴らしく、かといって主張しすぎることもなく、
しっかり小麦の味がします。
そして、バターやジャムを少し乗せると、更に美味。
オリーブのパン(フォカッチャでした)は夫が絶賛、ベーグルはやや残念(モッチリ感不足)。
20140719朝ごはん2

チャンピオンパンがかなり美味しかったので、次回は、これまたフランスで開催されている
Coupe du monde de la boulangerie(国対抗ブーランジェリーコンテスト)で
2008年に2位になった、龍眼と赤ワインのパンを買いに行こうと思います。

さて、こちらのパン屋さんの入る誠品生活松菸店。
3Fのみ書店なのですが、とってもおしゃれ。もとい、OSHARE?
20140718ライチパン&松山文化園区04

書店エリアを取り囲むように、茶芸館が並んでいます。
本+コーヒーではなく、+お茶がコンセプトなんだとか。
20140718ライチパン&松山文化園区05

なお、3Fでエレベーターを降りた瞬間、マイコーに説教くさいことを言われます。
誠品って、本業の書籍販売は1989年から赤字だそうですが、自責の一句か。
20140718ライチパン&松山文化園区03

ちなみに、誠品生活松菸店のある松山文創園区ですが、
1937年に建設された”台湾総督府専売局松山タバコ工場”をリノベーションし、
文化創意をテーマにした空間として開放されているエリアです。

白鳥と池と誠品生活松菸店。
丸の内のような、ベイヒルトンのような。。。姉さん、事件です。
20140718ライチパン&松山文化園区06

元・機械修理工場。現在はガラスアート工房のギャラリー兼ショップ。
20140718ライチパン&松山文化園区07

元・タバコ工場は、
20140718ライチパン&松山文化園区11

とても大きな建物で、
20140718ライチパン&松山文化園区12

中心には立派なバロック式中庭が。
20140718ライチパン&松山文化園区19

後方に見えるのは、建設中の台北大巨蛋(アリーナ)。
今現在は台北小巨蛋という、大きいのか小さいのかよく分からないアリーナがありますが、
元々2つ建設する計画だったので、そんな名前になったそうな。へえ~。
20140718ライチパン&松山文化園区14

この日の最高気温は34.2℃。
中庭でボール遊びをする子供たち。元気過ぎる。
20140718ライチパン&松山文化園区24

シャボン玉製造マシーンを発見。
子供向けかと思いきや、せっせとシャボン玉を大量製造し、
シャボン玉に囲まれる彼女を記念撮影する彼氏、を記念撮影する私。
20140718ライチパン&松山文化園区20

なお、元・タバコ工場の中には、
20140718ライチパン&松山文化園区25

台湾デザイン館として、様々な作品が展示されています。
20140718ライチパン&松山文化園区26

こちらは、元・タバコ倉庫。現在はアートギャラリー。
古き良き雰囲気をぶち壊す、猫の生誕40周年イベントを絶賛開催中。
20140718ライチパン&松山文化園区28

誠品の正面が元・タバコ工場の建物です。
20140718ライチパン&松山文化園区29

そして、こちらは帰り道で見かけた、聯合報(新聞社)のビル建設地。
一面に貼られた過去の紙面がちょっとOSHARE。
20140718ライチパン&松山文化園区34

施工は大林組でした。
20140718ライチパン&松山文化園区35

せっかくタバコ工場跡地を見に行ったので、台湾のタバコ事情について一点。
台湾では煙害防止法により、ホテルやレストラン等”3人以上集まる室内”では
喫煙が原則禁止されています。
なるほど、住みやすそうだな~と思っていたのですが、
実際は路上喫煙・タバコのポイ捨てがめっちゃ多いだけ、という骨抜き具合。
日本の自治体のように、条例でも良いので取り締まりしてくれないかしら。

◆吳寶春麵包店 台北店
住所:台北市信義區菸廠路88號(誠品生活松菸店B2F)
電話番号:02-6636-5888 #1902
営業時間:11:00~22:00(無休)

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top

← 硬い桃、求む。【魚丸湯】多少冷めてもやっぱり美味しい、佳興魚丸店(キムチ尚可) →

| ホーム |