濱江市場で上海蟹、台湾産と中国産を食べ比べ
2017 / 11 / 09 ( Thu )

まだまだ続く蟹のシーズン。
という訳で、山の中の上海蟹に続きまして今度は自宅で上海蟹です。

先々週の週末、濱江市場へ向かいまして、
20171105濱江市場で上海蟹09

いつものお店へ~。
20171105濱江市場で上海蟹03

台湾では、このように近所の市場で活きた上海蟹が
手に入るのが嬉しいところ。
 #日本では上海蟹(チュウゴクモクズガニ)は特定外来生物に
  指定されており、活きた個体は許可を得た業者のみが売買可

さて、こちらは台湾産。
小さ目サイズが1杯250元(約950円)、大き目は1杯300元(約1,100円)なり。
20171029濱江市場で上海蟹00

一方、こちらは中国産。真偽のほどは不明ですが陽澄湖産とのこと。
大き目サイズで1杯400元(約1,500円)でした。
20171029濱江市場で上海蟹00-2

昨年までは台湾産ばかり購入していたのですが、
中国産の方が断然美味しいと聞き、今年は食べ比べすることに。

ご参考までに、購入時は以下を確認しています。
・オスかどうか(白子が美味しいので)
 →都是公的嗎?
・自分で選んで良いか(OKなら軽くタップして目が大きく動くものを選ぶ)
 →我可以自己選嗎?

そんなこんなで、まずは台湾産から。
20171029濱江市場で上海蟹02

い草で結んであり、蒸し上がると良い香りが。
この日は新しくなった八田(烏龍茶焼酎)で乾杯~。
20171029濱江市場で上海蟹06

今年も蟹みそたっぷりです。
20171029濱江市場で上海蟹10

びっしり詰まった白子がやっぱり美味。
20171029濱江市場で上海蟹07

美味しすぎてほぼ無言で台湾産を堪能し、
続いていよいよ中国産を蒸していきます。
20171029濱江市場で上海蟹01

はい、できあがり。
人生初の食べ比べにかなり興奮してきました。
20171029濱江市場で上海蟹13

割ってみると、こちらもみそと白子がたっぷり。
どう考えても美味しそうです。
20171029濱江市場で上海蟹14

みそを一口食べてみると、ん~、確かに台湾産より美味しい。
断然というほどの違いはないのですが、中国産の方がみその味が濃く
コクがあるように感じます。

みそを白子に絡めて食べると、正に至福の一言。
ナルホドデスネ。

ちなみに、〆の蟹汁も美味しゅうございました(当然か)。
20171029濱江市場で上海蟹18

と、我々の好みが判明しましたので、翌週も市場へ向かいまして
今度は中国産のみ購入。
20171105濱江市場で上海蟹02

ちなみに、この日は太湖産で1杯300元(約1,100円)でした。
サイズは前週の陽澄湖産よりもやや大きいのですが、
お値段はリーズナブルに。太湖産だから?もしくは旬だから?
20171105濱江市場で上海蟹24

この日のお供は辛口の日本酒。
20171105濱江市場で上海蟹26

手前は番外編?の萬里蟹です。身がとても甘くて美味。
20171105濱江市場で上海蟹28

そして、お楽しみの上海蟹。
20171105濱江市場で上海蟹27

この日も蟹みそラバーにはたまらないビジュアルです。
20171105濱江市場で上海蟹29

ん~、やっぱり美味しい。蟹みそが実に濃厚です。
サイズが大きいだけあって白子も前週よりたっぷり。
20171105濱江市場で上海蟹30

美味しい日本酒と上海蟹で幸せな食卓でした。
これ、日本に帰ったらできませんので、
今週末も濱江市場に行ってしまおうかしらと考え中。

台湾って、実は上海蟹天国ですね。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】夫の市場ごはん | コメント(0) | page top

← フルーツのように甘いトウモロコシ・甘蔗玉米と使えないお皿台湾でも十割蕎麦、二月半そばで鴨せいろ →

<<フルーツのように甘いトウモロコシ・甘蔗玉米と使えないお皿 | ホーム | 台湾でも十割蕎麦、二月半そばで鴨せいろ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |