欣葉日本料理、和食ビュッフェで土瓶蒸し
2017 / 11 / 16 ( Thu )

台湾料理の老舗レストラン、欣葉。
台菜以外にもいくつか業態がありまして、
中でも和食ビュッフェのレストランは台湾の方に大人気です。

その名も、欣葉日本料理(そのままですね)。
中山店はアンバサダーホテルの近くにあります。
741c6159-32b0-4073-9c02-0410f8c25a44.jpg
 #オフィシャルサイトより

ビュッフェレストランですが、1階はこのような落ち着いた雰囲気。
一方、お料理のある2階はやや窮屈なレイアウトです。
9a257888-9436-4add-b5c7-cac633196455.jpg
 #オフィシャルサイトより

1階のお席の場合、和服の店員さんがお料理を運ぶのを
手伝ってくれます。嬉しいサービスですね。

さて、こちらがなぜ台湾の方に人気があるかと言いますと、
お刺身やお寿司などシーフードが充実しているからなのだとか。

お刺身コーナー。
お願いしてから切ってくれるのが良いですね。
20160901欣葉日本料理04

ほとんどの方が空腹で来ているような気もしますが、
「生ものは身体を冷やすので空腹時は避けて下さい」との注意書きが。

こちらはお寿司コーナー。
20160901欣葉日本料理02

一目瞭然ですが、台湾での一番人気は炙りサーモンらしい。
20160901欣葉日本料理03

他にも、こちらのビュッフェはとにかくお料理の種類が豊富で、
以下はごくごく一部の写真です。

ホットミール色々。
20160901欣葉日本料理05

焼き魚コーナーで久し振りに見かけたシシャモ。
20160901欣葉日本料理09

小鉢も充実。こちらは櫻桃鴨のロースト。
20160901欣葉日本料理12

日本人にはちょっと嬉しいもずくや、
20160901欣葉日本料理14

温泉卵も。
20160901欣葉日本料理15

そして、こちらは茶碗蒸し&土瓶蒸し。
ビュッフェで土瓶蒸しなんて渋いわ~。
20160901欣葉日本料理15-2

デザートはケーキや、
20160901欣葉日本料理16

プリンにフルーツなどなど。
20160901欣葉日本料理17

ちなみに、こちらのビュッフェにはドリンクも含まれていまして、
ディナータイムはビール・赤白ワイン・サワーなどが頂けます。
(もちろんソフトドリンクも)

という訳で、まずはワインで冷菜~。
台湾の方に倣い「私もえび祭り!」と意気込みましたが、
3尾では祭りじゃないよと指摘される。
20170325欣葉和食1

サラダやお野菜のお惣菜。
20170325欣葉和食4

続きまして、ビールで温菜。
周りにはえび天祭りを催している方が多かったです。
20170325欣葉和食3

お寿司と小鉢。
小鉢はどれも丁寧に作られていて、美味しかったです。
少しずつ色々なお味を楽しめるのが良いですね(お酒もあるし)。
20170325欣葉和食2

そして、土瓶蒸し。すだち代わりにカラマンシーも。
お出汁は薄めですし、もちろん松茸も入っていませんが、
何だかホッとするお味です。
ビュッフェに土瓶蒸しを置こうと思ったシェフ、素敵~。
20170325欣葉和食5

デザートとコーヒー。
20170325欣葉和食6

ちなみに、英語の先生(オーストラリア人)が
台北で一番好きな和食のお店はこちらだそうです。
「あんなに美味しいお寿司は食べたことないよ!」と言われると、
少しだけ微妙な気持ちに。。。

が、ここは台湾ですのでやはりどうしても台湾風のお味ではあるのですが、
割と好きなビュッフェです。
涼しくなってくると、こちらの土瓶蒸しを思い出します(薄いけど)。

◆欣葉日本料理(中山店) ※予約必須です
住所:台北市中山北路2段52號
電話番号:02-2542-5858
営業時間&料金:

ランチ 11:30~14:00
アフタヌーンティー 14:30~16:30
ディナー 17:30~21:30(平日)、17:10~21:30(土日祝)

(平日)
ランチ:大人料金 NT 680、お子様料金NT 340
アフタヌーンティー:大人料金NT 540、お子様料金NT 270
ディナー:大人料金NT 820、お子様料金NT 410
(土日祝)
ランチ: 大人料金NT 820、お子様料金NT 410
アフタヌーンティー: 大人料金NT 540、お子様料金NT 270
ディナー: 大人料金NT 820、お子様料金NT 410


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top

← 大渓老茶廠、美しくリノベされた旧日東紅茶工場博多駅ビルが最強&ペコ田さんのホテルライフ →

<<大渓老茶廠、美しくリノベされた旧日東紅茶工場 | ホーム | 博多駅ビルが最強&ペコ田さんのホテルライフ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |