FC2ブログ
つじ半でイクラましまし海鮮丼、鯛茶も美味
2018 / 10 / 30 ( Tue )

微風信義に今夏オープンした、つじ半。
天丼の金子半之助とつじ田というつけ麺屋さんがコラボした
海鮮丼専門店で、本店は日本橋にあるそうです。

オープンから1ヶ月程の頃に伺いました。
お昼から大行列と聞いていたので、微風のオープン5分前に到着~。
シャッターが開くところを初めて見ましたよ。
20180813つじ半01

微風の中にありますが、しっかり和風な入り口です。
20180813つじ半02

店内はお寿司屋さんのような雰囲気。
20180813つじ半04

テーブルに案内されると、一人に一台ipadが置いてありまして、
半強制的に食材や食べ方についてレクチャーしてもらえます。
20180813つじ半05

さて、メニューはこちら。
海鮮丼が4種類、後は追加できるウニ・イクラ程度というシンプルな内容です。
20180813つじ半03

・梅(450元=約1,640円) イクラ・鮪・海老など8種類の海鮮
・竹(650元=約2,360円) 梅+タラバガニ
・松(790元=約2,870円) 竹+ウニ
・特上(990元=約3,600円) 竹のウニ・イクラ・タラバガニ増量バージョン
→海鮮丼には全て、鯛茶漬け・デザートが付きます

まず、鯛茶用のお刺身(ゴマダレ)が運ばれて来ます。
「半分はこのまま食べて、半分はお茶漬け用に残して下さい」とのこと。
20180813つじ半06

ゴマダレが甘くなくて美味しいです。お魚は台湾鯛かカンパチでしょうか。

お刺身はゴマダレで和えて置いておきます。
海鮮丼が来ますので、ガリ(昆布入り)を準備~。
20180813つじ半10

はい、こちらは初めて行った時にオーダーした松。
よく見かける、お刺身が並べてある海鮮丼ではなく、
細かく刻んだ海鮮をミックスしてタワー状にし、ウニとイクラを盛り付けてあります。
20180813つじ半07

このふざけた大葉の切り方は何かしらと思ったら、
日本のつじ半でもこのような大きめカット。仕方ないので自分でちぎる。

こちらは2回目に行った時、同行者がオーダーした特上。
台湾の方はどーんと豪華な見た目の食べ物がお好きだからか、
周りを見ると特上を召し上がっている方が多いです。
20180813つじ半09

そして、初回訪問時につじ半はウニがいまひとつだと学んだので、私は梅+イクラ増量に。
これ、正解。小さめのイクラですが美味しいです~。
(ウニはバフンウニだと書いてあるのですが、お味がちょっと違うような)
20180813つじ半08

ちなみに食べ方ですが、タワーを崩してご飯の上にならし、
ワサビ醤油をかけて頂きます。
1/3ほど残したところで、お出汁をかけてもらいお刺身をのせ鯛茶に。
 #グルマンさんに朗報。ご飯を完食してしまっても無料でおかわりできますよ。

こちらのお出汁、とっても濃厚なのに臭みもなく美味。
仕上げに三つ葉、茗荷、柚子の皮を入れてくれますので、爽やかです。
20180813つじ半11

デザートは、とろとろプリンの抹茶がけ。こちらもとっても美味しいです。
20180813つじ半12

お食事時は混み合いますので、早目に行かれるか
ちょっと時間をずらして行かれるのが良さそうです。
20180813つじ半13

天丼屋さんとつけ麺屋さんがコラボした海鮮丼ですし、
一人一台ipadとか、正直全くお味には期待していなかったのですが、
とっても美味しゅうございました。ごめんなさい。

微風って割と早くお店が変わる印象がありますが、
正に万人受けするお味で、この集客力と客単価ならしばらく安泰?
また伺います~。

◆日本橋海鮮丼 つじ半
住所:台北市信義區忠孝東路五段68號 微風信義B1F
電話番号:02-2722-1427
営業時間:(日~水)11:00~21:30、(木~土)11:00~22:00


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top

← 今、台湾で「ハゲ」といえばこの人だ老罈香川味兒、四川料理には揚げたて銀絲卷 →

<<今、台湾で「ハゲ」といえばこの人だ | ホーム | 老罈香川味兒、四川料理には揚げたて銀絲卷>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |