FC2ブログ
台湾の国定古蹟・台北賓館、月に一度の一般開放日
2019 / 01 / 23 ( Wed )

台北のランドマークの一つである、総統府。
観光で訪れる方も多いと思います。
20180915台北賓館開放日01

その総統府から2ブロック離れたところにある、台北賓館。
20180915台北賓館開放日13

今から100年以上前の1901年に完成したバロック式の洋館で、
当時の名称は「台湾総督官邸」。
台湾総督の公邸及び迎賓館として使用されていました。
1998年に国の古蹟に指定されましたが、現在も迎賓館として使用されており、
国慶節のレセプションなどもこちらで開催されます。

そんな台北賓館ですが、月に一度一般開放日があり、
予約不要&無料で見学が可能。
20180915台北賓館開放日06

エントランスにはこのような案内が。
左側は台北賓館紹介ムービーの上映時間、
右側は館内ガイドツアーの実施時間です。
20180915台北賓館開放日17

経路に従って、まずは2階から見学します。
レセプションなどでは1階しか使用されないそうなので、貴重ですね。

それにしても内部は豪華絢爛な造りです。
20180915台北賓館開放日43

階段で2階へ上がるとまず目に入るのは、彫刻が素晴らしいこちらの棚。
20180915台北賓館開放日19

第7代台湾総督である明石元二郎の時代に持ち込まれた物だそう。
20180915台北賓館開放日21

台北賓館の歴史を説明するパネルを眺めつつ、進んで行きます。
1911~1913年にかけて改築されたそうですが、原因は白アリ被害だったとか。
総督公邸にしてはなかなかの生活感ですね。
20180915台北賓館開放日29

こちらは「第二起居室」。起居室=リビングです。
元々は総督の寝室だったそうですが、日本から皇族や貴族が来台する際、
リビングとして使われていたのだそう。
20180915台北賓館開放日31

こちらは「書斎」。
北白川宮能久親王や明石元二郎のしたためた書(のレプリカ)が飾られています。
20180915台北賓館開放日36

暖炉には当時イギリスから取り寄せたという美しいタイルが。
20180915台北賓館開放日34

こちらは「大客廳」。大広間です。
20180915台北賓館開放日40

こちらは「女賓客室」。女性ゲストをもてなすためのお部屋です。
当時は晩餐会の後、総督が男性ゲストを、総督夫人が女性ゲストを
それぞれもてなしていたそう。
20180915台北賓館開放日46

女性用のお部屋だからか、暖炉にも華やかなタイルが使用されています。
20180915台北賓館開放日45

こちらは「第二寝室」。主に女性ゲストが宿泊していたお部屋です。
インテリアは韓国のもの。
20180915台北賓館開放日48

残念ながら現在は公開されていませんが、バスルームがとても広いのだそう。
こういうところは意外と気が利く設計なのね。
20180915台北賓館開放日49

こちらは「早餐室」。直訳すると朝食室です。
総督は多忙で、お昼と夜は外で食事を取っていたため、
このような名前が付いているのだとか。
20180915台北賓館開放日52

暖炉のタイルも爽やかな色使いで朝の雰囲気?
20180915台北賓館開放日53

こちらでまたまた説明パネルが。今度は戦後の歴史です。
20180915台北賓館開放日56

1945年、日本の降伏により台湾は中華民国に接収され、
台湾総督官邸も「台湾省政府主席官邸」となり、更に1950年に
「台北賓館」という現在の名称に変わります。
ちなみに、1952年に日華条約が調印されたのもこちらの場所でした。

という訳で、続きまして1階へ。
20180915台北賓館開放日62

こちらは現在も来賓接待やレセプションに使用されているお部屋。
20180915台北賓館開放日61

1階にも暖炉が残っています。
20180915台北賓館開放日64

建物を出ると、裏手に広がるのは立派な日本庭園。
20180915台北賓館開放日66

大きな池には優雅に泳ぐ黒鳥が。
20180915台北賓館開放日65

こうして見るとヨーロッパの風景のよう。
20180915台北賓館開放日73

公開されていませんが、庭園の端には日本家屋が残っています。
洋館は使い勝手が悪い、とか、皇族が一度宿泊した寝室を使うのは
おそれ多い、などといった理由から、総督の住まいとして増築された建物だそう。
20180915台北賓館開放日68

そんなこんなで、美しい洋館と広大な庭園を見学して外に出てみたら、
総統府前で老朽車への規制強化に抗議するデモが行われていました。
20180915台北賓館開放日82

一気に現実に引き戻されましたが、興味深かった台北賓館見学。
今年の一般開放日は以下の通りですので、ご興味ある方はぜひ。

◆台北賓館
住所:台北市中正區凱達格蘭大道1號

2019年の一般開放日:
https://www.mofa.gov.tw/TGH/cp.aspx?n=9E7AC85F1954DDA8


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top

← 冬が来ると食べたくなるプチプラ苺スイーツ&アグレッシブおむすび路地裏カフェで美味しいスコーンを(Floating Cotton) →

<<冬が来ると食べたくなるプチプラ苺スイーツ&アグレッシブおむすび | ホーム | 路地裏カフェで美味しいスコーンを(Floating Cotton)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |