FC2ブログ
宜蘭で海鮮たっぷり蒸気鍋、蒸饌海鮮蒸物
2019 / 02 / 15 ( Fri )

香港で人気らしい ”海鮮蒸気鍋”。
台北にも専門店がありますが、先日宜蘭の温泉でのんびりしてきた際、
頂いてみました。

蒸饌海鮮蒸物というお店です。とっても広い店内で個室も有り。
20190114蒸饌海鮮蒸物01

取りあえずお酒があることを確認して、
20190114蒸饌海鮮蒸物03

生簀でシーフードを選びます。
この日は2人用のコースにロブスターを追加。
20190114蒸饌海鮮蒸物04

自分で作れるタレコーナー。
20190114蒸饌海鮮蒸物05

さて、こちらが蒸し鍋です。
20190114蒸饌海鮮蒸物06

まずはこちらの生米を、
20190114蒸饌海鮮蒸物10

鍋の底に投入~。
滴り落ちる海鮮の蒸し汁で〆のお粥になるそうな。天才ですか。
20190114蒸饌海鮮蒸物11

なお、食材は全て店員さんが蒸してくれますので、
20190114蒸饌海鮮蒸物12

安心して乾杯~。
20190114蒸饌海鮮蒸物14

まずはお野菜から。2人用のコースと思えない量です。
20190114蒸饌海鮮蒸物17

夫が持参した調味料。
前から塩+花椒、ポン酢、お醤油で頂きます。
20190114蒸饌海鮮蒸物15

蒸しているだけなので想像通りのお味なのですが、
シンプルで美味しいですね。ワインが進むわ。

続きまして、牛肉やら、
20190114蒸饌海鮮蒸物18

海鮮やら。
20190114蒸饌海鮮蒸物21

特に美味しかったのは、海老に、
20190114蒸饌海鮮蒸物29

アワビに、
20190114蒸饌海鮮蒸物27

ダークホースだった花枝丸。
いかにも手作りといった素朴なお味でイカもプリプリ、とても美味しかったです。
20190114蒸饌海鮮蒸物23

メインのロブスターもミソたっぷりで美味しゅうございました。
20190114蒸饌海鮮蒸物30

どの具材も完璧な蒸し加減で美味しいわ~と思っていたのですが、
何やらハイテクなシステムでマニュアル化されているようでした。
具材の種類や重さで蒸し時間や火力を調整しているだけなのでしょうが、
ウェルダンにならずありがたや~。
20190114蒸饌海鮮蒸物07

そして、楽しみにしていた〆のお粥です。最後に卵を加えて完成!
どれだけ美味しいのかしらと思って頂いてみたら、非常に薄味。
20190114蒸饌海鮮蒸物38

考えてみたら、蒸し物なので旨みは具材の中に留まってしまうのですよね。
という訳で、持参したお醤油とお店のXO醤を加えてみました。
20190114蒸饌海鮮蒸物40

ん~、一瞬でたまらない美味しさに。2人でペロリと完食してしまいました。
調味料ってすごいわ。

こちらのお店、ウェスティン宜蘭からはタクシーで15分程度。
日本人の方でしたら調味料持参がおすすめです。

◆蒸饌海鮮蒸物
住所:宜蘭縣宜蘭市延平路39-22號
電話番号:03-938-8508
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00(火曜定休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(4) | page top

← 台北からわずか1時間、宜蘭のホテルで温泉&ビール(The Westin Yilan Resort)本日は旧暦大晦日、今年も迪化街の年貨大街へ →

<<台北からわずか1時間、宜蘭のホテルで温泉&ビール(The Westin Yilan Resort) | ホーム | 本日は旧暦大晦日、今年も迪化街の年貨大街へ>>
コメント
----

こんにちは。蒸し鍋、松江南京そばのお店で頂きました。お店のタレは例により甘く、しかも一種類しかなかったので全て塩だけで食べることになりました。調味料持参しなかったのも落ち度でしたが、リピートはないという結論に。雑炊は鍋のしめ的な味を期待したのですが薄かった理由はブログ読んでなるほどでした。なこたさんの食べ方を見て調味料をプラスした雑炊が食べてみたい!と思いました。

近いのにいまだ行ったことのない宜蘭。計画だけはしているのに、なかなか機会に恵まれません。なこたさんのブログで予習できて嬉しいです。
交通手段はバスですか?
by: そこはか * 2019/02/16 14:18 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

そこはかさん、コメントありがとうございます。
松江南京のお店、私の友達もタレが甘いとぼやいていたような。そういえば以前台南の火鍋屋さんで3種類あるお醤油が見事にどれも甘く、お塩とレモンで頂いたことがありました。甘いタレ問題、日本人にはちょっと厳しいですね。
宜蘭には一度だけ台鉄で行きましたが、バスの方が早くて快適だと思います。Qスクエアから一時間強、山道もなくスムーズです。周りにあまり観光スポットはないのですが、のんびりされるならウェスティンはオススメです〜
by: なこた * 2019/02/17 01:21 * URL [ 編集 ] | page top
----

調味料甘い問題の根本は醤油なんでしょうか。ちょっとよさそうなお醤油でも原材料表示にはほぼ必ず砂糖が入っていますね。


やはり宜蘭には台鉄よりバスなんですね。いくつか目星を付けているホテルがありますがウェスティンもとってもよさそうです。

いつも色々お役立ち情報どうもありがとうございます!
by: そこはか * 2019/02/17 17:57 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

お醤油もお味噌も薄味かつほんのり甘いですよね。こればっかりは文化というか嗜好の違いなので仕方ないのでしょうが、和食のお店で台湾テイストだとちょっと面食らいます。これも海外生活の面白さ?
宜蘭は気軽に行ける距離なのでぜひ~。礁渓にも新しいホテルができていたりして、我が家もまた温泉お目当てに行こうかなと思っています。
by: なこた * 2019/02/18 00:27 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |