FC2ブログ
スルメの偉大さを知る、松江自助火鍋城
2019 / 05 / 22 ( Wed )

行天宮近くにある、松江自助火鍋城。
20180727松江自助火鍋城01

夏でも行列必須の石頭鍋の人気店です(予約不可)。
20180727松江自助火鍋城02

待っている間に店員さんがお肉の注文だけ先に取りに来ますので、
食べられそうな分量をここでまるっとオーダーしておくのがポイントです。
お肉は牛・豚・羊がありますが、おススメは豚肉を人数分+α。

店内は昭和の社食のような雰囲気です(イメージ)。
20180727松江自助火鍋城02-2

さて、あまり聞き慣れない”石頭鍋”。
これは、まず最初に石鍋で具材を香味野菜と共に胡麻油で炒め、
そこにスープを注いで煮込んで頂くお鍋のことです。

最初に炒めることで香りが立ち、具材の旨みも引き立ちますので、
食べられそうな分量のお肉を最初にオーダーしておくのはこのためです。
(追加オーダーした分は炒めずに直接お鍋に投入するのみ)

ちなみに、店名にある”自助”とはセルフサービスの意。
テーブルに案内してもらったら、まずはお肉以外の食材を取りに行きます。

冷蔵庫にはお野菜、練り物、海鮮、麺類などがずらり。
お値段は一皿20元~100元(約70円~350円)なり。
20180727松江自助火鍋城03-2

何はなくとも、スルメをチョイス。
具材としても美味しいのですが、お出汁がよく出てスープの旨みが倍増!
20180727松江自助火鍋城04

お店のおばちゃまが豪快に炒めてくれます。食欲をそそる良い香り~。
20180727松江自助火鍋城03

さて、この間に私共はお鍋を頂く準備を。

自分好みのタレを作り(取っ散らかっているのはご愛嬌)、
20180727松江自助火鍋城07

ビールも自分で冷蔵庫から取って来ます。
明らかに客向けの飲み物専用冷蔵庫ではないところがニクい。
20180727松江自助火鍋城09

さてお鍋の方はというと、炒める作業が終わると、
おばちゃまが素っ気ない巨大ヤカンからスープを注いでくれます。
20180727松江自助火鍋城06

煮込み過ぎると美味しくない具材はお皿に一旦取り分けてくれますので、
自分でお鍋に投入~。
左はミディアムレアに炒められたお肉&香味野菜、右は揚げた花枝丸(イカだんご)。
20180727松江自助火鍋城05

では、準備が整いましたので頂きます~。
20180727松江自助火鍋城10

胡麻油をたっぷり使ってあんなに豪快に炒めていたのに、意外とあっさりした味わい。
ケミカル味は皆無の優しいスープです。
20180727松江自助火鍋城11

〆に春雨を入れてみたら、とっても美味。
スルメの偉大さを思い知らされる瞬間です。スルメ万歳。
20180727松江自助火鍋城12

麻辣鍋も酸菜白肉鍋も美味しいのですが、たまには石頭鍋も良いですね。
ちょっと混み合うお店ですが、MSGアレルギーの方はぜひ。

◆松江自助火鍋城
住所:台北市中山區松江路315號
電話番号:02-2501-2063
営業時間:11:00~23:30(無休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top

← 映画「HOTEL MUMBAI」と萬安演習今年もかき氷シーズン、九州純冰おいしい氷屋&冰讃 →

<<映画「HOTEL MUMBAI」と萬安演習 | ホーム | 今年もかき氷シーズン、九州純冰おいしい氷屋&冰讃>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |