FC2ブログ
激戦の地、ペリリュー島を訪ねる(1)
2019 / 08 / 11 ( Sun )

パラオはジェラートがど真ん中などと書いておきながら今更なのですが、
実は今回の旅行の(夫の)目的地はペリリュー島。
第二次世界大戦における激戦地で戦跡を巡るツアーに参加しました。

今回もロックアイランドツアーカンパニーさんのツアーです。

「ペリリュー島戦跡ツアー」
https://palauritc.com/sightseeing/3019/

アイランドホッピングの日とは打って変わり、横殴りの雨の中、
ボートで出発。
20190723ペリリュー島01

貸して頂いたレインコートがとても丈夫で逆に不安になりましたが、
1時間強で無事にペリリュー島に到着。
コロール島は暴風雨もよいところでしたが、こちらは風もなく曇りです。
20190723ペリリュー島02

船着き場には「ペリリューへようこそ」と日本語が併記されたボードが。
20190723ペリリュー島03

こちらのツアーでは一日かけて車で戦跡を巡ります。
本日のガイドさんは日本人の爽やか青年。
「戦跡を巡りながら皆さんと意見交換をしていきたいと思います!」との
ことでしたが、意見交換とな。アツい保守派と見た。

車で走り出すと、いきなりトーチカが。
20190723ペリリュー島04

こちらは桟橋跡。これで繋がっていた隣の島に弾薬庫があったそうですが、
米軍の攻撃で橋が破壊され、橋脚だけが残ったとのこと。
20190723ペリリュー島05

さて、最初に見学したのはこちらの「千人洞窟」。
ペリリュー島には日本軍が掘った人工洞窟がたくさんありますが、
こちらは千人程が入れると言われる最大のもの。
20190723ペリリュー島06

懐中電灯を持って中腰で中に進みます。
ところどころに欠けた食器やビール瓶などが散乱していました。
(物資の不足のためビール瓶を利用して火炎瓶を作っていたそう)
20190723ペリリュー島07

入って来たのとは別の出口から外へ。
今も火炎放射の後が生々しく残ります。
20190723ペリリュー島07-2

近くには大型のトーチカも。
20190723ペリリュー島08

こちらは小学校。
台湾と同じく、日本時代には日本人と地元パラオの方々が
通う学校は分けられていました。
こちらはパラオの子供達が通っていた学校です。
20190723ペリリュー島09

続いて立ち寄ったのは共同墓地。
20190723ペリリュー島10

一角に日本人の慰霊碑があります。
爽やか青年の用意してくれていたお線香をあげ、夫は台湾から持参した日本酒をお供え。
20190723ペリリュー島11

沖縄の方々の慰霊碑も。
20190723ペリリュー島12

ペリリュー戦の際、通信手段が途絶えたため
伝令のために60キロも離れたコロール島まで泳いで渡るよう
命令を受けたのは糸満市出身の方々。
17名が出発し、コロールに到着できたのは4名のみだったそう。

続いては、戦争博物館です。
20190723ペリリュー島13

戦時中は魚雷を置く倉庫だった建物を利用。
20190723ペリリュー島14

入り口横には魚雷と爆弾が。
20190723ペリリュー島15

中は薄暗く、当時の武器や軍服、写真などが展示されています。
(同行のお子さんが「ここ怖い!外に出たい!」と言い出しこちらまで怖くなった)
20190723ペリリュー島16

ペリリュー島では終戦から2年後の1947年、34名もの武装した日本兵が
呼びかけに応じて”投降”します。こちらはその時の写真。
20190723ペリリュー島17

パラオに進駐していた米軍の食料を失敬するなどして
洞窟やジャングルで生活していたそう。
なお、発見された時、向こう2年分の食料を蓄えていたというのがすごい。

”投降”した際に彼らが出てきたという小道。
20190723ペリリュー島18

次に向かったのは海軍航空隊司令部跡。
この建物の前方に滑走路があり、2階から眺められる構造です。
20190723ペリリュー島19

激しい爆撃を受け、
20190723ペリリュー島20

天井にも大きな穴が開いています。
20190723ペリリュー島24

倒壊の恐れがあるため、現在は2階部分は立ち入り禁止。
20190723ペリリュー島23

しかし、電信室に通じる重い鉄の扉は今もしっかり残っており、
20190723ペリリュー島22

分厚いコンクリートの壁で囲まれた電信室自体も内側は損傷なく見えます。
大きな台風が来る時は今でも地元の方々の避難場所になっているのだとか。
20190723ペリリュー島21

写真が多くなったので、続きます。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾以外) | コメント(0) | page top

← 激戦の地、ペリリュー島を訪ねる(2)パラオのレストラン事情、思わず名言を思い出すイタリアンジェラート →

<<激戦の地、ペリリュー島を訪ねる(2) | ホーム | パラオのレストラン事情、思わず名言を思い出すイタリアンジェラート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |