FC2ブログ
文化的な週末、琵琶と中国茶と台湾クラフトビール
2019 / 09 / 04 ( Wed )

つい先日の日曜日、琵琶の演奏会へ。
20190901-01琵琶演奏会@縁起禅心

場所は南京三民に近い素敵なお茶屋さん「縁起禅心」。
(こちらの老闆娘はまるで天女のように美しい)

琵琶を奏でるのは、今夏受講していた陸羽の中国茶講座の同学です。
彼女はプロの演奏家。
20190901-07琵琶演奏会@縁起禅心

まずは白居易の琵琶行という詩(冊子左側)に沿って、
様々な演奏技法を披露してくれました。
20190901-04琵琶演奏会@縁起禅心

琵琶の演奏をきちんと聴いたのは初めてでしたが、
音色がとても表情豊かなのですね~。うっとり。

琵琶を堪能しながら頂く最初のお茶は安吉白茶。
名前は白茶ですが実は緑茶(葉が白みを帯びている)という、
紛らわしいけれど甘くてまろやかなお茶です。
20190901-03琵琶演奏会@縁起禅心

続いて、武夷岩茶・金牡丹。
20190901-05琵琶演奏会@縁起禅心

こちらは初めて頂くお茶でした。
鉄観音と黄旦を交配させた品種だそうで、
岩茶らしい力強さがありつつお花のような甘い香りも。

貴重なお茶を頂きながら、ここでまさかのクイズタイム。
”詩の一節を琵琶の演奏で表現するので、どの詩か当てよ”
20190901-06琵琶演奏会@縁起禅心

何という高尚な休日の過ごし方。

一つも当てられなかったけれど、何はともあれ美味しいスイーツ。
見た目も涼しげで良いですね。ごちそう様でした。
20190901-17琵琶演奏会@縁起禅心

さて、琵琶とお茶を堪能した後は某所にてレセプション。
20190901-33記者節レセプション@台北賓館

ケータリングがロイヤルだったので、マカダミアナッツのケーキを。
これ、まったり濃厚で美味しいわ~。
20190901-24記者節レセプション@台北賓館

そして、気になったのはこちらの「白鷺紅茶」ビール。
台茶17號「白鷺」で作った紅茶を使ったビールなのだとか。
20190901-22記者節レセプション@台北賓館

吉姆老爹啤酒工場(Jim & Dad's Brewing Company)という、
宜蘭に2015年に誕生したブルワリーのビールです。
カバランの蒸留所のすぐ近くにあるのだそう。

軽い飲み口で、紅茶らしい甘さを多少感じます。
朝から飲めそうなお味(飲みませんけど。念のため)。

そして、こちらのドラフトがものすごく好みでした。
苦みが強めで、かつフルーティー。とても香り豊かです。
20190901-23記者節レセプション@台北賓館

しかし、ここで痛恨のミス。
非常に美味しかったのに商品名をすっかり忘れてしまいました。
仕方ないので、味の記憶が鮮明なうちに
こちらのブルワリーのビールを片っ端から飲むしかない。

(追記)検索してみたら恐らくこちら。
パッションフルーツのような爽やかな香りです。
68853847_1331443740364385_5479624691914113024_o.jpg

という訳で、高尚に過ごした日曜日ですが結局最後はすっかり良い気分。
それにしても最近の台湾のクラフトビール、美味しいですね。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top

← 日本とはひと味違う?台北お部屋探し事情、覚え書き反則的に美味しい土鍋海老ご飯&ビールのお供に「豆泥」 →

<<日本とはひと味違う?台北お部屋探し事情、覚え書き | ホーム | 反則的に美味しい土鍋海老ご飯&ビールのお供に「豆泥」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |