FC2ブログ
とろりと甘い夏雪マンゴーと宜蘭の無農薬キュウリ
2019 / 09 / 13 ( Fri )

気が付いたら9月も半ば。
朝晩はほんの少しだけ過ごしやすくなってきました。

ということはもうマンゴーの季節も終わりよねと、
緑豆蒜啥咪で駆け込みマンゴースムージー。
20190910緑豆蒜啥咪マンゴースムージー

ん~、濃厚でまだまだ美味しい。

さて、軽いマンゴーアレルギーながら
今年も心ゆくまでマンゴー三昧してしまいました。
20190716フルーツ屋さん3

定番の愛文マンゴーで、
20190716フルーツ屋さん2

今年もマンゴープリン。
去年の方が美味しくできたような気がするのは私の腕がなまったからか。
(年に一度くらいしか作らないけど)
20190709マンゴープリン

マンゴーといえば今年一番記憶に残っているのはこちら。
夏雪マンゴーです。不思議な名前~。
20190716フルーツ屋さん1

愛文よりも酸味が控えめ、とても濃厚な甘さのマンゴーです。
美味しゅうございました。
20190717夏雪マンゴー2

こちらはフルーツではありませんが、いつものフルーツ屋さんのレジ横にある、
宜蘭の無農薬キュウリ。
10cm程の短いキュウリが10本弱入って50元(約170円)なり。
20190818フルーツ屋さん

間引いたものなのか、こういった品種なのか分かりませんが、
とっても瑞々しくて美味しい~。
激しくリピートして味噌マヨでポリポリ。気分はカッパ。

さて、フルーツに戻りまして、
こちらは微風南山のスーパーで見かけたランブータン。
20190824微風南山4

台湾産は初めて頂くかも。
20190825台湾産ランブータン1

プルンプルンな食感でとっても甘くてジューシーです。南国フルーツ最高。
やや食べにくいのが玉に瑕ですが、ランブータンの宿命なので仕方ない。
20190825台湾産ランブータン2

同じく微風で目に留まった、山梨産のマスカット。
こちらは驚きの5,550元(約19,400円)。一房ですわよ、奥様。
輸入高級フルーツって一体どうやって価格が決まるのだろう(興味津々)。
20190824微風南山1

私の記憶では、山梨県民は食べないデラウエア(というブドウ)。
庭先のひさしとして栽培する品種という認識だったのですが、
言ってみれば副産物が265元(約900円)。
20190824微風南山2

今どきは美味しいデラウエアがあるのかしら。

500元(約1,750円)の桃が良心的な価格に思えてきます。
20190824微風南山3

きっと硬くはないだろうと思い手を伸ばしませんでしたが、
桃はジューシーさが命だと主張する夫のために購入すべきだっただろうか。

こればかりは譲れなくてごめんなさいね。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top

← デモの続く香港にて。革命無罪?造反有理?台湾産の実力派チョコレート&コーヒー、福灣巧克力と嵩岳咖啡莊園 →

<<デモの続く香港にて。革命無罪?造反有理? | ホーム | 台湾産の実力派チョコレート&コーヒー、福灣巧克力と嵩岳咖啡莊園>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |