FC2ブログ
麻辣×カレー!中毒性のある未知との遭遇パスタ(BONGO CURRY)
2019 / 10 / 22 ( Tue )

光華商場のすぐ近くにある、BONGO CURRY。
先月オープンしたばかりのカレー屋さん?です。
20191015BongoCurry1.jpg

カレー屋さんに?マークを付けたのは、メニューがあまりに斬新だから。
その名も「麻辣牛肉咖喱義大利麵」、直訳すると「麻辣牛肉カレーパスタ」。

はて、”麻辣味で牛肉を使ったカレーソースのパスタ”とは何ぞや。
構成内容は全て好物なのですが、お味が想像できません。
しかも、こちらのメニュー一品のみで勝負するというスタイルまで斬新。
これは気になる。すごく気になる。
(そして、こちらをオープンしたのはグルメな日本人ご夫婦。更に気になる~)

さて、麻辣牛肉咖喱義大利麵はサイズによって120元~180元(約430円~640円)。
これに加えて、日替わりのトッピングが数種類あります。

この日はチーズハンバーグ、温泉卵、ズッキーニのガーリック炒めにキノコ炒め。
ハンバーグ以外はなんと10元(約35円!)というリーズナブルさ。どうもすみません。
20191015BongoCurry2.jpg

麻辣にはビールでしょということでコロナで乾杯~。
20191015BongoCurry4.jpg

ちなみに、お店はテーブル3つの小吃スタイル。
うっかり写真を撮り忘れましたが、シンプルできれいな店内です。

はい、こちらが噂の麻辣牛肉咖喱義大利麵。
手前は小サイズ(といってもパスタ200g)で、魅惑のトッピング全部のせです。
20191015BongoCurry5.jpg

一口頂いてみたら、未知との遭遇!
麻辣とカレーってものすごく相性が良いのですね。
唐辛子の程良い辛さにピリリと爽やかな花椒の風味。
それらが滋味深いカレーとケンカせず逆にしっくり馴染んでいます。
パスタの茹で加減もちょうど良く、美味しい~。

ちなみに、全国のオージービーフが苦手な方に朗報(私だけ?)。
牛肉はアメリカ産を使用されているそうです。ありがたや。

トッピングもそれぞれ丁寧に作られているのが伝わってくるお味。
こちらのズッキーニでワインが飲みたい。
20191015BongoCurry6.jpg

手作りのハンバーグも美味しく、
20191015BongoCurry7.jpg

途中で温泉卵をとろーりさせるとまったりまろやかになり、
これまた美味しゅうございました。
20191015BongoCurry8.jpg

なお、デフォルトでは(多分)お子さんにも安心のピリ辛ですので、
辛いものがお好きな方はこちらでアドオンを。
20191015BongoCurry9.jpg

麻辣油など自家製の辛味調味料が4種類もあります。
青唐辛子のピクルスが一番辛いのですが、爽やかで美味しさ倍率ドン。

中毒性があるのでしょうか、書いていたらまた食べたくなってきたので、
ちょくちょく通ってしまいそうです。ごちそう様でした。

◆BONGO CURRY(犇哥咖哩)
住所:台北市中正區八德路一段82巷9弄20號
営業時間:(火~金)12:00~15:00、17:30~20:30
       (土)12:00~20:00 ※日月定休

 #オープンしたばかりなので営業時間等は今後変更があるかもしれません
  最新情報はインスタから→ https://www.instagram.com/bongo_curry/


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top

← ブルーベリーたっぷり、愛しのペラペラパンケーキ(Sugar Pea Cafe)英語で中国茶を学ぶ、陸羽茶藝中心の「茶文化専業英語研討」 →

<<ブルーベリーたっぷり、愛しのペラペラパンケーキ(Sugar Pea Cafe) | ホーム | 英語で中国茶を学ぶ、陸羽茶藝中心の「茶文化専業英語研討」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |