孔子廟で他力本願(台南をちょこっと観光)
2014 / 09 / 21 ( Sun )

2泊3日の台南旅行。
ホテルでぐーたらするのが目的でしたが、ちょこっとだけ観光も。

まずは、台南市中心部からタクシーで20分程の安平古堡へ。

17世紀前半にオランダ人により建設されたオラニエ城(後に、ゼーランディア城)。
台湾では最も古い城堡です。
古くはオランダによる台湾支配の中枢・貿易の中心地として、
また鄭氏政権時代には王城として使用されていました。
DSC_1206.jpg

残念ながらオランダ時代の建物は日本時代に破壊されたため
ほとんど残っていませんが、こちらは城壁の一部。
当時オランダ領だったインドネシアから持ち込んだレンガで作られています。
DSC_1203.jpg

大砲があったので、スイッチオン!
(まさかスイッチ式ではなかったと思いますが、取りあえず。)
ちなみに、こちらは清の時代に作られた大砲を他所から移転し、
観賞用として設置したものだそうです。
DSC_1209.jpg

安平古堡には日本時代の旧税関舎を利用した史跡記念館があり、
様々な文化財が展示されています。

オランダ時代のスケッチや、
DSC_1225.jpg

フランス製のキャビネット。
DSC_122000.jpg

台湾の先住民族、平埔族についてのパネル。
DSC_121300.jpg

さて、続きましては、こちらも台湾最古という孔子廟。
さすが、古都ですね。
DSC_1107.jpg

暑くて暑くてバテそうになりながらも、
DSC_1115.jpg

学問の神様に是非ともお願いしたいことが。
DSC_1126.jpg

私「3ヶ月で中国語がペラペラになりますように。」
夫「ばちが当たるからやめておけ。」
DSC_1128.jpg

ついでに、家内安全と料理上達もお願いしておきました。
よろしくどうぞ。

そして、シャングリラ近くの成功大学へ。
”この木、何の木、気になる木”の台湾バージョン。
日本の皇室ゆかりの木なのだとか。へえ~。
なお、台湾の大手保険会社のシンボルマークでおなじみの木だとされていますが、
実は全く関係ないそうです。
DSC_1021.jpg

ところで、今回の台南旅行。
ホテルの外で食べたものといえば、こちらの蝦仁飯のみ。
鰹だしのおじやにエビとネギが乗った、台南小吃です。
DSC_1051.jpg

単体では何ともぼやっとしたお味なのですが、
写真右下の半熟目玉焼きを乗せて黄身と絡めて頂くと、ちょっと美味しい。
DSC_1052.jpg

半熟目玉焼き、必須です。
 #ちなみに、ニワトリではなく鴨の玉子です
DSC_1057.jpg

◆矮仔成蝦仁飯
住所:台南市中西區海安路一段66號
電話番号:06-220-1897
営業時間:7:00~19:30

 ※本当はこちらのお店のお向かいの「六千牛肉湯」に行きたかったのですが、
  朝5時開店で売り切れ御免とのことで、ハードルが高過ぎて断念。
  牛肉湯がものすごく美味しいらしいので、次回はこのハードルを越えてみたい。

さて、ホテルに戻って来ました。やっぱり落ち着く~。
DSC_0959.jpg

エレベーターホールで見かけた、台南の古い写真。
DSC_1174.jpg

この日は少し雨が降り、お部屋からは大きな虹が見えました。
DSC_1139.jpg

2泊3日だと、あっと言う間ですね。
帰りに、高鉄の台南駅で名物のスイーツを購入~。
依蕾特(Elate)のプリンと福楽屋のマンゴー大福。
DSC_1229.jpg

依蕾特のプリンに大興奮のペコ田さん。
なぜかというと、大好物のくちどけプリン(オリジン)にお味がそっくり!
DSC_1237.jpg

久し振りにくちどけプリンもどきを堪能したペコ田さん、大満足。

そんなこんなで、かなりのんびりできた台南旅行。
私の中国語、3ヶ月後には少しは上達しているのでしょうか。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】小旅行(台湾内) | page top

← 【洋菓子】Sadaharu AOKI のミルフィーユ(と、カレーせん)シャングリラ台南でぐーたら三昧 →

| ホーム |