FC2ブログ
大将が素敵、一期一會のおまかせ寿司が自由形すぎる
2019 / 12 / 28 ( Sat )

久し振りに一期一會でおまかせを。
ここのところめっきり予約が取りにくくなったと思ったら、
この日もやっぱり満席でした。

以前は高玉にいたはずの大将がいきなりウニの軍艦から出してくれます。
控えめな笑顔で破天荒なところがたまらない。
20191120一期一会01

(以下、コース構成が面白かったので全品載せます。長くなって失礼)

そんな大好きな大将が出してくれる二品目。
ここでウニが続くという斬新さ。イカも甘くて美味しいです。
20191120一期一会02

ブリのお造り。
周りをちょこっと炙ってあり、香りが良いです。
20191120一期一会03

海老のお造りは柚子の皮で爽やかに。ミソも美味しい。
20191120一期一会04

この日は日本酒を持ち込みました。
相変わらず開瓶費はありません。ありがたや〜。
20191120一期一会05

ホタテの炙りは火の通し方が絶妙で海苔もパリパリ。お酒が進むわ。
20191120一期一会06

カジキ。
20191120一期一会07

シマアジ。
20191120一期一会08

タラの炙り。よっ、自由形(意外と好きでした)。
20191120一期一会09

ノドグロの塩焼き。
いつも思うのですが、焼き加減がちょうど良い。
台湾なのにブレがないのって珍しいですね。
20191120一期一会10

が、ここで痛恨のミス。
トロは炙らないでねと伝えるのを失念しており、
実に良い塩梅に炙られたトロが来てしまった。無念。
20191120一期一会11

トロからの赤身。
20191120一期一会12

トロの時点で「もうこれ以上何も炙らないで」と伝えた表情が険しく見えたのか、
お造りでトロが。それはそれは美味しゅうございました。
20191120一期一会13

カツオ。
台湾産は脂がたっぷりのっていてこんなお色。とっても美味しいです。
20191120一期一会14

海老。握りはシンプルに煮切り醤油で。
20191120一期一会15

カンパチ。
20191120一期一会16

エンガワも握ってしまう大将。美味しい~。
20191120一期一会17

デジャヴではない。今度はお塩と柚子皮で。
20191120一期一会18

「はい、鉄火」と言って出してくれた蟹ミソ。
海外あるあるだが、ブルータスお前もか気分。
でも、いいのです。大将の笑顔が素敵だから。
20191120一期一会19

サワラ。
20191120一期一会20

白子の軍艦。
20191120一期一会21

あ~、お寿司美味しかったわとお味噌汁を頂いていたら、
20191120一期一会22

ここからの、こぼれるイクラ。
20191120一期一会23

破天荒っぷりに追い打ちをかけるように、大将が良い笑顔で再びウニを。
20191120一期一会24

最初と最後がウニ、最初と最後がウニ、最初と最後がウニ。
ウニが大好物な私もさすがに心がざわついて、3回唱えるわ。
ちなみに、こちらのウニとトロは安定して美味。ネタは全般的に良いと思います。

玉子で気持ちを、いや、お腹を落ち着かせ、
20191120一期一会25

最後は中華なデザートを。棗餡のパイ、美味しいですね。
20191120一期一会26

海外ですから、こんな自由なお寿司も楽しいです。
お造りや焼き物とお寿司を行ったり来たりするのもまた一興で、
個人的にはスタンダードなおまかせコースよりも好みでした。

そして、大将の穏やかな笑顔とエキセントリックすぎるコース構成のギャップが絶妙。
以前は一般的な流れのコースだったのに、どんな心境の変化があったのでしょうか。

また伺います。

◆一期一會
住所:台北市長春路438號
電話番号:02-8770-6220
営業時間:12:00~14:30、18:00~21:30(無休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top

← パクチー・ニンニク・唐辛子、怪しい麺からの苺ミルクプリン馬英九前総統もサンタになる、台北のクリスマス →

<<パクチー・ニンニク・唐辛子、怪しい麺からの苺ミルクプリン | ホーム | 馬英九前総統もサンタになる、台北のクリスマス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |