【ラーメン】太陽のトマト麺で天津飯発見
2014 / 09 / 25 ( Thu )

大好きなラーメン屋さん、太陽のトマト麺。
チェーン店なのですが、トマトスープが癖になるお味で、
東京ではちょくちょく食べていました(お酒の後とか)。

なんとびっくり!台北にも2軒あるとのことで、
この日はシーザーパークホテル地下のお店へ。
20140830太陽のトマト麺1

海外だからか、写真付きの居酒屋風メニュー。
20140830太陽のトマト麺2

トマトラーメンにチーズ・鶏肉・小松菜(日本では江戸菜)がトッピングされた、
”太陽のチーズラーメン”をオーダー。
 #鶏肉が苦手なので、外してもらいました
20140830太陽のトマト麺4

日本と完全に同じお味です。
こってり濃厚なトマトスープが細麺によく絡まって、美味しい~。
台北でも唐辛子入りオリーブオイルが置いてあるので、少し入れて二度美味しい。

続きましては、”らぁリゾ”をオーダー。
20140830太陽のトマト麺5

残ったトマトスープに白米を投入するという、ジャンクフード。
ラーメンでお腹いっぱいになりながらも、つい頼んでしまいます。あか~ん。
20140830太陽のトマト麺6

この、”らぁリゾ”。
チーズラーメンにも合うのですが、ベターなのはアサリ入りの”太陽のボンゴレ麺”。
よりリゾット風になって美味しいです。

ところで、太陽のトマト麺さんに一つだけお願いが。
日本で提供されている、骨付き名物から揚げが食べたいです。
(→めっちゃニンニク風味で、ウェルダン過ぎるカリカリのから揚げ。)
こちらでオーダーしたら、普通に美味しいから揚げが出てきて
勝手に拍子抜けしましたが、夫は喜んで食べていました。
20140830太陽のトマト麺7

さて、実はこの日、とても驚いたことが。
太陽のトマト麺って、大阪王将と同じグループが経営しているんですね。
完全に日本のお味を再現しているあたり、さすがです。納得。
20140830太陽のトマト麺8

そんな訳で、大阪王将ファンに朗報。
本場・天津にも存在しないという天津飯が台北で食べられます。
20140830太陽のトマト麺9

太陽のトマト麺を台北に出店するに当たり、
大阪王将の天津飯をメニューにねじ込んできたセンスに脱帽。
やっぱり食は台湾にあり?

◆太陽のトマト麺(站前店) ※誠品信義店も有り
住所:台北市忠孝西路一段38號 B1(シーザーパークホテル地下)
電話番号:02-2361-7188
営業時間:11:00~22:00 (日~木)、11:00~23:00 (金・土)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top

← Bravo!オペラ座の怪人【広東料理】どんと来い、MSG(糖朝) →

| ホーム |