FC2ブログ
昨夜の国際記者会見、BBCから蔡英文への辛辣な質問
2020 / 01 / 12 ( Sun )

台湾の総統選は昨日、投開票が行われました。
誰も撃たれたりせず良かったですね。
20200111総統選07

世論調査の結果通り、蔡英文が再選。
今回の得票率57.13%は、2008年の馬英九の58.45%に続き、
史上2番目に高いのだそう。
20200111総統選14
#2020/1/12 TVBSより

選挙の際はいつも夫と賭けをするのですが、
結果が見えていた今回はポイント差を競ってみました。

韓國瑜の世論調査かく乱作戦のおかげでデータが
信用できなかったため、あんな要素やこんな要素を基に予測。
20200111総統選01

蔡英文57.13%、韓國瑜38.61%なのでポイント差は18.52です。
わたくし、伊達にウォッチャーしてませんでしょ。

昨夜、再選が確実となったことを受けての蔡英文の記者会見。
「国民党が当選するのもまた民主」ですって。
20200111総統選08
#2020/1/12 TVBSより(以下4枚)

選挙前は「今日の香港・明日の台湾」などとアホな若者を煽り、
「民主と自由を守れるのは民進党だけ」とか「韓國瑜は総統になる資格なし」とか
散々言い散らかしていたけれど、アホな支持者が混乱したりしないのだろうか。
(気になり過ぎて「アホ」を2回使ってしまいました。ごめんなさい)

だいたい、「自由」も「民主」も既に台湾の現状であり、政策で実現するものではない。
また、これらを守ると声高に言うけれど、両岸関係を台湾がコントロールできる訳でもない。
有事の際に日米が助けに入るとでもまさか本当に思っているのだろうか。
その意味では、蔡英文の選挙戦はやはりファンシーで、耳触りが良い故に若年層に響くのも理解できる。
私も若い頃は今よりアホだったが、蔡英文の支持層も香港の勇武派も若者だ。

なお、韓國瑜は92年コンセンサスは認めているが、
一国二制度については強硬に反対している。
中国に対し、「台湾で一国二制度を実現したいなら私の屍を越えていけ」と
雲林の造勢で叫んだが、英語だったので支持者がすぐに理解できなかったのが、
この人らしくてツボでした。Over my dead body!

もう一つ、切り替えの速さといえば、選挙戦終盤には独立派に配慮して
「中国」というワーディングをよく使っていたが、当確が判明したら「北京」に
戻すという、何とも優等生的な蔡英文さん。さすがですね。

「和平、対等、民主、対話」
20200111総統選10

「この8文字が両岸関係においては重要だ」
はて、民進党がどうやって対話を実現するのだろうか。
20200111総統選11

そして極めつけはこれだ。
「台湾で最も美しい風景、それは人々(あなた方)です」
20200111総統選09

これはよく聞くフレーズなのですが、何というか、中華圏の方々特有の
自己評価の高さが伝わって来て、聞く度に背中がムズムズするのです。
百歩譲って、相当な貧困国などであればまだ分かるのですが、
台湾で最も美しい風景は日月潭の朝焼けだと思う。もしくは鼎泰豊の小籠包。

ちなみに、その「最も美しい風景」だとされる方々が
韓國瑜市長罷免デモのために作った小道具まとめ3選。

踏みつけるための等身大パネル(写真は一応別人)。
20191221ETtoday1.jpg
#2019/12/21 ETtodayより(以下3枚)

魚を模した物体に韓國瑜に似せた顔を付け、
胴体部分に槍を突き刺したもの。
20191221ETtoday2.jpg

韓國瑜に似せた人形の舌にカギを刺して引きずっている様子。
20191221ETtoday3.jpg

美しい人々はやることも美しいですねえ。もはや田舎のいじめレベル。
これが蔡英文の言う「台湾価値(台湾の誇る価値観)」なのか、と
韓國瑜の発言人が憤っていたのが印象に残っています。

さて、今日は各局、選挙結果の分析を流していました。

「蔡英文は自らの能力ではなく5人の助けによって再選された」とな。
20200111総統選12
#2020/1/12 TVBSより(以下6枚)

まず、対立候補であった韓國瑜は初選による党内分裂を修復できず、
習近平は台湾に圧力をかけ続け、香港では林鄭月娥が下手を打ち、
トランプによる米中貿易戦で台商が投資を台湾に引き上げ、終いには
呉敦義が自分やバリバリの統一派を比例名簿上位に載せて批判され、名簿練り直しに。

うん、誰のコメントなのか知りませんが、そうですね。

そして、昨夜の記者会見でBBCの記者がこんな質問を。
台湾メディアは蔡英文を恐れているので(中天除く笑)、
やっぱり大手の海外メディアって存在感ありますね。

「多くの人が、あなたの支持率が上がったのは中国のおかげだと言っている」
20200111総統選16

「中国は台湾海峡に空母を派遣したり」
20200111総統選17

「また、香港情勢のこともある」
20200111総統選18

「今回の再選について、習近平に感謝していますか?」
20200111総統選19

蔡英文は言葉を濁し、回答を避けました。目が素だわ。
20200111総統選20

台湾メディアよりも日本メディアよりも、
蔡英文は明らかに欧米のメディアがお気に入り。
それなのにBBCからこんな質問が飛び、再選に水を差すとはびっくりです。
(そして勿論、翌日のニュースで大きく取り上げられる)

さて、何はともあれ二期目を迎える蔡英文ですが、
個人的には以下に注目しています。

・上から目線の、人を馬鹿にした態度は改善されるのか
・副総統となる頼清徳と再び仲違いするのはいつなのか
・民進党から一定の比例票を奪った台湾民衆党と柯文哲を
 どんな手を使って潰すのか

後は、国民党のリバイバルプランが気になります。
これだけゴタゴタした挙句、選挙にも負けると厳しいですね。

暇そうなゴーンに頼む?
最初にリストラされるのは誰かしら。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | コメント(0) | page top

← 立法委員選、台北三区だけでも中選挙区制になりませんか誰の役にも立たない、台湾立法委員選の注目選挙区5ヶ所 →

<<立法委員選、台北三区だけでも中選挙区制になりませんか | ホーム | 誰の役にも立たない、台湾立法委員選の注目選挙区5ヶ所>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |