Bravo!オペラ座の怪人
2014 / 09 / 30 ( Tue )

9月11日~9月28日まで台北小巨蛋で上演されていた、
アンドリュー・ロイド・ウェバー版ミュージカル「オペラ座の怪人」。
日本では英語版(ロンドン版?)は見られないそうなので、
いそいそと出掛けて来ました。
OG1.jpg

本日のキャストはこちら。
OG2.jpg

休憩中~。
OG3.jpg

いやいや、Bravoでした。素晴らしかったです。
ファントムを演じたブラッド・リトルさんの歌声が本当に美しくて、
あまりの切なさに、最後のシーンでは思わず泣きそうに。
隣で「”パリ横恋慕物語”ってタイトルで良いじゃないか」と言った夫よ、
反省して下さい。

ちなみに、2004年の映画もアンドリュー・ロイド・ウェバー版がベースなので、
脚本はほぼ同一です。
 #一部セリフが台湾向けにアレンジされていて、会場が沸いていました
映画はうっかり寝そうになりましたが、舞台で見るとやっぱり迫力がありますね。
(シャンデリアが落下するシーンだけは、どうしても舞台の限界を感じましたが。)

さて、一つだけ残念だったのは、台北小巨蛋の音響の悪さ。
会場が広すぎるのか、スピーカーの質が悪いのか、その両方なのか、
とにかく音響がいまひとつでした。
いつか他の会場でも観てみたいな~。 >夫へ

そして、少し喉が渇いたので、近くにあった
Gordon Biersch Brewery でビールを一杯。
よく冷えたクラフトビール、たまりません。
OG4.jpg

おすすめメニューのガーリック・フレンチフライが美味しかった。
ものすごく”生ニンニク”フレーバーです。
OG5.jpg

ビールを飲みながら、「広末だったらラウルよりファントムを選ぶよね~、絶対」と
貧相な感想を語り合いました。

たまには文化的な休日を過ごすのも良いですね。
アジアツアー、次回は12月21日からの香港公演だそうです。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | page top

← 不誠実な日本を代表する、ドラえもん【ラーメン】太陽のトマト麺で天津飯発見 →

| ホーム |