FC2ブログ
愛しの台湾グルメ、スパイシーすぎる百家班の胡椒蝦
2020 / 07 / 22 ( Wed )

本帰国が決まったら久し振りに行きたくなったお店シリーズ2、百家班
他にも同じような海老料理のお店は何店かありますが、こちらの胡椒蝦が大好きです。
わいわいとアテンドで来ることが多かったのですが、久し振りに夫と二人で林森店へ。

冷え冷えのビールで乾杯~。
2020317百家班2

清炒空芯菜(空芯菜炒め)。
台北なら恐らくどこにでもある一品ですが、こちらの空芯菜炒めは
ニンニクと塩の加減がちょうど良くて美味しいです。
2020317百家班3

はい、こちらの主役である海老料理。
まずは鹽烤蝦(海老の塩焼き)を。
2020317百家班4

いつも安定の焼き加減。
ワイルドに手で殻を剥いて(ビニール手袋持参)、プリプリの海老を頂きます~。
2020317百家班5

ビールを追加でお願いしたら、泡がもりもり。
2020317百家班6

「泡が多すぎるのであと”半杯分”を後でサービスします」とのこと。
きっちり1/2杯分、後で注いで来てくれました笑

続きまして、看板メニューの胡椒蝦(海老の壺焼き・胡椒味)。
2020317百家班8

「胡椒蝦」という名前からは想像がつかないスパイシーさ!辛くて美味しい~。
2020317百家班7

初めてこのお料理を頂いたのは確か2007年の寧夏夜市。
なんてクレイジーな調理方法なのだと驚いたのも良い思い出です。
(胡椒を山のように入れた壺に活きた海老を投入→強火にかける)

そして、海老って結局ミソと卵が美味しいですよね。
2020317百家班9

ん~、やっぱり胡椒蝦って独特だわ。ごちそう様でした。

ちなみに、こちらで使用しているのは「泰國蝦」。
わたくし、6年間勘違いしていたのですが、
これってタイから輸入した海老ではなくて泰國蝦(オニテナガエビ)という種類なのだとか。
百家班では屏東で養殖した泰國蝦を毎日台北まで運んでいるのだそうです。
輸入コストがすごそう、とか無駄な心配をしていて失礼しました。

小籠包や麻辣火鍋は日本でも頂けますが、胡椒蝦は見かけたことがありません。
また台湾に行けるようになったらこちらで海老&ビール三昧したいものです。

◆百家班 林森店
住所:台北市中山北路一段105巷22號(林森北路100號、六條通巷口)
電話番号:02-2562-5989
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:30(無休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top

← 本帰国前に一人故宮再び、白菜代わりの熊に戸惑う金春發牛肉店、クセになるインチキカレー炒飯 →

<<本帰国前に一人故宮再び、白菜代わりの熊に戸惑う | ホーム | 金春發牛肉店、クセになるインチキカレー炒飯>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |