FC2ブログ
台湾でびっくりしたこと(他愛もない話)
2020 / 09 / 26 ( Sat )

本当に他愛もない話ですみませんが、台湾生活でちょっと驚いたことを
まとめてみてもよろしいでしょうか。

台湾暮らしは2回目ですので、臭豆腐が臭いとか
毎日シャンプーする人が少ないとかトイレットペーパー云々は省略します。

1. 宴会においてサーブされる飲み物の多さ

とある新年会にて。
左から、ビール、お茶(前)、紹興酒(後)、お水、ウイスキー。そして手前はスープ。
20200129李登輝事務所新年会1

素晴らしきかな、水分大国。
なお、中華料理が供される宴会でのスタンダードな飲み物は甘口赤ワインとウイスキーです。
(ご想像通り、お料理と全く合いません)

2. 本物の危険が潜む工事現場

日本でも「危険」という看板を見かけたりしますが、台湾ではレベルが違いますよ。

まず、デフォルトでクレーンの下をほぼ通行できる。
(一応ポールが置いてありますが誰も気にしない)
20190705工事中

ビルの解体途中なのでしょうが、力で無理やりちぎりました風な鉄筋がむき出しに。
しばらくこのまま野ざらしだったので、いつか何かが落ちて来ないかとヒヤヒヤしました。
ちなみに真下は南京東路。
20190503工事中で放置

3. 中華圏はマネーがパワーだ

信義で見かけたモエの自販機。
ググってみたらニューヨークやロンドンにもあるそうです。
20190708モエ自販機1

あ~、なんか喉乾いたかも~とか言って買ってみたら良い経験になったかも。
ちなみに、200mlで620元(約2,200円)なり。
20190708モエ自販機2

お金が物を言うのは病院でも。

こちらはご存知、台安医院の影像医学科(レントゲンやCTなどを撮影する部門)。
優先順位が「急患」→「特診」→「高齢者」。
20190416台安医院

特診(PCC)というのはお金を多く支払えば優先的に診療が受けられるという部門で、
台湾の富裕層の他、在台外国人も多く利用しています(海外保険のキャッシュレス対応有り)。
風邪をひいて内科に掛かるとだいたい5,000元(約18,000円)くらいでしょうか。
20190701台安医院

という訳で、台湾(というか台安医院ですかね)では
”急患→富裕層or海外保険保有者→高齢者→一般”という世知辛い順番で
レントゲンが撮れますよ。

4. スターフルーツジュースのお味が説明不可能

西門にある成都楊桃冰。1966年創業、台湾人に愛される老舗です。
20200215成都楊桃冰1

楊桃湯(塩漬けスターフルーツのジュース)。
恐らく私は苦手だろうと今まで手を出さなかったのですが、
本帰国が決まり思い余ってトライ。
20200215成都楊桃冰3

とっても久し振りに言葉で表現できないお味に出会う。
正に未知との遭遇でございました(しかし嫌いではなかった)。

5. Googleマップでの飲食店レビューの辛辣さ

台湾ではGoogleマップの口コミをとても信頼している人が多い気がします。
そもそも食への情熱がものすごいからなのか、度々なかなか酷なレビューを見かけることも。
台湾で普段出会うのは親切な方が多いので、そのギャップに毎回驚かされます。

こちらは私も時々利用していた日系の親子丼のお店。
玉子ぷるぷる、お出汁もしっかり効いていて私は好きだったのですが。。。
20180915鶏三和4

「大戸屋の親子丼の完勝」
→貴重なご意見ありがとうございました的なメッセージを返す運営も偉い
Screenshot_20200921-21183722.jpg

「セブンより不味い」
Screenshot_20200921-2142312.jpg

「コスパほぼゼロ」「大戸屋の方がよっぽど良い」
「行こうと思っている人は本当に考え直して下さい」
Screenshot_20200921-2122002.jpg

「ただ二文字、”傷心”」
Screenshot_20200921-2131512.jpg

終いには親子丼で心が傷付く人まで出てしまいましたが、
大戸屋の登場回数の多さが気になるところ。
それにしても台湾では「コスパ」が気にされ過ぎだと思う。
お安くて本当に美味しいものなんてそうそう無いでしょうに。
ちなみに、中国語でコスパは「CP値」、顔の良さは「顔値」ですよ。

6. スシローの美味しさ

日本では行ったことのなかったスシロー。
ネタによっては普通のお寿司屋さんくらい美味しいものもありません?
20181206スシロー03

20190923スシロー6

携帯容器に入れるのが面倒になり、最終的には寿司醤油を瓶ごと持参するように。
20191126寿司醤油でスシロー

7. 泡盛の美味しさ(泡波)

もはや台湾と関係なくなって来ましたが、友人が波照間島で買って来てくれた
こちらの泡盛がとってもまろやかで美味しくて、今まで避けて生きてきたことを軽く後悔。
20191024ジーマミー豆腐4

ジーマミー豆腐は以前から大好きです。
台湾でも花生豆腐(ピーナッツ豆腐)をどこかで食べた記憶がありますが、
とてもあっさりしていて別物でした。
20191024ジーマミー豆腐1

8. メイドインジャパンの親切さ(特にパッケージ)

ある時、福砂屋さんのカステラを頂いたのですが、
20191127福砂屋1

分かり切ったことを丁寧に表示してくれる親切さがすごい。
20191127福砂屋2

フォークの組み立て方なんて2ヵ所に記載されていて見逃しようがない。
(というか、これ以外の組み立て方が思い付かない)
20191127福砂屋3

海外に住まなければ特に何とも思わなかったのでしょうが、
日本の商品ってやっぱり親切ですよね(それもコストに反映されているのでしょうが)。
20191127福砂屋4

9. 韓国企業のワイルドさ

もう完全に台湾と関係ありませんが、台北駅北側の問屋街で見かけた韓国製フェイスマスク。

こ、これは。。。
20180920金正恩パック1

製造販売した企業の社長が北のスパイに命を狙われたりしないのだろうか。
20180920金正恩パック2

売れそうなら作ってしまえ、というその心意気に乾杯。
ちなみに、大ウケした夫が韓国語のできる知り合いに画像を送ったら、
まるっと翻訳してくれました。内容まで面白かったです。

以上、思い付くままに綴ってみましたがやっぱり他愛のない話で失礼しました。
こうして振り返ってみると、大したカルチャーショックもなく平穏な台湾生活ですね。

一番驚いたのは、火鍋屋さんで出されたつけダレにたっぷり入っていたのが、
大根おろしだと思ったらおろしニンニクだったことかも知れません。
ニンニクの使用量が半端ないですよね、台湾って。


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】気になったこと | コメント(0) | page top

← 本帰国前日、101を眺めながらカクテル下午茶リンゴが剥けない方必見、台湾生活6年間で料理の腕は上達するのか →

<<本帰国前日、101を眺めながらカクテル下午茶 | ホーム | リンゴが剥けない方必見、台湾生活6年間で料理の腕は上達するのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |