【お粥】胃が疲れたら小品雅厨へ
2014 / 11 / 19 ( Wed )

近所のお粥屋さん、小品雅厨。
飲み過ぎた翌日や風邪気味の日に利用しています。
(そんな利用の仕方でごめんなさい。)

妙に”お家”的な外観。ペンギン村にありそうです。
栗頭先生には是非とも入り口で引っかかってほしい。
小品雅厨1

お粥屋さんですが、こぎれいな店内。
小品雅厨2

お店に入ると、カウンターにずらっと美味しそうなお料理が並んでいるので、
好きなものをいくつか選んでお店のおばちゃまに伝えます。
最後に、お粥or白いご飯を選択して、着席~。

本日のお粥&ご飯がススム君。
こちらのお粥はサツマイモ入りではなく、清粥です。
そして、お粥屋さんに来てまで仕事をしている夫。場違いだな~(笑)
 #おしゃれカフェではないので、WIFIはありません。多分。
小品雅厨3

どのお料理も味付けが良く、美味しいのですが、
必ず選ぶのは手前の2品。
左は宮保鶏丁(鶏の唐辛子炒め)、右は炒酸豆角。
小品雅厨4

酸豆角はインゲンを塩漬けにして発酵させたもので、
これを豚ひき肉や唐辛子と一緒に炒めてあります。
酸っぱ辛くて美味しい~。

私はこれが好き過ぎて、デフォルトでお粥に混ぜてから
他のお料理と一緒に頂いています。
お行儀が悪くて、すみません。

気が付くと、お粥をいつも大量にお代わりしている。。。
(一応書いておきますが、お椀は小振りです。)
小品雅厨5

胃が疲れている時はお粥だよね、という趣旨で伺うのですが、
おかずが美味しくてついつい食べ過ぎてしまうという、
何ともトリッキーなお店です。

◆小品雅厨
住所:台北市中原街130號
電話番号:02-2592-9924
営業時間:18:00~翌5:00(無休)


関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | page top

← 幸せを噛みしめる夫【和食】中トロと九州のウニに身震い(子元) →

| ホーム |