迪化街のリノベ中国茶カフェ、南街得意
2017 / 06 / 15 ( Thu )

迪化街でお買い物、楽しいですよね。
20170514迪化街1

10年前は完全に乾物や中薬だらけの問屋街だったのに、
ここ数年で素敵なカフェやショップが増えて、
新旧混在する面白い街になりました。
2015食い倒れツアー06(迪化街)

アテンドで行くことも多いのですが、
ちょっと休憩しようかなと思うとたいていこちらへ。
20150826迪化街はしご06

迪化街リノベの先駆け・世代グループの手掛けた、民藝埕(ArtYard)。
歴史的建造物にも指定されている築100年弱の建物を上手に利用し、
中には食器や茶器のショップやカフェなどが入っています。

そして、こちらの2階にあるのが南街得意。
20150830食い倒れツアー09(南街得意)

台湾のお茶などを楽しめる、レトロなカフェです。
2015食い倒れツアー11(南街得意)

どのお席もそれぞれ雰囲気があって、
20150826迪化街はしご08

のんびり語らいながらお茶を頂ける空間です。
20150826迪化街はしご10

何やら歴史のありそうなミシンや電話も。
20150830食い倒れツアー15(南街得意)

メニューは”お茶+お茶請け”の1種類のみ。
どのお茶を選んでも280元(約1,020円)なり。
20150830食い倒れツアー18(南街得意)

smith & hsuのように、茶葉のサンプルを持って来てくれますので、
好みの香りのものを選びます。
台湾のお茶が中心で、他には日本茶やインドの紅茶なども。
20150830食い倒れツアー17(南街得意)

なお、こちらのお店は各自が好みのお茶をオーダーする方式です。
工夫茶ではなく、一人分ずつお急須で出てきますので、
茶芸館というよりは中国茶カフェですね。

こちらは確か、東方美人。
20150830食い倒れツアー19(南街得意)

こちらは蜜香紅茶だったかな?
20170514迪化街2

何ともかわいらしいお茶請け。
台湾らしく、緑豆糕やドライフルーツ、ナッツなどです。
(ちなみに、こちらは4人分)
20170514迪化街3

継ぎ足し用のお湯もポットで持って来てくれますので、
安心してくだらない話に没頭できます。
そして、気が付くといつも夕方というオチ。。。
2015食い倒れツアー20(南街得意)

これ以上なくのんびりできますので、
お時間に余裕のある時に行くのがオススメです。
あ、たまには本でも持って一人で行ってみようかしら。

また、近くには魚丸湯の名店や、
20150826迪化街はしご01

美味しい杏仁雪花冰(夏樹甜品@台北市大同區迪化街一段240號)
などもありますので、寄り道するのもまた楽しいです。
20150826迪化街はしご02

まだまだ進化しそうな迪化街。
なお、南街得意は恋愛の神様・月下老人で有名な霞海城隍廟の
すぐ隣にありますので、祈り過ぎて疲れたら休憩にどうぞ。

◆南街得意
住所:台北市迪化街一段67號(民藝埕)2F
電話番号:02-2552-1367
営業時間:11:00~19:00(無休)
 #残念ながら12歳以下のお子様は利用できません



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
夏はやっぱりうなぎ、浜松やでうな重を
2017 / 06 / 12 ( Mon )

海外にいてもたまに食べたくなる、うなぎ。
台湾では主に中南部で養殖されており、日本にも輸出されています。

台北では日本人サラリーマンのオアシス・林森北路界隈に
人気のうなぎ屋さんが数軒ありまして、この日は浜松やさんへ~。
(他には、肥前屋や京都屋など)

カウンター席と半個室風のお席があります。
20170612浜松や1

一番搾りの生で乾杯~。
ほうれん草のおひたしも美味しいです。
20170612浜松や3

イカのお刺身と、
20170612浜松や4

玉子焼きに、
20170612浜松や5

カキフライをちょっとつまみ、
20170612浜松や6

本日のメイン、うな重のご登場~。
いかにも美味しそうな焼き目と香ばしいタレの香りに、食欲をそそられます。
20170612浜松や7

もう少しタレがこってりしている方が好みですが、
脂がのっていて美味しいうなぎです。元気になりそう!

ちなみに、「水槽の特選うなぎ」のうな重は1,000元(約3,700円)、
普通のうな重は920元(約3,400円)。
これは特選にしちゃうよね、という絶妙なプライシングです。

うな重には、こちらの小鉢と、
20170612浜松や8

五臓六腑に染み渡る肝吸い付き。
20170612浜松や9

こちらはひつまぶし、正確には鰻まぶしと言うそうな。
20170612浜松や9-2

静岡風の食べ方らしいのですが、4等分して
デフォルト→薬味アドオン→お茶漬け→温泉卵のせ、
といった流れで頂くそうです。
最後が名古屋とちょっと違うのですね。へえ~。

これからますます暑くなるので、夏バテする頃にまた伺おうと思います。
うなぎとマンゴーかき氷で乗り切る、5回目の台湾の夏。
これも生活の知恵?

◆浜松や
住所:台北市林森北路119巷22號
電話番号:02-2567-5705
営業時間:11:30~14:00、17:50~22:30(土日は22:00まで)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
玉荷包ライチが美味!個人的には台湾のベストシーズンは6月
2017 / 06 / 10 ( Sat )

台湾に旅行するならどの季節が良い?と聞かれると、
いつも「6月」と答えます。

だって、玉荷包(ライチ)と愛文マンゴーを両方楽しめるのは6月だけ。
暑くて麻辣鍋食べられないじゃない、という懸念もあるでしょうが、
多くのレストランは寒いくらいエアコンが効いていますので没問題。
タクシー代も日本に比べると激安ですので、移動も苦になりません。
 #フルーツにご興味ない方、ごめんなさい

さて、今年もそんな6月がやって来ました。

意気揚々とフルーツ屋さんへ向かってみると、
P_20170606_194523.jpg

ありました~、玉荷包。ライチの最高級品種です。
と言っても、1斤(600g)で99元(約360円)。
P_20170606_194326.jpg

出始めなので小振りですが、愛文マンゴーも。
お値段は同じく、1斤(600g)で99元(約360円)なり。
P_20170606_194311.jpg

マンゴーは他にも色々な種類があります。
こちらはとっても甘いけれど食べにくい、土マンゴー。
P_20170606_194426.jpg

玉文マンゴーに、
P_20170606_194403.jpg

金煌マンゴー。
P_20170606_194413.jpg

紅龍マンゴーという品種は初めて見ました。
今度買ってみようっと。
P_20170606_194340.jpg

という訳で、この日は玉荷包と愛文マンゴーを購入~。

たいてい、玉荷包はこのように枝付きで売られています。
20170606フルーツ1

緑ですが既に食べ頃。
20170606フルーツ3

他の品種のライチ(糯米や黒葉)よりも実が大きくて種が小さく、
ジューシーで甘みが強いのが特徴です(要するに美味しい)。
20170606フルーツ5

こちらは愛文マンゴー。
まだ小振りですが、濃厚な甘い香りがたまりません。
20170606フルーツ2

今年もペコ田さん用をご用意させて頂きました(手前の小皿)。
20170606フルーツ7

この季節は良いですね。
朝食に美味しいフルーツをたっぷり食べられて幸せです。

幸せと言えば、今年も冰讃のマンゴー雪花冰が始まりました。

久し振りに、三五餃子でサクッと水餃子を頂いてから、
P_20170527_165817.jpg

テケテケ歩いて、冰讃へ~。
P_20170527_174144.jpg

昨年秋以来のマンゴー雪花冰!プリンも健在です。
P_20170527_172357.jpg

まだ6月なのでマンゴーの甘さはそれなりですが、
やっぱり今年も美味しいマンゴー雪花冰(練乳大好き)。
ちなみに、昨年に続き値上げされていまして、
今年は150元(約550円)なり。で、プリンをのせたら160元。

でも、美味しいから今年も通ってしまうと思います。
結局、こちらのマンゴー雪花冰がシンプルで一番好きなんですよね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>