板橋へ蟹みそ粥遠足(六必居潮州沙鍋粥)
2017 / 10 / 27 ( Fri )

台湾にも”板橋”という地名があります。

台北駅からは板南線で西へ10分程度。
台湾で人口最多の都市・新北市の市政府があるエリアです。
P_20170911_123527.jpg

普段はあまり来ないエリアなのですが、友人曰く
こちらに美味しいお粥屋さんがあるのだとか。
という訳で、早速お粥遠足です。

こちらがお目当てのお店、潮州六必居沙鍋粥。
新北市政府の目の前にあります。
20170911六必居1

メニューは名物のお粥+熱炒といった構成なり。

客家小炒。
20170911六必居6

地瓜葉の炒めもの(ブレてますが)。
20170911六必居5

はい、そしてこちらが噂の招牌蟹膏粥(蟹みそ入りお粥)です。
20170911六必居3

私の写真ではあまり美味しさが伝わらないので、
お店のサイトからお借りしました↓
蟹膏粥-ok

お粥には、蟹みそや卵、海老、
そして追加してもらった鮑がたっぷり。
20170911六必居4

見るからに美味しそうですが、口に運ぶと想像以上です。
蟹みその濃厚な味わいと海鮮の旨味が相まって、たまらなく美味。

香菜もよく合います。
20170911六必居7

大満足なこちらの蟹みそ粥。
4人分1,050元(約3,950円)、鮑の追加は250元(約950円)です。
ちなみに4人分と言っても、この日は3人でお腹いっぱい頂いても
食べきれず、お持ち帰りするような量でした。

恐らく、美味しさの秘密は生の蟹や海老。
お店の外に水槽がたくさんありました。
20170911六必居2

さて、想像を上回る美味しさのお粥を堪能した後は、
おかっぱ先生こと鄭惠中さんのアトリエへ。
お粥屋さんからはタクシーで10分弱です。
P_20170911_154213.jpg

この日も色々と巻き付けて下さいまして、
どうもありがとうございました。ピーターパンになれそう。
P_20170911_143611.jpg

そして、試着しすぎてやや疲れたので、
帰りに西門の杏記で杏仁豆腐かき氷~。これ、大好き。
20170911六必居9-2

それにしても美味しかった、蟹みそ粥。
これは板橋まで食べに行く価値がありますね。

ごちそう様でした。

◆六必居潮州沙鍋粥(中山路總店)
住所:新北市板橋區中山路一段160-3號
電話番号:02-2952-8827
営業時間:11:30~14:00、17:20~23:00(月~木)
       11:30~14:00、17:20~翌0:30(金)
       11:30~14:00、16:50~翌0:30(土日)


 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
今年も山の中で上海蟹
2017 / 10 / 24 ( Tue )

はい、秋です。
お待ちかねの蟹の季節です。

ということで、上海蟹を求めて今年も山の中へ~。
20171014上海蟹養殖場01

今回も生簀?から自分で蟹をつかまえます。
活きが良すぎて四苦八苦。
20171014上海蟹養殖場03

例年、夫と2人で6杯頂いていましたが、
今年は友人ご家族とご一緒したので5人で13杯にしてみました。
つかまえた蟹はこちらのケースにポンポン投入(ありがたみゼロ)。
20171014上海蟹養殖場08

ちなみに、お値段は通常オス13杯で6,500元(約24,000円)。
が、この日はまだ小さ目サイズの蟹もいたので
養殖場のおじちゃまがカリカリ計算し、5,200元(約19,000円)に。

キャッチした蟹をおじちゃまに渡し、い草で結んでもらいます。
20171014上海蟹養殖場10

はい、完成~。
20171014上海蟹養殖場11

いつもは養殖場脇のこちらのスペースで頂くのですが、
20171014上海蟹養殖場15

この日は暴風雨でしたので、すぐ隣にあるレストランへ
案内してくれました
20171014上海蟹養殖場16

が、うっかりテラス席をチョイス。
20171014上海蟹養殖場17

ちょこっとお料理をつまみつつ、ビールを飲んでいると。。。
20171014上海蟹養殖場18

美味しそうに蒸し上がった蟹が到着~。
蒸籠を開けると蟹の良い香りがふわっと広がります。
20171014上海蟹養殖場19

今年も二杯酢を持参。
ワクワクしながら早速蟹を解体します。
20171014上海蟹養殖場24

小振りながら蟹みそたっぷり~。
20171014上海蟹養殖場25

さすがに蒸し加減もちょうど良く、トロトロ濃厚な蟹みそが最高です。
20171014上海蟹養殖場26

そして白子。何といっても白子。
ねっとりした舌触りがたまりません。ん~、美味しすぎる。
20171014上海蟹養殖場27

この日は紹興酒を持ち込みましたが、やっぱり蟹に合いますね。

およそ1年振りの上海蟹に夢中になっていたら、
食べ終わる頃にはすっかり日が暮れていました。
ザ・宴の後↓
20171014上海蟹養殖場29

そして、帰り道やっぱり温かいものが食べたくなってしまい、
大好きな赤緑さんへ。

初めて頂く”いくら土鍋ごはん”。
お魚とお野菜を混ぜたご飯を土鍋で炊き、イクラをたっぷりと。
20171014上海蟹養殖場からの赤緑30

こちらも大変美味でした。
こんなに美味しい日本食が海外で頂けるなんてありがたや。
20171014上海蟹養殖場からの赤緑31

さて、山の中でワイルドに頂く上海蟹。
今年もとっても美味しゅうございました。
やっぱり白子がたまりませんね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】美味しかったもの | コメント(0) | page top
ホワイトウィザードキノコで麻辣養生鍋
2017 / 10 / 07 ( Sat )

台湾に引越して来て、およそ3年4ヶ月。
ヘンテコ日本語表記にもすっかり慣れてきた今日この頃ですが、
たまにグッとくるどづぞに遭遇することが。

日本食材も揃う某高級スーパーにて。
惜しい、惜しいです。
昆布でおめんはちょっとハードル高いですね。
20170910JasonsSuper.jpg

こちらは某ホームセンターにて。
”鋼のぬくもりをそのまま感じられる”とのふれこみの鉄の箸。
ぬくもりどころか火傷に注意。
20170831どづぞ

通りかかる度に気になってしまう、鮮魚カフェ。
四平街にありますので、勇者の皆さんはぜひ。
20170220鮮魚カフェ@四平街

と、日々そこここで目にするどづぞですが、
先日久し振りに衝撃を受けたのが、ケミカル美味しいモンゴル鍋の
小蒙牛さんのオーダー用タブレット。
店員さんが気を利かせて日本語表示に変更してくれたのですが、
おかげでこの後オーダーに難儀することに。

まずはお野菜のページ。
「空心菜」をしれっと「ほうれん草」と訳す、軽いジャブ。
「こんにゃくワイヤー」も気になります。
20170221小蒙牛1

キノコセクションもなかなか。
「統合されたキノコ」って要は盛り合わせなのですが、軍隊みたい。
金針菇はエノキのことですが、今日からは「リリー」ですね。
そして、「ホワイトウィザードキノコ」。ホワイトウィザードキノコ!
20170221小蒙牛2

続きまして、シーフード。
「イカ」と「いか」。
片仮名と平仮名で意味が違うとは、私の日本語もまだまだですね。
「マンボスキン」も何やらきれいに収まっていて、
声に出して読みたくなります(うそ)。
20170221小蒙牛3

練り物などのページ。
「豚の血のケーキ」。字面だけ見るとホラー映画。
 #豬血糕→もち米に豚の血を加えて固めたもの
20170221小蒙牛4

「スパイシーヤン団子」はヤンさんが作っていらっしゃる?
「川崎うどんのよう」ってもはや模倣品宣言か。
「フリッター」とかも荒くて良いですね(正解は油条)。
20170221小蒙牛5

ドリンクページでは、遂にストッキングや砂まで登場。
20170221小蒙牛6

ラテだけスタバ。絶対うそ(笑)。
Googleでもこんな翻訳されないと思うのですが、
なぜこうなってしまったのか真相を知りたいものです。
20170221小蒙牛7

という訳で、モンゴル鍋の前に思いがけずひと笑い。
一度で二度美味しい小蒙牛さん、ごちそう様でした。

小蒙牛HP #チェーン店です
https://www.mongobeef.com.tw/



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑台湾の人気ブログはこちらから(にほんブログ村)
【台湾】衣・住・買・遊・習 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>